FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BREAK轟牙で遊んでみた

ベイブレードバーにてこの後はうちでベイバで遊ぼうよって話の時に急に「新しいクラッシュギアみたいなやつちょっと興味あるんだけど」という話が切り出され、みんなでBREAK轟牙で遊ぶことになりました。

IMG_0158.jpg
ビッカメで物資調達。現段階で発売されている商品をほぼ買って来ました(カラバリ除く)。せっかくだから残りのカスタムウェポン1個も買えばよかったって割と後悔。

IMG_0161.jpg
バトルは日本の家庭環境に適さない結構な騒音とともに繰り広げられます。クラッシュギアよりも確実に相手をひっくり返そうという気概を感じられるデザインです。

せっかくいっぱい買って色々対戦させてみたので、これからブレイク轟牙を始めるというキミのためにサクッと紹介しようかと思います。


サイクロンホーク。ウェポン先端の長い爪が低速回転、相手のウイングなどに絡ませてひっくり返します。ウェポン左右のウィングは、左側は分厚く地面すれすれまであり(相手をひっくり返す時に踏ん張るため)相手の回転爪攻撃を受け付けません。逆に右側は弱く、爪攻撃を食らうと危険です。印象としては攻撃のヒット率が高めですが、重量があまり重くないのでヒットしても自分がひっくり返ってしまうことがあります。ただ特定のどれかに特に弱いということもなく、安定感があるように感じます。攻撃次は相手の右後方から回り込むと爪をかけやすいので、ホイールを左右異なる状態にカスタマイズして回転方向をコントロールすると良さそうです。


スラッシュパンツァー。ウェポン先端のプレートをバネで跳ね上げて相手をひっくり返します。が、ひっくり返りません。車体は持ち上がるもののひっくり返すには突入の勢いやタイミングなどかなり良い状況じゃないとうまくいかない感じです。決め手がない感じ。ウェポン左右のプレートはガードなどもなくモロに弱点です。車体重量も軽めなので跳ね上げ系のウェポン相手の時にも不利になる可能性があります。カスタマイズは必須な感じです。


トルネードファング。ウェポン左右の爪が低速回転して、相手に絡めてひっくり返します。印象としては、コスパが高い感じがします。どういうことかというと、この機体はデフォルト状態でソコソコの勝率を誇っていたのと、後述する最強カスタムウェポン「ドレインファング」相手に対しても引けを取らない戦いっぷりを見せたからです。とはいえやはりこちらも車体重量が軽めのため、その辺の調整や、ホイールガードのカスタムなどの余地はありそうです。


ブレイブホーン。これまでの3機は初期ラインナップで、このブレイブホーンは少しだけ後発です。ギミックとしてはスラッシュパンツァーと同じ感じです。ただパンツァーと比較すると明らかに強いです。まずボディパーツなどが大きめで重量が多少重ためな感じがします。物理的にぶつかる系のホビーにおいて重さは強さですのでこれは利点でしょう。またウェポン左右のプレートにはガードがついており、前方からは爪攻撃が引っかかりにくくなっています。とはいえメインの装備である跳ね上げアームが相手をひっくり返せないのは相変わらずです。特徴をまとめると、「負けない(勝つとは言ってない)」って感じです。基本的に相手の攻撃を受けた時にカウンター的に相手の方がひっくり返るのを受動的に待つ感じになります。なんだかなぁって感じですが、カスタマイズによって強力な機体になるポテンシャルを秘めています。あとは能力的にあまり意味ないけどキャタピラ型ホイールガードがかっこいいです。

ここからはウェポンの紹介。


リフトホッパー。バネでプレートを跳ね上げるタイプ。特徴としては、跳ね上げのピッチがパンツァーとホーンよりも早いです。ただし相手をひっくり返せない点は同じ。左右のプレートのうち、左側にちょっとしたガードがついています。正直強くない気がします。


ストライクバイデン。左右の爪の低速回転はトルネードファングと同系列のウェポンです。特徴は3本爪である点と、その爪の開き方が広い点です。ただその広さが災いしているのか、なかなか相手に引っ掛けてひっくり返すことができない印象です。爪先端の引っかかりのための突起も申し訳程度で、正直ファングの方が強い印象を受けます。


ドレインファング。このカスタムウェポンが現状最強なのではないか、という印象です。動きとしては低速回転する爪が斜め前方を向いて2本配置されており、ちょうどサイクロンホークとトルネードファングの間をとった感じでしょうか。ここまで読んで来た方ならお分かりかと思いますが、ウェポンは現状大きく分けて跳ね上げ系と回転系の2通りしかない状態で、跳ね上げ系は勝ち目が薄いということが言えると思います。そして回転系の中では爪の先端の引っかかりがそれなりに大事な印象を受けます。このドレインファングの爪の先端は結構がっちり相手を絡め取るような突起がついており、それも効いているのかなと思います。またこのウェポン自体の重量も重たいです。単純に大きく、ウェポン底面に補助輪がついているほどです。また回転爪が斜め前を向いており、それを避けるように弱点となるウイングが付いていますが、位置関係的に前方からの攻撃を受けにくくなっています。後方からの攻撃は受けますが、これは前輪のホイールを左右に突き出させることによりある程度カバーができます(この対策をしていない状態では、トルネードファングに対して勝率が低かったです)。要因は様々あると思いますが、総合的に考えても強いウェポンです。勝ちを狙うならマストバイかと思います。


ロングレンジホイール。ホイールの左右に長いブレードを付けることができます。相手への攻撃というよりも、相手を寄せ付けないための装備という感じでしょうか。前述のドレインファングの弱点強化にうってつけです。


ラジカルホイール。ホイールの接地部分がでこぼこしていてフィールド上で暴れるというもの。正直あってもなくても、といった印象。

というわけで、今回の環境。
IMG_0162.jpg
比較的重い気がするブレイブホーンをベースに、最強ウェポンドレインファングを装備、弱点強化に前輪にロングレンジホイールを装着しています。こちらがおもちゃ部による研究の成果となります。流石カードゲーマーはこういうの考えるのが得意だね。

今後さらなるラインナップ強化に期待しつつ、割と楽しかったのでまたやりたいですね。そしてスタジアムを買ったのは僕なのですが、みんなスタジアムがある場所じゃないと遊ばないからといってうちに機体を置いて帰りましたとさ。

あ、今月新機体発売ですって。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノミジッド

Author:ノミジッド
デジモンファンをやっています。
ボンボン派。

カテゴリ
Twitter
最新記事
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。