FC2ブログ

Turning Mecard買ってみた

韓国で大人気、入荷したら即売り切れという大ブームを巻き起こしているという噂のバトルホビー「Turning Mecard」を買ってみました。
th_IMG_5051.jpg
ブリスターパッケージ。読めない...。こいつの名前はTanatos、タナトスです。

さてこのMecard、どのようなおもちゃかというと...
th_IMG_5053.jpg
このようなミニカーが変形します。ファイヤーパターンがイカす。
th_IMG_5052.jpg
ロボットに一発自動変形。カード3枚付き。それだけ?と思ったそこのあなた、違うんですよ。こちらをご覧下さい。
ツイッターに投稿した動画
車の状態でカードの上を通過すると、カードをめくりながらロボに変形するのです。さて、おもちゃをたしなむ方なら似ているおもちゃをご存知でしょう。そうです、爆丸です。カードの上に乗ると変形するのは似ていますが、Mecardでは更にカードをひっくり返すというプロセスが加わっています。
th_IMG_5055.jpg
カードをめくると数字が書いてあります。そしてMecard本体にはマークが付いています。そのマークと同じ色の数字がポイントになるようです。どうやらこのポイントを使ってバトルをするようです。

さてこのTurningMecardですが、ご存じない方が大多数かと思います。私も韓国語分からないので詳しくは知らないのですが、分かる範囲で紹介します。
韓国のホビーアニメであるTurningMecardのおもちゃがこれです。価格は20000ウォン強くらいらしいです。日本円にすると2000円ちょいくらいでしょうか?間違ってたらすみません。Mecardは自動車のミニカーがカードをひっくり返してロボやメカドラゴンなど様々なキャラクターに変形するもので、Turning+Mecha+Car+CardでTurningMecardのようです。アニメ本編ではミニカーが変形した後バトルフィールドみたいな空間が生成されて、変形したメカは巨大になって戦います。3枚のカードを使って技を発動しているようです。あと負けるとMecardが勝った方のものになるというアンティルールみたいです。良い子は真似しないでね。Mecardは意思があって喋ります。...やっぱり言葉が分からなくて内容がよく分からないと説明が難しいですね。
これ見てみて(丸投げ)。

アニメ第1話。多分公式。何年か前の土曜日の午前中な雰囲気が漂っています。言葉は分かりませんが、多分王道ホビーアニメなストーリーな感じです。良い感じです。EDのホビーアニメED感もいい味出してます。

ルールが書いてある紙も同封されているので、韓国語が読めれば遊べます。ルールの裏側はバトルフィールドになってます。

因みに今回買ったタナトスはアニメでは敵側として登場します。そして主人公側のメインキャラであるエヴァン(青いロボット)の弟という設定らしいです。

この他にもフェニックスやゴーレム、キョンシー、サメ、ワニ、ドラゴン、ドラキュラ、サソリ、ハチなど、実にバリエーション豊かなキャラクター達が車から変形します。欲しい。

何とAmazonで買えます。定価の倍から数倍するけど...。
AmazonでTurningMecardを検索


というわけで未知が満ちてる韓国のおもちゃ「TurningMecard」でした。
日本でもやってくれないかなぁ...。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノミジッド

Author:ノミジッド
デジモンファンをやっています。
ボンボン派。

カテゴリ
Twitter
最新記事
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR