FC2ブログ

ゴレムオン買ってみた

「電脳冒険記ウェブダイバー」より、タカラお得意の左右合体システムを有する「ゴレムオン」を中古ではありますが手に入れたので紹介します。
th_IMG_5099.jpg
シリーズ共通の黄色いパッケージ。今思うともしかしてこのカラーリングって売り場で目立つ色とかだったのかなぁ?

まずビークルモード。
th_IMG_5102.jpg
青い方がケルベリオンの丸鋸戦車。赤い方がオルトリオンのドリル戦車。見ての通りパーツは殆ど共通です。キャタピラ(ないし車輪)と火器やドリルが付いていれば戦車と言い張れる典型的パターンですね。丸鋸はくるくる周り心地がいいです。ドリルの方は固くてくるくるは回らず残念。2体とも色が渋いです。まぁ主役であるグラディオンからして渋くて味わい深いカラーリングですからね。

次にファイターモード。
th_IMG_5100.jpg
名前の通り、ケルベロスがモチーフのケルベリオンと、オルトロスがモチーフのオルトリオン。頭がそれぞれ個性があって良いのですが、どうせならぱっと見で分かるくらい変えてもよかったかもね。背中の謎の物体とでかいしっぽ(?)はまぁ許容範囲でしょ。ごつい方が強そうじゃん?

そしていよいよ左右合体!
th_IMG_5103.jpg
ゴレムオン!マッシブなプロポーションはGOODですね。
頭は金色のケルベリオンモードとホワイトパール色のオルトリオンモードの2パターンがあります。
th_IMG_5104.jpg
th_IMG_5105.jpg
ゴーレム感は出てると思うけど、好みじゃない(完全に個人の感想です)。
可動は出来るけどポーズを付けるのは辛い。
th_IMG_5106.jpg
どっしり構えて飾っといた方が良さそうですね。

因みに写真には撮っていませんが、左右を逆にする事も出来るし、左右どちらともケルベリオンという合体も出来ます。手の親指は掌の真ん中に軸があって根元ごと動かす事で右手にも左手にもなる仕組みです。ここまでくるとある種の左右合体の頂点を極めていたと言っても過言ではないのでしょうか。

あとグラディオンと合体するアタックモードがあるけど、グラディオンを引っ張り出すのが面倒くさくて試してないです。
このシリーズって折角ELが入ってて通信とか出来るのに、グラディオンがいないと何も出来ない所がダメだよね。一応エンブレムが光るけど、通信機能は完全に死んでるし。グラディオンを持っていない人からすれば無駄に高くなってるだけだし。単体でもテレビに繋ぐまでは行かなくとも、何か出来たらよかったのに。1体のボタンを押すともう1体のエンブレムが光るとかさ。

とはいえ、変形合体おもちゃとしてはよく出来てるから単体でも十分楽しめたりするけどね。どうせテレビに繋げてもクソみたいなゲームしか出来ないし。パーツの定位置がかっちり決まらなくてちょっと遊びにくい部分もあるけど、あまりガチガチ過ぎてもどんどん置物に近づいちゃうから一概に悪いとは言えないかね。

個人的評価
・タカラが誇る左右合体システム +90点
・力強いプロポーション +30点
・男らしい戦車モード +40点
・オルトロスというモチーフ選択 +10点
・味わい深いカラーリング +30点
・塗装の汚さ ー10点
・パーツの定位置の決まらなさ ー20点
・空転しないドリル ー30点
・ゴレムオンの顔のデザイン ー10点
・グラディオンがいないと死ぬ機能多過ぎ ー40点
合計 90点

普通に変形合体おもちゃとしておすすめです。そういえば前期OPで月を背景にしてた(ような気がする)この2体、カッコ良かったよね。
スポンサーサイト



楽進ガンダム買ってみた+真の目的

家電量販店でたまたま見かけた時にSDガンダム三国伝のプラモデルを買ってみました。
th_IMG_5087.jpg
このキットは三国伝の終盤に発売されたシリーズで、過去に発売された武者頑駄無のパーツを流用する形で作られています。この楽進はベースが破牙丸(武者○伝Ⅲ)であり、比較的新しいキットの流用(といってももう10年以上前かな?)なのでそれなりに格好がついてます。あ、三国伝に関してはそこまで詳しくないので説明が間違ってるかもしれませんがあしからず。

というわけでさくっと組み立ててみます。
th_IMG_5088.jpg
これは幼少時代らしいです。元の破牙丸のバッキーにあたる形態ですね。胸パーツが変わっています。足の生え方が他の武者頑駄無には無い方式です。
th_IMG_5089.jpg
こちらがさらにパーツを追加した楽進ガンダム。背も高くなりスラッとしましたね。破牙丸からの変更点は黒いパーツの部分ですね。他は成形色違いくらいです。
で、ちょっと残念だったのが肩の変形で、肩鎧を取り付けるのではなくて、幼少時代の肩を一旦ばらして肩鎧をとりつけるようになっています。このばらす部分がそもそもばらす想定で作られていないので、一度組み立てた肩を分解する事になります。別にそこまでの手間ではないのですが、正直めんどくさいし、肩の上から鎧をはめる方式にして欲しかったです。
また、プレイバリューの無さも気になりました。三国伝シリーズでは珍しくなかったのかもしれませんが、私が大好きだった武者○伝シリーズの武者はばらした鎧が合体したり、第3のモードがあったりと色々遊べたものです。それと比較してしまうとちょっと残念。

さて、ここからが本題と言っても過言ではない、この楽進ガンダムを買った理由です。それがこちら。
th_IMG_5090.jpg
隣に写っているのは、武者○伝Ⅲシリーズ展開中に開催されたKフェス(講談社主催のイベント。小学館の次世代WHF、集英社のジャンプフェスタに対抗するべく2003年から開催されたものの、3年で終了した、だったはず)で限定販売された「破牙魔R-02」です。漫画の中で破牙丸には兄弟のような存在が2人いて、そのうちの1人がこの金色の破牙丸です。当時わざわざお母さんにKフェスへ連れて行ってもらって並んで買ったのですが、翌年のKフェスでも販売されていた所を見ると、限定2000個(だったはず)は捌けなかったようですね...。話は戻って、そのもう一人の兄弟の色が「青」なのです。

もうお分かりですね。そうです。
破牙魔R-03を再現しよう!
th_IMG_5091.jpg
ジャーン。これがやりたかったのですよ。目は本当は赤なのですが、そこはまぁ置いておこうか。もっと言うと瞳も無いです。そんな時は獣王武神形態にしてしまいましょう。
th_IMG_5092.jpg
ほら、目が隠れて色が違うのが分からなくなった!作中で03はこの形態になってなかったけどね。

満足しました。

トルネードレギオン買ってみた

エレメンタルレギオンズのトルネードレギオンをたまたま見かけたので買ってみました。
th_IMG_5064.jpg

早速開封。
th_IMG_5065.jpg
この状態がトルネードレギオン。可動は手足が一応動くとかそんなレベル。アゴは動きません。
ソウルドール付き。

ここから変形します。
th_IMG_5067.jpg
完全分解バランバラン。これらを繋げるジョイント部分は結構付け外しが簡単で、しかも保持力も十分で良いものです。

で、変形。
th_IMG_5068.jpg
なんだかマイルドな造形ですね。左からシロン、ガリオン、ズオウ。ビッグフットの胴体の中めいっぱいに脚を収納するあたりが超進化シリーズを思わせます。その際の鉄ピン丸出しスライド機構はあまり見かけない変形方法です。グリフィンの目はクロスフィギュアシリーズを彷彿とさせる塗装で...。
ちなみに説明書の変形完了の部分ではそれぞれに吹き出しがついていて、シロン「お前な〜」、ガリオン「何!!」、ズオウ「メグ〜!」っていう何となくやる気の無いコメントが拝めます。

個人的評価
・3体での完全変形合体 +80点
・超進化シリーズを感じさせつつ後ろから見てもOKな変形 +50点
・なんか趣深い造形 ±0点
・塗装のクオリティ ー10点
合計 120点
あまり不満点が思いつかなかった。別に「とても良いもの」では無いんだけど、その造形は何か心を掴むものがある気がします。一家に1体くらい欲しいかもしれないアイテムです。

因みに今回記事が妙にあっさりしてるのは、私がレジェンズを観てなかったからだなんて口が裂けても言えない。

Turning Mecard買ってみた

韓国で大人気、入荷したら即売り切れという大ブームを巻き起こしているという噂のバトルホビー「Turning Mecard」を買ってみました。
th_IMG_5051.jpg
ブリスターパッケージ。読めない...。こいつの名前はTanatos、タナトスです。

さてこのMecard、どのようなおもちゃかというと...
th_IMG_5053.jpg
このようなミニカーが変形します。ファイヤーパターンがイカす。
th_IMG_5052.jpg
ロボットに一発自動変形。カード3枚付き。それだけ?と思ったそこのあなた、違うんですよ。こちらをご覧下さい。
ツイッターに投稿した動画
車の状態でカードの上を通過すると、カードをめくりながらロボに変形するのです。さて、おもちゃをたしなむ方なら似ているおもちゃをご存知でしょう。そうです、爆丸です。カードの上に乗ると変形するのは似ていますが、Mecardでは更にカードをひっくり返すというプロセスが加わっています。
th_IMG_5055.jpg
カードをめくると数字が書いてあります。そしてMecard本体にはマークが付いています。そのマークと同じ色の数字がポイントになるようです。どうやらこのポイントを使ってバトルをするようです。

さてこのTurningMecardですが、ご存じない方が大多数かと思います。私も韓国語分からないので詳しくは知らないのですが、分かる範囲で紹介します。
韓国のホビーアニメであるTurningMecardのおもちゃがこれです。価格は20000ウォン強くらいらしいです。日本円にすると2000円ちょいくらいでしょうか?間違ってたらすみません。Mecardは自動車のミニカーがカードをひっくり返してロボやメカドラゴンなど様々なキャラクターに変形するもので、Turning+Mecha+Car+CardでTurningMecardのようです。アニメ本編ではミニカーが変形した後バトルフィールドみたいな空間が生成されて、変形したメカは巨大になって戦います。3枚のカードを使って技を発動しているようです。あと負けるとMecardが勝った方のものになるというアンティルールみたいです。良い子は真似しないでね。Mecardは意思があって喋ります。...やっぱり言葉が分からなくて内容がよく分からないと説明が難しいですね。
これ見てみて(丸投げ)。

アニメ第1話。多分公式。何年か前の土曜日の午前中な雰囲気が漂っています。言葉は分かりませんが、多分王道ホビーアニメなストーリーな感じです。良い感じです。EDのホビーアニメED感もいい味出してます。

ルールが書いてある紙も同封されているので、韓国語が読めれば遊べます。ルールの裏側はバトルフィールドになってます。

因みに今回買ったタナトスはアニメでは敵側として登場します。そして主人公側のメインキャラであるエヴァン(青いロボット)の弟という設定らしいです。

この他にもフェニックスやゴーレム、キョンシー、サメ、ワニ、ドラゴン、ドラキュラ、サソリ、ハチなど、実にバリエーション豊かなキャラクター達が車から変形します。欲しい。

何とAmazonで買えます。定価の倍から数倍するけど...。
AmazonでTurningMecardを検索


というわけで未知が満ちてる韓国のおもちゃ「TurningMecard」でした。
日本でもやってくれないかなぁ...。

第2回おもちゃオフ会withデジモンファン開催告知(仮)

第2回おもちゃオフ会withデジモンファンの開催を考えているため、ここで参加者を募ろうかと思います。

思ったより多くの人に来て頂いて割と好評っぽかった第1回ですが、次の第2回のテーマは、
「テーブルゲームホビーの部」です。
テーブルゲームホビーという言葉があるかどうかは不明ですが、ここでは「机の上で遊べる、おもちゃを用いた、数値などでバトルをするおもちゃ」くらいの定義とします。

開催概要
開催予定日:5月21日(土)13時くらい〜
開催場所:新宿か池袋のカラオケボックス
人数:〜8人(私含む)
テーマ:テーブルゲームホビー
遊ぶもの:爆丸、デジモンバトルフィギュア、参加者から「これをやりたい!」という持ち込みおもちゃがあればそのおもちゃ
遊ぶかもしれないもの:ビーストサーガ、モンスーノ、バトエン、ダンジョンダイスモンスターズなど(参加者の持っているおもちゃに左右されます)

今回はルールがしっかりしている対戦系のおもちゃで遊ぶため、参加人数を絞らせて頂こうかと思っています。
また、この内容で8人も参加者が集まるかどうか微妙な気もしますが、もし万が一参加希望者が多かった場合は以下の条件に該当する方を優先したいと思います。
・テーマに沿ったおもちゃを持ってきて頂ける方
・第1回に参加していない方
・デジモンおもちゃ部部員
「参加してやってもいいよ。」という方がいましたら、とりあえずこのブログのコメントやツイッター、LINEなどで声をかけて頂ければと思います。

というわけで、宜しくお願いします。

ベイバやカミワザワンダ、レゴニンジャゴー、カードゲームアニメなどホビーアニメが少しずつ元気を取り戻している今こそ、おもちゃで遊ぼうぜ!

デジモンセイバーズグッズ特集

今日でデジモンセイバーズ10周年らしいっすよ。...マジっすか?時の流れって怖いね。ていうかセイバーズって既にデジモンの歴史の中で前半に分類されてたんですね。

というわけで今回はデジモンセイバーズ10周年企画、グッズ紹介です。主にデジヴァイスとかのメイン商品ではなく、サブ的なこまごましたグッズでも紹介しようかと。

まず「シール烈伝」
th_IMG_5012.jpg
エンスカイより発売。1パック10枚入り、内ノーマル9枚、メタリック1枚。全71種類、って結構多いですね。内ノーマル50種、メタリック15種、レーザー6種。レーザーシールがレア扱いで、ラッキーな人のパックに入っているらしいです。私はラッキーではなかったので入ってませんでした。当時100均で買ってました。

「スタンプ烈伝」
th_IMG_5013.jpg
こちらもエンスカイより発売。スタンプは全18種。リストが同封されているのですが、主役デジモンやDATSデジモンはともかくとして、ディグ、ガルル黒、メラ、ドリモゲ、コカトリ、フライがラインナップされているのが驚きポイント。そこまでして18種類にしたかったのか...?どうせならガルルモン黒とか欲しかったな。

「デジヴァイスicスイング」
th_IMG_5014.jpg
バンダイのガシャポン商品。デフォルメ(というか手抜きというか)造形されたデジヴァイスicのスイング。第3弾があったかどうかは知らない。ラインナップはそれぞれ8種ずつ。裏面にはバトタで使えたD-αコードが付いています。これic自体のデザインの話だけど、ぶら下げると上下逆さまになっちゃうんだよね。

「デジモンセイバーズグミ」
th_IMG_5015.jpg
バンダイの食玩、お菓子売り場で。カードが付いたグミ。グミのトレーは4種ずつ。これも3rd Editionがあったかどうかは知らない。地味にコーラ味からオレンジ味に変わってる。カードはそれぞれ20種、プラ製です。ラインナップは1弾がSPデータカード5種、箔押しプラスチックカード6種、プラスチックカード9種。2弾は箔押しプラスチックカード6種、プラスチックデータカード16種。プラカードは透明で色によっては綺麗。1弾のデータカードにはD-αコードとデジヴァイスicで読めるデジソウルが付いています。2弾ではD-αコードのみに。でも2弾の方がばっちりイラストが描かれてるから好き。

「コレクションカードガム」
th_IMG_5016.jpg
エンスカイから発売。分厚めのカードが3枚入り(ノーマル2枚、スペシャル1枚)。ラインナップは全63種、内ノーマル45種、スペシャル18種。これも種類多いですね。絵柄がぱっとしない(個人の感想です)。

「ウェファーチョコ」
th_IMG_5017.jpg
ウェファーチョコ。森永より発売。シールはどこかにしまってあるはずだけどちょっと行方不明。大丈夫、捨ててはいないから。シールは全部で32種、内スタンダード28種、チェンジング4種。「モンスターの進化をマークに合わせてつなげてあそぼう!」とあるけど、繋げた所で絵が繋がったりはしません。なんだかなぁ。

とりあえず今回はこの辺で(次回があるとは言ってない)。こう見てみると、このように安価な商品が色々発売されてたあの頃はよかった、って思います。今の商品ってどれも高いんだもん。

というわけでみんなも、デジモンセイバーズ10周年を祝おう!
プロフィール

ノミジッド

Author:ノミジッド
デジモンファンをやっています。
ボンボン派。

カテゴリ
Twitter
最新記事
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR