FC2ブログ

セガサターンのプラモデル組んだ

「バンダイ」から発売された「セガサターン」のプラモデル買いました。
当時セガサターンをプレイしていたわけでは無いが、せがた三四郎やセハガール、ニコ動で見てたsegaの人の動画などが好きなのでこのサターンのプラモも買っちゃったわけです。

IMG_3738.jpg
パッケージ。サターンと言ったらこの金色風プリントなのだろうか。スケールは2/5でちょっと微妙なスケール感?

IMG_3739.jpg
ゲームは起動できません。

IMG_3740.jpg
中身を出すとこんな感じ。割と細かく色分けされていて、ディスクとディスク読み取り部分にはクリアパーツ、コードはリード線(と書かれている)が使われ、シールは透明シールとホイルシールを使い分けるなどこだわりを感じる。

IMG_3741.jpg
説明書を読めばセガサターンに詳しくなれるぞ。

IMG_3742.jpg
このキットの変態こだわりポイント。各所にネジのディテールがありますが...。

IMG_3743.jpg
ネジがある場所が組み立てダボの位置になっています。

IMG_4145.jpg
基盤などは単色だと流石に寂しいのでちょこちょこっと筆塗りしました。ぱっと見は見栄えが良くなったでしょう。じっくり見ると塗りムラとはみ出しの嵐で残念な感じなんだけど、まぁ組み立てたら見えなくなるし(じゃあ何で塗ったの?)。

IMG_4146.jpg
あたかも本物のサターンを分解しているようだ。

IMG_4147.jpg
ボタン電池は別パーツ、蓋も外せる。

IMG_4148.jpg
できましたー。元のサターンがプラスチックむき出しなので、表面を塗装しない方がかえってリアル。表面の質感もだいぶ本物に近い感じ。上面のスイッチ周辺など光沢クリアパーツが本体との質感の対比を生み出し、リアル。

IMG_4149.jpg
後ろ側。注意書きのシールもホイルシールがいい味出してる。

IMG_4150.jpg
流石にスプリングは入っていないけど、中央のスイッチを押すと蓋が開く(開くのは最初の少しだけで、あとは手動で開く感じ)。ディスクは取り外し可能で、はめれば回転もできる(手動)。シールは3種類から選択式で、僕はもちろんサクラ大戦を選んだ。

IMG_4151.jpg
本物との比較。実はうちにあるのはジャンクなのでコントローラーは持っていません。並べてみてもほぼ完璧に見えます。少し色が違く見えるけど、本物の方が日焼けしてるだけだと思う。

ということでセガサターンのプラモでした。このシリーズはプレステのプラモも同時発売されてたり、同じシリーズかどうかわからないけどカップヌードルのプラモも超絶変態パーツ分割で再現されたりとなかなか興味深いものです。興味あるものを一つ買ってみるのもいいかもね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノミジッド

Author:ノミジッド
デジモンファンをやっています。
ボンボン派。

カテゴリ
Twitter
最新記事
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR