FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジアドtri.第2章観てきた

まず始めに、前半は映画の内容には触れず、後半はネタバレ有りの感想を軽くしますのでご了承下さい。

第1章では用事があって公開初日に行けませんでしたが、今回は初日に観に行けて良かったです。

さて、まずは映画の内容に触れない事に関しての記事です。

今回のリュック。
th_IMG_4728.jpg
増えたテントモン+同人グッズのメイクーモン(映画に合わせてメイクーも織り交ぜるファンの鑑)。ただ鞄にこういうの付けて外歩くの正直恥ずかしくて、リュック手にさげてあまり目立たないようにして歩いてしまいました。

新宿で一緒に観る皆さんと合流です。誘ってくれたげるもんさん有難う。そこからバルト9に向かって映画を観にいくわけですが、ポップコーン折角だし欲しいな。と思ってたらポップコーン並んでるわ時間が危ないわでそわそわしながら並んでました。で、買ったのがこちら。
th_IMG_4729.jpg
紙製の箱にキャラクターが印刷されてるだけで1300円のポップコーンセット買っちゃうからちょろい。飲み物は2章のキービジュアルに合わせて緑色のメロンソーダにしたよ!
th_IMG_4731.jpg
後ろはモンスター組。ミニクリアファイルも貰えます。ポップコーンの袋が紙じゃなくてビニールだったからきれいに洗えば一応とっておけるかな?この紙製の受け皿はお部屋に置いて小物入れたりなんなりに使えそうですね。

ポップコーン買ってたら時間過ぎてしまいましたが、劇場に入ったらまだ宣伝タイムでした。カメラ男も見れたし、間に合いました。

映画始まったらポップコーン食べる音を立てないように気にしちゃって終わっても食べきれなかった。
映画終わって右側を見たら我々一行のすぐ隣にきんぞくさんがいてびっくり。世界は狭いな。

その後7階のデジモン特設スペースへ。
th_IMG_4734.jpg
以前テントモンが無くて買ってなかったスケッチブックとミニタオルと巾着。デジモンが印刷されてるだけで買っちゃうからちょろい。そういえばバルト9の物販はすごい並んでたらしいけど、3週目までやってるのかなぁ。やってるんだったら後で様子観に行きたいけど。

その後安定のサイゼリアへ。
今回のメンバー紹介。
th_IMG_4727.jpg
どれが誰だか分かるかな?それにしてもろっくうらさんのアメリカのX3欲し過ぎるだろ...。
先行上映の後に直帰しちゃって全然話せなかったから、内容に関して話が出来て良かったです。私自身はあまり考察とかしないんで他の人の考察とか聞けて面白かったです。

ここでげるさんに買ってきてもらったパンフを受け取り。
th_IMG_4733.jpg
今回のパンフは結構見応えあって良いですよ。ついでに入場特典のクリアのしおり。アグモン&太一でした。因みに5人で行ってアグ2パル3でした。それにしてもこの縦長のドットアレンジのデジモン達は魅力が無いなぁ(個人の感想です)。

アグモンポーチも持っていきました。
th_IMG_4735.jpg
中身はおもちゃが詰まっていますが、モンスーノを持ち運ぶろっくうらさんもいるしオッケーでしょ。ろっくうらさんはビーサガとバチ魂持ってたし。

楽しい時間はあっという間に過ぎたので解散です。今日一緒に映画観に行った皆さん、有難うございました。

さてここから先は映画の内容に触れます。ネタバレが嫌な人はここで読むのをおやめください。

























映画の内容ですが、まぁ良かったと思います。早く続きが見たい程度に楽しみに感じるし、先行上映を観てまた公開時に観たいと思う程には良かったと思います。作画のレベルがどうこうという話もよく耳にしますが、私はそもそもこの作品の画風が好みではないのであまり気になりませんでした。デジモン同士のバトルシーンも一瞬一瞬を切り取ると格好良いシーンが多々あり、良かったと思います。動きも全くぬるぬる動くわけではありませんが、アニメ的な迫力やケレン味はそれなりにあるんじゃないかと思います。最高!とは思いませんがこれはこれで良いんじゃないかな。
メイクーモンは1章で感じてた数倍も可愛いキャラになってて、割と気に入りました。他のデジモンをせんぱいって呼ぶメイクーモン可愛い。インペは格好良かったし、ファイターモードのギガデスなんか何回も観たい感じの格好良さじゃないかな。
終わり方も次が気になる終わり方で、続き物としては良い終わり方だと思います。
最後のキービジュアルではヘラクルの姿が確認出来たので、次回も楽しみです。

さて、これは好みの問題かもしれませんが、ストーリーというか内容と言うかがあまり良いと思えませんでした。結構みんなストーリーは良かったって言うから言い出せなかったけど。まず温泉パートや文化祭パートがなんか深夜アニメのノリ(あくまで私がイメージする深夜アニメ)みたいな感じで好感が持てませんでした。変にどこかに媚びたようなシーンや、狙ってるようなギャグシーンは冷めます。現在のデジモンのメインターゲット層を考えると当然と言えば当然なのですが、私はあくまでアニメに関してはキッズ向けの雰囲気が好きなのかもしれません。
他にも、今回はミミと丈にスポットを当てた物語になっていますが、二人の覚醒がいまいち素直に受け入れられないんですよね。ミミみたいな協調性の無いやつは日本には合わないけど、それを結局解決出来てない気がするんですよ。結局やりたい事をやっただけで自己中は自己中のままだし。丈に関してもいまいち気持ちの整理がついたきっかけがどこだったのかよく分からないし、結局二人とも問題が解決していないような気がしたんですよね。
あとヴァイクモンの進化シーンはもっとメリハリのあるバンクにして欲しかった。それとトゲモンの進化バンク2回も流さなくていいから。ていうかパル、ゴマ、メイクー以外ほぼ活躍してなくて残念だった。尺的に難しいのかもしれないけど。
最後EDがイラスト1枚だけってお前。しかも4人だけって何考えてそうしたの?

他にも色々細かい感想は尽きませんが、とりあえず主な感想はこんな感じでしょうか。
なんか否定的な部分が多くなってしまいましたが、別に映画が悪かったわけではないのであしからず。次も公開日に観に行くよ。楽しみにしてます。だからげるさん、また誘ってね!(チラッ)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノミジッド

Author:ノミジッド
デジモンファンをやっています。
ボンボン派。

カテゴリ
Twitter
最新記事
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。