FC2ブログ

デジモンの舞台観てきた

デジモンアドベンチャーtri.の舞台、超進化ステージ観てきました。
まずは注意書き。
ネタバレします。
僕は頭が悪いのでネタバレなしで感想なんて書けませんでした。

当日の昼、六本木駅にて。
ぼく「チケット忘れた。」
家に取りに帰ってたら最初の30分くらい見れませんでした。ダメダメだ。

まず最初に持った感想は、「人多い!」でした。子供達8人、デジモン8体に加えてデジモンの操演が8人、隠れる気もないようだったので全員が舞台上にいるとだいぶわちゃわちゃした感じ。最初は「えぇ…。」って感じだったんだけど、操演の人もデジモンと同じように演技をしているようで、例えばデジモンが驚いたらその後ろで一緒に驚いたような演技をしてるみたいな。そのお陰でデジモンのリアクションが分かりやすかったですね。背が低いデジモンは前に座ってる人の頭でよく見えなかったりしたから何をしてるのかのヒントになってたのは良かったのかな。2時間観てるうちに慣れたし。

エテモン強い。オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)の時点でヤバそうなオーラプンプンだったのに、動いて喋ったらめっちゃ良かった。なんかすごいこなれた感じだった。エテモンにもぴったりハマってたし、メタネタ挟んでたり客と絡みあったりとまさに大暴れって感じで良かった。キングエテモンになったのにはびっくり。しかも専用進化BGM(Brave heartを短調にして不協和音にした感じ?)まであって演出も面白かった。エテモン5(ファイブ)もエテモンレンジャーやれちゃいますよ。こんなん草生えるわ。

選ばれし子供達も良かったですよ。tri.の数倍良かった。劇中の葛藤シーンでの、あの頃(無印)の俺の方が強かったんじゃないか、って言うところとかtri.に聞かせなきゃ。いい感じに無印、02を組んでる感じで、それでいてtri.を無視するわけでもなく、いい落とし所でしたよ。

話の内容はもちろん良かったんだけど、所々ちゃんとデジアドのことが分かってるな〜って感じですごい好印象。エテモンはヒカリとテイルモンを知らなかったし、太一はメタルエテモンのことを見たことがない。細かいところだけどそこがちゃんとしてると変なところでつまづかないで観れるからね。ヒカリが怖い話としてダゴモンの呼び声と思しきエピソードを話してたのも良かった。

ストーリーは子供でも大人でもない微妙な年代のなんやかんやって感じで普通に良かったと思います。見た目は大人だけど中身が子供な僕にはツラい話だった…。

物語も終盤というところで、アグモンが進化。メタルグレイモンになったのですが、操演数人がかりで動かすでっかいメタグレが出てきたのは素直にすげぇ!って感じでした。エテモンに向かって飛んでいくトライデントアーム(操演1人付属)とか、口から火を吹く(消火器みたいなの)とか、なかなか面白かった。そして前述のキングエテモンに加え、メタルガルルモンまで登場!前半身が上下に動く置物みたいな感じだったけど、造形は良かった気がします。出番が短すぎて勿体無いくらい。そして最後、なんとオメガモン登場!大きな胸像みたいなのが舞台中央にばーんってでてきてその肩に太一とヤマトが乗ってて。あれ何かのイベントでフォトスポットとかにしてくれないかなー。大道具だいぶ凝ってて感動でした。正直デジモンはスクリーンに映すとかだと思ってたんで、ここまでがっつり作ってあって凄かったです。

ヴェノムヴァンデモンアンデット?GIFアニメみたいな感じでした(スクリーン投影)。

最後ちゃんとtri.の世界につなげていたのも良かったんじゃん?普通にパラレルでも良かったけど、タイトルにtri.を冠するだけはありました。自由な内容でやりつつちゃんとtri.の枠の中に収めたのはうまいやり方だったのでは。

総評、良かった。行こうかどうしようか悩んでる人は是非行って欲しいですね。あ、これ読んでる人は観に行った人もしくは観にいくつもりがない人かな。つまらなかったら「まぁ最初30分くらい観ても観なくても変わんないや。」ってできたのに、結果は「なぜ俺はチケットを忘れたのか。愚かすぎた。」になってしまいました。まぁつまんないものを望んでるわけないから良かったんだけど。

正直全然期待してなくて、デジモンはこんなこともやらかしたんだという歴史を実際見ておこうくらいのつもりだったので、完全にいい方向に期待を裏切られて、最高ですね。やっぱり面白いって正義。ていうかデジモンはいくらでも面白くできるんだなぁって改めて思った。。おい、聞いてるかtri.とアプモンアニメ。

スポンサーサイト



プロフィール

ノミジッド

Author:ノミジッド
デジモンファンをやっています。
ボンボン派。

カテゴリ
Twitter
最新記事
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR