FC2ブログ

人狼オフ行ってきた

昨日、ケーイチさん主催のデジモンクラスタ人狼オフ会に行ってきました。

御徒町のカラオケボックスにて開催。
CQ7dnqAUAAABooX.jpg
人狼オフってことでワーガルルモン(ワーウルフ=人狼)連れて行った。このオフをワーガルルモンオフという人も何人かいるようですが、私はケルベロモンジンロウモードオフを推します(ジンロウモードの話題は出ませんでした)。

デジモンファンで人狼をやるってことで、最近(というか以前から)デジモンファンはデジモン一本じゃやっていけないことが伺えます。まぁ普段やらない事をやるきっかけになって良いんですけどね。

人狼のルールは各自調べて下さい。私も初めてやったので一応一連の流れは分かったレベルなので。
ざっくり言うと、参加者は「市民」となり、その中に市民を装った「人狼」がいます。村では市民が毎晩一人ずつ人狼に殺されていき、市民は人狼を村から消し去るために疑わしい市民を毎日村から追放します。無事人狼を消す事が出来れば市民の勝利、人狼が市民と同じ人数だけ生き残っていれば人狼の勝利となります。
私もこんな感じの説明を受けたのですが、やっぱり実際にやってみないと分かりにくいですね。

要するに「疑わしきは罪」な状況の中、自身の推理力と説得力、または相手を騙す話術とポーカーフェイスが鍵となる、頭を使うゲームなわけです。普段からトークが得意ではなく、頭も使っていない私にとっては非常に難しいゲームでした。

しかしだからといってつまらなかったわけではないです。周囲の様子に気を配ったり、周囲の話に耳を傾け状況を把握したり、今ある情報から様々な可能性を想定し推理したり、パズルのような感覚もありました。こういう頭を使う事って定期的にやっていきたいものです。

会の内容としては、習熟者がいるわけでもなく、しかし経験者はいて、私のような完全な初心者がいて、しっかりと推理する人、場をかき乱す人、黙りがちな人、顔に出る人など色々なタイプの人がいて、割と程よく楽しくゲームが出来ていたのではないかと思います。人数は9人で、これが少ないのかどうかはまだいまいち分かりませんでしたが、前回の練習会が4人だったと言う話を聞くと人数もそれなりにいて良かったと思います。

ゲームの方はとりあえずルールを把握して、ゲームに参加するので精一杯でしたね。次やる時にはもう少しゲームプレイヤーとして参加する姿勢を見せたいですね。

個人的に一番記憶に残るのは最後のゲームで、私と有頂さんが人狼になりました。私は初めての人狼役だったので内心焦りましたが、有頂さんは私よりもトーク力があるのでとりあえずそちらはそちらに任せて、私はこれまでと同じようにあまり動かずひっそりしていようと思いました。しかし開始早々観察力がすごいぽよさんが「有頂さんが怪しい」と言い出して、その余りに確信めいたものがあるもの言いに場もそんな空気に。もう私のトーク力では覆すのは無理だと諦めてしまいました。追放者の投票の時にいつものように人数が多いところに乗っかったのもマズかったようで、私もばっちり疑われる事に。最初の追放者と人狼の被害者で予言者とボディーガードが消えたもののもはや人狼が有頂さんと私という空気は覆せず、二人とも大人しく追放されて負けてしまいました。人狼になるとこんなに辛いとは思わなかった。

今回は市民、予言者、ボディーガード、人狼と、今回のゲームで使用した役は一通り経験出来たので、次やる時にこの経験を活かせれば、と思います。

というわけで人狼オフでした。またやる時は参加したいですね。

なぜかハッピーセットのコマが2つ揃ったので目が合った矛さんと1戦交えました。
その後は秋葉原チェルモさんで旧デジカ非公式大会があったのですが、デック作ってない上に人狼オフに気を取られてカード忘れたのでチェルモ行かない組についていきました。来月こそは参加するから...。

そうそう、ついでに言っておくと、ツイッターで言ってたデジモンおもちゃオフはやるとしたら12月か2月かなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノミジッド

Author:ノミジッド
デジモンファンをやっています。
ボンボン派。

カテゴリ
Twitter
最新記事
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR