FC2ブログ

アニメジャパン2016行ってきた

ブレビ
ブレイブビーツはいいぞ。

というわけでアニメジャパン2016に行ってきました。何となく行ってみようと思っていたら、丁度デジモンもあるっつーことで、せっせと馳せ参じたわけです。もう人多くて嫌になります。

まず早速デジモンファン的に本題に入りましょうか。最大の収穫はこちら。
th_IMG_4948.jpg
東映アニメーションブースより、一般イベント初登場の着ぐるみガブモンくん。めちゃカワイイ。アグモンくんよりふわふわもふもふで大人気でした。
th_IMG_4946.jpg
丁度後ろのスクリーンにTri.流れてたのでパシャリ。
th_IMG_4954.jpg
ツーショット。人気者でした。人が多くて一緒に写真を撮ってもらえないまま二人が撤収してしまったのが心残りです。またどこかで会えるよね?
ブース内には小さいながらもコーナーが。
th_IMG_4957.jpg
th_IMG_4958.jpg
th_IMG_4960.jpg
Tri.2章と大江戸温泉物語コラボ、グッズ展示がありました。この近くには丈&ゴマモン、ミミ&パルモンのパネルもありました。

隣のハピネットブース。
th_IMG_4967.jpg
パネルが並んでいます。メイコちゃんもちゃんといるよ。この3人一組のパネルって他のイベントとかで使ってた?初めて見た気がするけど、どうなんだろう。

デジモンに関しては特に真新しい情報はありませんでした。まぁ予想通りですね。デジモンも見たことだし、あとは適当に。
th_IMG_4939.jpg
4月(毎週土曜朝7時から)より放送開始のホビーアニメ「カミワザワンダ」。デジタル世界のプログラム、モンスター、おもちゃやカードではキャラがモノクロドットで表示されるなど、デジモンと多数の共通点があるからデジモンファンは見てみると良いんじゃないかな。ホービーアニメが少ない現在、期待のアニメです。タカラトミー原作。
th_IMG_4942.jpg
目に光が無くてなんか怖い。因みにこいつの声は山口勝平さんらしいっすよ。公式ポータルサイトはこちら
th_IMG_4955.jpg
タイムボカン24。秋放送らしいっす。ちょい前にやってた夜ノヤッターマンは大人向けだったけど、こっちは子供向けっぽいですね。レベルファイブも絡んでるみたい。
th_IMG_4938.jpg
カードキャプターさくら、再放送開始するみたいですね。それに合わせてタカラトミーより大人向け玩具が発売されます。わたしはコレクターユイが好きです。
ブレビ
バンダイナムコグループのブースに置いてありました。今年一年のアニメの中で最も素晴らしい魅力溢れる神アニメ「ブレイブビーツ」のブルーレイボックスのチラシです。このブルーレイボックス、受注数が一定の目標に達しないと生産されないらしいので、沢山の人が注文する事を願っています。もちろん私も注文しました。注文はこちらから出来ます。6月末が締め切りらしいので、皆さんお早めに。
th_IMG_4970.jpg
この趣深い光沢仕上げ嫌いじゃないよ。
th_IMG_4973.jpg
バディファイト。4月からタイトルも変わってバディも変わるみたいですね。コロコロでは既に漫画始まってます。
th_IMG_4971.jpg
「中に入って写真を撮ろう!」ってあるけど、そこに入って写真撮ってもなぁ。
th_IMG_4975.jpg
ちょっとぶれちゃってるけど、電通のブース。このキッズアニメいっぱいの感じいいっすね〜。念のため左上から、アイカツ、デュエマ、バディファイト、ニンジャゴー、豆しば学園、アルティメットスパイダーマン、小さなプリンセスソフィア、パズドラ、しまじろう、ぐでたま。
th_IMG_4977.jpg
みんな大好き細田守さん率いるスタジオ地図のブース。ウォーゲーム?あるわけないじゃん。
th_IMG_4978.jpg
なんか俺の知ってるブルーアイズと違う気がする。クリボーもいるよ!
th_IMG_4979.jpg
こいつ...動くぞ!!動くねんどろいどミクさん。ちょっと欲しさある。これでダヨーさんとか欲しい。
th_IMG_4990.jpg
ボトムズの急須、こんなん笑うわ。
th_IMG_4992.jpg
あの、豆腐少なくないですか?
そういえばVジャンでも漫画連載が始まった逆転裁判も色々な所で見かけました。あとおそ松さんやっぱり人気なのかね。そういえばタカラトミーブースでベイブレードバーストのアニメの宣伝もしておけば良いのに、無かったなぁ。
ファミリーゾーンは子連れじゃないと入れませんでした。人が大分少なかったです。

というわけでアニメジャパンでした。もっと他のレポートを期待した人がいたらごめんよ、キッズアニメ以外は疎いんだ...。

それではみんな...
ブレビ
ブレイブビーツブルーレイ注文しようぜ!!!(ごり押し)
スポンサーサイト



大江戸温泉物語行ってみた

まず始めに注意。今回の記事はスタンプラリーなどのネタバレ、Tri.2章のネタバレを含みますのでご了承下さい。

〜前回までのあらすじ〜
オールデジモン交流会後、しぐーさんに声をかけてもらった私は翌日、デジモン仲間達と共に大江戸温泉物語に行く事になったのであった。

当日、写真を撮りたくなる場所が多数ある中、他の人達が「写真は後で九頭見さんのブログに載るからいいや。」とか言い出しました。私のブログを過信しすぎじゃないっすかねぇ...。ちゃんと記事書かなきゃ(使命感)

では早速当日の様子をお伝えします。この後温泉に行く予定があって、ポイントを押さえてテキパキ回りたいという方の参考になるといいかな?

さて、そもそもなぜデジモン仲間と温泉に行くのかと言いますと、説明は不要かもしれませんが、デジモンアドベンチャーTri.コラボが開催中だからです。詳しくは公式サイトを見てみて下さい。紹介ムービーもあるよ。実際2章の劇中でもこれ見よがしに大江戸温泉物語に選ばれし子供たちが行きますからね。

当日何時に集合するかを決める時に、13時か14時くらいという案がある中、私が「折角だから早い方がいい」と13時にしてもらいました。当日、遅刻しました。申し訳ない。なお、9人中待ち合わせ時間に間に合ったのは4人だった模様。因みに大江戸温泉物語へは東京テレポートなど複数の駅から無料バスが運行しているので、事前に公式サイトで確認しておく事をオススメします。私のようにならないために。

それでは今回は時系列ではなく、コラボの紹介をメインに進めようと思います。

まず建物。
th_a1.jpg
デジモンコラボが一目見て分かる幕が入口の左右にあります。子供達とデジモン達それぞれのTri.キービジュアルが左右に配置されていますね。
出入り口の自動ドアはデジヴァイスに。
th_a2.jpg
ガブモンカラーの方が入口です。なんかデジタルワールドに行けそう。それぞれ書かれているデジ文字は、入口側が「大江戸温泉物語へようこそ」、出口側が「劇場で待っているぞ」です。
デジヴァイスをくぐるともう一度自動ドア。
th_a3.jpg
th_a4.jpg
ようこそ。閉じてる所はちょっと撮れなかった。アグモン太一とガブモンヤマトがそれぞれガラスに張られています。
そこを入ると右手側にガチャガチャがありますが、デジモンは無いです。
エントランスに入るとまず目に入るのがこちら。
th_a5.jpg
正面の上の方に和傘と共にデジモン達が飾ってあります。まだ浴衣じゃない。
そのまま右手側を見ると壁にこれが貼ってあります。
th_a7.jpg
満喫するのがノルマのようです。
エントランスで靴を脱いで左手側の下駄箱へ。するとその上の方に。
th_a6.jpg
最近はデジモン関連は進化しかしませんねぇ。ここで靴を預けます。鍵はなくさないようにね!
そのまま受付へ。割引きクーポンなどがある場合は最初に提示しましょう。ここでロッカーの鍵を渡されます。この鍵にバーコードが付いていて、施設内でお金を使う際にはこれをデジコードスキャンしてもらいます。するとそのデータが記録されて、退館時にまとめて支払うシステムになっています。鍵は腕に付けられるようになっています。つまり財布はロッカーにしまっておいてOKなわけです。財布の残金チェックを忘れないようにしましょう。支払いの時に足りなかったら悲惨だぞ...。受付をすませたら奥に進んで浴衣を選びます。係の人に着たい浴衣の番号を伝えれば渡してくれます。帯は好きなものを取っていって下さい。
そこから更衣室に入って浴衣に着替えるわけですが、男性更衣室と女性更衣室の入口の間にこんなコーナーがあります。
th_a8.jpg
原画とかの展示があったのですが、その手前におっさん女子供達が座っててよく見れませんでした。もっと見やすく展示してくれよ。

それでは更衣室で着替えましょう。下着は着たままで浴衣を着ましょう(重要)。帯の結び方とかも壁に書いてあるので安心。持ち物は携帯があれば十分だと思います。更衣室には自由に出入り出来るし、そんなに広くないのでここに忘れ物してもそんなに打撃は無いので心配はいりません。そもそもこの施設はTri.2章でミミちゃんも言っていたように、手ぶらでOKな施設なので、本当に財布と携帯だけあれば大丈夫なんじゃないかな。お土産を入れる鞄もあると良いと思うけど。

着替えたらいざ出陣!館内MAPはこちら。
th_b1.jpg
以降はこの地図を参考に紹介していきます。そうそう、事前に地図を確認しておくと後々遊ぶ時に便利です。思った以上に館内全域にデジモンが散らばっていますので。
劇中と見比べたいならこちら。
th_b2.jpg
劇中のシーンが館内のどこなのかが分かる地図があります。この地図は足湯へ続く廊下の途中の壁にあります。廊下の幅が狭いのでうまく写真に撮れません...。因みに映画パンフの地図とは紹介している画像とかが違いますよ。あと注意なのが、空たちが劇中で入っていた桶風呂は女湯にしか無いそうです。そうなのね...。

さて地図の紹介はこの辺にして、更衣室を抜けると「広小路」に入ります。するとすぐにデジモンの物販コーナーが見えます。
th_b5.jpg
これ看板だけ写真撮ってあっても意味なかったような...。物販は邪魔になるし最後でいいでしょう、と思いますが、後述するスタンプラリーの台紙もここで販売してるので何回かお世話になるのではないでしょうか。
因みに物販ではこれを買いました。
th_b6.jpg
アクリルのやつが1000円で、クリアファイル2枚セットが800円かな。冷静に考えると高いな...。まぁこういう所に行ったら何か一つくらいお土産を買いたくなるのが人情でしょ。
物販の左側を奥に進むと右手側にゲートが開いています。
th_b7.jpg
インペがこっち見てる。そして...
th_b8.jpg
赤く光る!ライトギミック内蔵でした。
それを過ぎると右手側に小さい橋があります。その橋の横に堀だか川だかがあって、そこにいる犬の置物が劇中ゴマモン達がいたオブジェです。なんかワンワンサウンドギミックが内蔵されているようでした。

橋を渡らず進むと、もう更衣室出たときから目に入ってたけど火の見やぐらが右手側にあります。更に進んで振り返ると火の見やぐらの正面(多分)になります。
th_b3.jpg
後ろに富士山も見えますね。そしてその手前に見えるのが...。
th_b4.jpg
デジモンキャラ達のパネルがあります。みんな浴衣姿の描き下ろし(温泉の公式サイトで見れるやつ)。身長差とかあって良いんじゃない?あ、手前に写っているのはコデレシさんが前日にクレーンゲームで取っていたテントモンのぬいぐるみです。
パネルを見たままの方向で、火の見やぐらの向かって左側に回り込むとこんな区画があります。
th_c1.jpg
冒険の軌跡と銘打ったこのパネルは子供達のアドベンチャーの頃、02の頃、Tri.、02での25年後の姿がまとめられていてなかなか良いものです。
th_c2.jpg
太一〜。Tri.1章では25年後の外交官に繋げる気満々なやりとりがありましたね。
th_c3.jpg
ヤマト。バンドとハーモニカ率の高さから一転、宇宙キター!何があったのかね。
th_c4.jpg
丈。Tri.丈は眼鏡を取ると西島先生と似ているという話が持ち上がる。
th_c5.jpg
ミミ。絆さん絶賛の高校生ミミちゃん。
th_c6.jpg
空。大人になったらお母さんにすごい似てるよね。
th_c7.jpg
光子郎。目のハイライトが無いのを継承して欲しかったけど、やっぱりこのデザインラインだとそれは不自然だからこうなるよねっていうのが我々の着地点。
th_c8.jpg
タケル。帽子へのこだわり。
th_c9.jpg
ヒカリ。無印と02の服の色が上下逆にしただけだねって言われて初めて気付いた。
さてコーナーは離れて、もう一度火の見やぐらの前に立ちます。後ろを振り返ります。中村座という大広間があるのですが、そこの上の方に絵が飾ってあります。
th_d1.jpg
ちょっと見にくくて申し訳ないけど、左からゴマモン、テントモン、パタモン、テイルモンとそれぞれのパートナーですね。まぁぶっちゃけコラボ絵を並べただけだけどこうやって割と目立つ所にそれなりの大きさで飾られてるのは嬉しいですね。
残りのメンバーは八百八町にあるので、そちらに移動します。移動したら左手側です。
th_d2.jpg
th_d3.jpg
記事書きながらふと思ったけど、こういう柄のトランプとか出すのはどうですか?(適当)
そのまま反対側を見ると中央の階段の所にグッズ展示コーナーがあります。
th_d4.jpg
写ってないけどこの左側にはディスプレイがあって映画のムービーが流れています。
まず最近展示で定番となりつつあると思っている制服。
th_d5.jpg
いろんなグッズ。
th_d6.jpg
ネクスエッジオメガモン楽しみ。3000円という最近にしては良心的な値段のフィギュアだからおすすめ。
th_d7.jpg
デジコレ!3も楽しみですね。ぜひ4もお願いしたいところ。
th_d8.jpg
デジタマの巾着袋可愛いね。
th_d9.jpg
アグモンのPCクッション可愛いよ。全然デジモンと関係無いけどコマさんのPCクッションも可愛いんだよ。そしてこのGEMシリーズの雑な並べ方ね。

さて館内の紹介はこの辺にして、次は足湯に行きましょう。あ、足湯の写真とってないや(理由:デジモン要素が無かったから忘れた)。足湯は男子更衣室を出た正面、または女子更衣室からだと左手側。昼間の暖かい時間に行くのが良いと思います。ちょっと肌寒い。
ここで9人で足湯に入ります。丁度選ばれし子供達+メイコと同じ人数じゃん。ついでに女の子が4人くらい含まれてたらなお良かったけどね。足湯パワーで知能指数ダダ下がりです。あと開幕浴衣の裾を濡らすっていうね。身長170はLって書いてあったじゃないか!あれは嘘か!そういう事か!ついでに座った所が濡れててお尻とパンツも濡らしちゃったし。まぁなってしまったものは仕方ないね。あとここ足下が足ツボみたいに小石が埋め込まれてる地面になってるから気をつけて!健康体になれそう。
館内から足湯に出る所ですぐ左に行くと、デジモンのパネルとデジ文字表があります。全体像を撮影するの忘れた。
th_e1.jpg
デジ文字を解読して館内に隠れているデジモンを探し出せ!的な。左にあったものから順番に、なんて書いてあったかと、その正解の場所と写真を紹介しちゃいます。まだ温泉に行ってない!って言う人はスキップしてください。
th_e2.jpg
ゴマモン。デジ文字は「館内の階段」。
th_e3.jpg
階段は八百八町の階段のことなのですが、グッズ展示コーナーがある方ではなく、通路の方にある階段です。階段を上って真ん中の折り返しにきたら上を見上げて下さい。階段登り口の上の柵にあります。後述するスタンプラリーのパネルのメイクーモンを探せの方の裏側でもあります。
th_e4.jpg
パルモン。「川長から階段を見る」。
th_e5.jpg
八百八町にあった空、太一、ヤマト、ミミ、メイコ達の絵の下が川長です。そこから階段を見ると先述のグッズ展示コーナーがあります。そのディスプレイの上辺りにあります。
th_e6.jpg
テントモン。「足湯の橋を渡り正面の屋根の下」。
th_e7.jpg
足湯は館内から出たあと、屋根のある道を通ります。そこから左手側が足湯になっていて、そこにいくために小さな橋を渡ります。あとはヒントの通り。屋根の下と言うか裏面というか、とりあえず見上げてみて下さい。
th_e8.jpg
ガブモン。「物販エリアの屋根」。
th_e9.jpg
物販のレジがある方です。
th_e10.jpg
アグモン。「その場に座る」。
th_e11.jpg
言われるがままにやってみればいいのです。向きは変えちゃダメだよ。
th_e12.jpg
ピヨモン。「足湯エリアの天井」。
th_e13.jpg
館内から足湯へ向かう屋根のある道にあります。足湯に向かう時に上を見ながら歩いてみて下さい。
th_e14.jpg
パタモン。「川長の上」。
th_e15.jpg
川長の上の右の方、メイクーモンとメイコの絵の横にあります。
th_e16.jpg
テイルモン。「足湯の橋の上で振り返る」。
th_e17.jpg
テントモンの時に登場した橋の事ですね。振り返るよりも足湯から帰る時についでに見た方が見やすいかも。屋根がある所と無い所の境目の所です。
th_e18.jpg
メイクーモン。「足湯の橋を渡り右の屋根の下」。
th_e19.jpg
もうそのままです(投げやり)。
これでキミも全デジモンコンプリートだ!

次はみんなで腹ごしらえ。コラボメニュー食べるしか無いね!
th_f1.jpg
これ、コラボメニューはそれぞれの店に点在しているので一度に注文したりは出来ません。このメニュー紹介は館内何か所かにありました。まぁこれ見ても何がどこに売ってるのかよく分かんないけどね。
th_f2.jpg
9人もいれば全メニュー制覇もあっという間!コラボメニューを頼むとそれぞれのポストカードが貰えちゃいます。あとみんな私が写真撮るの待っててくれてとっても優しくて涙が出ますよ。
th_f3.jpg
th_f4.jpg
アグモン&太一メニュー。一番ガッツリ主食系。八百八町の一番奥左側のお店です。
th_f5.jpg
th_f6.jpg
th_f7.jpg
ガブモン&ヤマト、パタモン&タケルメニュー。ガブモンの巻寿司の方は私が注文してるうちにもう食べ終わってた。量が物足りないそうです。ヤマトの方は広小路の橋のそばにあります。タケルのアイスは後述する広小路のアトラクション、輪投げとかの近くだった気がします。口の中が冷え冷えになるそうです。
th_f8.jpg
th_f9.jpg
ピヨモン&空。冒険の軌跡コーナーの向かい側辺りだったと思います。練馬の大根デパートが元ネタ。今回は鶏肉は使われておりません。
th_f10.jpg
th_f11.jpg
テントモン&光子郎。私はもちろんこれを食べました。だし汁がウーロン茶風味らしいのですが、これただの出汁みたいな味がするんだけど...。あと光子郎はそろそろウーロン茶ネタしつこいと思うの。場所は広小路奥の中村座の右手側。
th_f12.jpg
th_f13.jpg
ゴマモン&丈。ゴマモンだけにゴマたっぷり。ゴマモンが丈のために作った夜食!?とのこと。ほんとゴマモンは丈の彼女か。アグモン&太一の右の方にあります。
th_f14.jpg
th_f15.jpg
パルモン&ミミ。ホイップクリームは大量に見えて案外そうでもないらしくむしろ足りなくなるそうな(しぐーさん談)。有斗さんも注文してたけど、クリームが倒れて「タワー倒壊」とか言って笑ってた(デジカネタ)。ミミがアメリカからお土産で持ってきたグミがトッピングされてるのがグッド(ネタとして)。場所は光子郎の向かい辺りだったと思う。
th_f16.jpg
テイルモン&ヒカリ。ちょっと看板を撮り損ねたというか見落としたというか。多分広小路の更衣室の近くだと思う。アイスは本当は抹茶味なんだけど、なんか抹茶アイスの機械の不調によりバニラアイスになってしまっていたとかで。トッピングのスナックはホーリーリングなんだって。
th_f17.jpg
th_f18.jpg
メイクーモン&メイコ。劇中で文化祭のクレープをイメージしてるそうです。それってあれ?姫ちゃんがメイクーモンのために買って次の瞬間道に落としたやつ?(大分語弊がある)これも広小路のタケルとかの近くだった気がする。
てなわけで偶然か意図的か、全メニューを9人で制覇しました。やっぱり人数いるといいね。

お腹も満たされたら、次は体を動かしましょう。アトラクションの縁日ゲーム。それぞれ1回500円で、結果によって貰える景品が変わります。例え大失敗して0点になっても必ず缶バッジは貰えるので安心して下さい。1等だと和風ブックカバー、2等はリングノート、3等は和風コースター、4等が缶バッジです。アトラクションは3種類あって、それぞれで貰える絵柄が異なります。
まずはニコ生のトクバンアドベンチャーで声優達もやっていた「アグモンのベビーフレイム投げ」。
th_g1.jpg
吸盤がついたボールでクワガーモンを狙います。こんなに近くから投げるんだったら余裕でしょ〜。結果:2/7命中。クソザコでした。いや、案外難しいんだって!もう1個でも当たれば3等にランクアップ出来たんだけど。場所は広小路の物販の裏側というか対角線上というか、その辺。そういえば有斗さんが気付いたんだけど、このクワガーモン、周りに1と0はあるけど2は無いみたいなんですよね。なんか意味あるのかなぁ。
次は「ミミのテンガロンハット投げ」
th_g2.jpg
ただの輪投げでしょ?余裕でしょ〜。結果:2/7成功。クソザコでした(2回目)。この輪っか厚紙製で投げにくい...。因みにデジカ勢の間では専らミミちゃん=20ダメージというのが定番となっているので、投げる時には「20点〜」と言いながら投げるとウケる?場所はベビーフレイム投げのとなり。
最後に「ゴマモンのマーチングフィッシーズ掬い」。
th_g3.jpg
th_g4.jpg
プールの中のマーチングフィッシーズを破れないポイで出来るだけ沢山掬うゲームです。ルールはまずカードを引いて、そこに書かれた色の魚を30秒間で沢山掬います。1度に1匹ずつです。これならいけるっしょ〜。結果4等。クソザコ(以下略)。因みに1等は30秒で25匹以上。よく考えたらなかなかハードル高くな〜い?
結局缶バッジ収集マンとなりました。
th_g5.jpg
いいんだ、楽しかったし、テントモン確保出来たし。

そういえば大江戸「温泉」物語って言ってるのに温泉の事をすっかり忘れてたのでこの辺で書いておきます。温泉は更衣室から出て広小路の左手側に入口があります。脱衣所入口でタオルを受け取りましょう。ここにもロッカーがあるので風呂場では鍵ダブル装備となります。いやまさかデジモン仲間と一緒に温泉に入る日が来るとは思ってなかったよマジで。適当に温泉につかったあとにはなんか露天風呂に溜まってました(全員ではないけど)。程よい暖かさの露天風呂でデジモントークに花を咲かせつつ知能指数がダダ下がります。温泉はいいぞ。ただちょっと思った。みんな結構長風呂なのね。私は割と中盤くらいで満足してのぼせ気味だった。あとヒラリさんがサウナと水風呂を行ったり来たりしてて「修行かな?」って感じだった。誘われて少しサウナに入ったけど、暑くてすぐ出ました。水風呂も足だけ入ってみたけど冷たくてすぐ出ました。ほら、僕子供だからさ。みんなより一足先に上がりました。風呂上がりのフルーツ牛乳をキメようとしたら、牛乳とコーヒー牛乳しかないやん!このやるせなさをどうしてくれよう!なお、脱衣所で待ってても着ぐるみショーや女子高生のリサイタルは始まりませんでした。それで全員上がってさぁ次どうしよう、と言う所で、「ヒラリさんがいない」。まだサウナタイムかな?

あとはスタンプラリーですね。スタンプラリーは台紙を物販コーナーで買います。コースは2つで「メイクーモンが迷子になった!?」と「丈のメガネを探せ!!」です。それぞれ貰えるものの柄が違います。まず台紙と一緒にちっちゃい巾着袋が貰えます。メイクーコースはデジモンのシルエット、丈コースは子供達のシルエットの柄です。この時点で「もうこれ貰ったし満足な気もする」とか言い出したりしてるぞ...。いやいやいや、これからでしょ!メイクーコースの方が人気で、丈コースを選んだのは私、有斗さん、コデレシさんの3人。折角なので一緒に回る事に。台紙にスタンプポイントの順番が書いてあるので、その順番で回ります。因みに、スタンプポイントは両コース同じ場所ですが、回る順番が異なります。ここでは丈コースの順番でご紹介。
あらすじ:丈が更衣室でメガネを紛失。アトラクションで高得点を狙えないのは困るので探す事に。
ポイント1:中村座
th_h1.jpg
左右にストーリーがあり、自分のコースの方を読んでいくようになっています。もう片方も読めますが、順番が違うので話がちぐはぐに。とりあえず読み上げようとしたら、なんか3人でパート分けして音読する流れに。ちょっと楽しい。登場人物も丁度3人でジャストフィット。
あらすじ:丈がタケル&パタモンに遭遇。眼鏡の無い丈に「誰?」な二人。眼鏡情報は無かったので、光子郎がいたという足湯へ。
th_h2.jpg
足湯に出るドアの手前にあります。最近定着しつつある私のテントモンの真似をかましながらまた3人で音読。コデレシさんの読み方が困ってる感出ててナイスだった事もあり、丈はコデレシさんで固定に。
あらすじ:結局眼鏡無かったから空がいたという八百八町へ。
th_h3.jpg
場所としては八百八町というか広小路との間にあります。やぐらに近い方の通路です。キャストは空:有斗、ピヨモン:私。ふと冷静になると、私の低い声で「空、あーんしてほしい!」とか言ってるのキモ過ぎでしょ。
あらすじ:かき氷を食べる空とピヨモン、丈がコンタクトに変えたと思った。眼鏡は無くて、太一が先にアトラクションをしてる事が判明。橋のそばへ。
th_h4.jpg
広小路の小さい橋の近く、先述の犬の置物のあたり、インペの裏側あたりです。有斗さんがアグモンをやってたんだけど、急に「わーい、当たったよアニキー」とか言い出して、それセイバーズのアグモンだから!アグモン、鼻の穴でっかくなったな〜。
あらすじ:先にアトラクションをしてたアグモン&太一。ほら、勉強で言う予習だよ、という太一に対し、お前普段予習しないだろ!と厳しい突っ込みの丈先輩。そしてゴマモンが眼鏡かけていたという情報を入手。2階へ。
th_h5.jpg
ゴールです。あれ、ここはストーリー無いの?と思った貴方、安心して下さい。最後だけは音声でストーリーを聞けます。
th_h6.jpg
このパネルの一番右側にボタンがあって、押すと音声によるストーリーが聞けます。ちょっと音小さめ。
あらすじ:ゴマモンが眼鏡をかけてた。他のデジモン達も「僕も眼鏡かけたい〜」。ちゃんちゃん。
アグモン、キミは丈の眼鏡しても目の所にレンズ来ないんじゃないのかい?
揃ったスタンプはこんな感じ。
th_h7.jpg
これを物販コーナーで見せれば、うちわが貰えます。
th_h8.jpg
先述の巾着袋と一緒に。このデジモンの絵柄の方が欲しかったのでこっちのコースにしたんですよ。そして裏面。
th_h9.jpg
これはさっきのパネルでタケルが持ってたやつですね。
今回私はメイクーモンコースはやってないのであまり内容はよく分かりませんが、順番としては「橋のそば」→「八百八町」→「足湯」→「中村座」→「2階」となるようです。2階以外は丁度丈コースと逆ですね。
th_h10.jpg
ゴールはこんな感じ。
th_h11.jpg
こっちのコースはメイコが持っているうちわが貰えます。裏側は子供達の絵です。
あー今更だけどメイクーコースもやっておくべきだったかなー...。最後のボイス聞いてないし。

さて、デジモンファンとしてやる事はだいたいやったのではないでしょうか。この後はみんなで飲もうってことで館内の居酒屋に行ってみた所、「(こいつらこの混み様を見て9人分の席が空いてるとでも思ってるのかよ)」という視線を店員に投げかけられたとの事で外で飲む事に。
退出時に清算になります。因みにこれから行く人のために参考までに値段を言っておくと、
入館料:〜3000円くらい(クーポンがあれば2000円くらい。ネット上のクーポン)
コラボメニュー:650〜1000円ちょい/1つ
ゲーム:500円×3種
スタンプラリー:500円/1コース
グッズ:〜16000円(浴衣がMAX)
くらい。
出口の自動ドアは2章のメインであるこのメンバー。
th_i1.jpg
躍動感ある「またきてね」(ちゃんと閉まってる時に写真撮れよ)。

温泉を後にして一行は無料バスで品川へ。有斗さんだけはチャリで来た、のでチャリで移動。レインボーブリッジを渡るそうで、頑張って下さい。一旦分かれたバスの中、ツイッターを見ていると衝撃の事実が発覚。
レインボーブリッジは夜間通行出来ない。
有斗さん品川に来るにはすごい遠回りしなきゃいけなくなりました。なんてこった。なので予定変更。新橋で飲む事に。どう移動すれば良いのか悩む有斗さんの元に最愛のパートナーであるハカセさんからツイッター上で道案内の情報が届く。さすが二人はドンナニハナレテイテモ最高のパートナーだね!

無事居酒屋に入って飲みの席。折角だからみんなでコラボメニューのポストカードを並べて写真を撮る事に。
th_i2.jpg
【悲報】有斗氏、ポストカードを温泉のロッカーに忘れる。
JOOOOOOOOOOOOO!!!昼間の「9人もいればすぐに全部揃うね」がこんな形のフラグになるなんて...。偶然にも劇中温泉に来れなかった丈が無いっていうね。写真ではスタンプラリーの台紙を代用。
そんな事もあったけど、お酒も入り楽しく喋ってあっという間に帰らなければならない時間に。終電を逃したらカラオケがあるから!とか言い出すけど、いや、帰るからね。

というわけで大江戸温泉物語旅行記でした。さっきも言ったけど、まさかデジモン仲間と温泉に行く日が来るなんて、夢にも思ってなかったよ。楽しすぎか。案外時間が足りないくらいのボリュームがあったので開館時間に集合でもよかったくらいですね。それにしても今回誘ってもらって本当に良かった。これ絶対誰かと一緒に行った方が楽しいよ。しぐーさん有難う。
今後のデジモンと何かのコラボにも期待ですね!


因みに足湯に入っていた時の会話から生まれたのがこちら。
レッドブル
こんな感じだよね?

デジモン交流会行ってきた

3月19日、池袋にて開催のデジ窓さん主催オフ会、オールデジモン交流会に行ってきました。

今回は様々なゲームにスポットを当てるという試みのもと、色々な大会が開催されるという事で、全部出てやるつもりで準備してきました。

まず午前中から同時開催のデジモンカードアルティメットバトル大会、デジモンカードα大会、デジモンストーリーサイバースルゥース大会に参加しました。全部に出るのはどうするのかと思ったいたら、まずアルティお願いしまーす、次αで、次サイスルお願い、あ、アルティ不戦勝になりました、次α、昼食を挟んでアルティ...みたいな感じで慌ただしかった。今回は2回負けたらその時点で敗退決定というルールでした。

まずアルティ大会。
今回用意したのは、色々なデジモンとロマンを詰め込んだ「ヒーローは突如颯爽と現れるデック」です。コンセプトとしては、究極体に普通に進化するのは面倒くさいから何とか色々して究極体を場に出そう、というものです。当初はウィッチモン+ブルーコメットで色々な援護デジモンが現れるデックを考えていたのですが、進化ルートを見て「これウィザー、ソーサリ、フレイウィザー達がルートが揃ってて使いやすいな...」という事に気付いてしまいウィッチモンがデックから消えました。次にブルーコメット3枚じゃ流石に少な過ぎて限界来るだろ、という事で他の手段も盛り込もうとして、援護入れ替えデュークが入り、サッと出せるゴリーパーとパラサイが入り、それらが負けた時に出せるよう大罪の門が入り、気付いたらまとまりない感じに。こうなったらもう色々入れちゃおう、という事で出来たのがこのデックとなりました。
まず基本としてはまず魔法使い3兄弟に進化し、全てはそこから始まります。ブルーコメットで援護持ちのロイヤルナイツや四大竜のチンロンやゼヴォウォグレ、メタガルが登場出来ます。援護入れ替えデュークも登場出来ます。ナイツが負けたらドゥフトが出せます。レベルⅣならゴリーパーも出せます。レベルⅢでなければパラサイが出せます。負けたら大罪の門で魔王を出せます。魔王デーモンからならアルカディ究極体も出せます。また、ゼヴォウォグレとメタガルでオメガモンに進化したり、ガブモンからインコネでライズ青オメガモンに進化したりも出来ます。オプションは主にムゲンマウンテンで基礎能力底上げ&金バナナでAを0にされないようにしてバトルに臨みます。あとは究極体のポテンシャルに任せてゴリ推す感じです。攻撃力700とかの究極体がポンと複数出てきたら流石に相手も対応しきれないんじゃないかなという希望的観測のもと、あとはその場の運と気分によって出れるやつから出て行く感じで場に色んなデジモンを展開して制圧するのが私の戦い方となります。頭悪そうでしょ。以前まだここまでちゃんと作ってなかった頃に八坂さんのDSデックにボコボコにされたこのデックの戦績やいかに。
初戦が確かMEデックが相手だったかな?相手の引きが悪かったようで勝てました。
その後αやサイスルやってたら大会運営より連絡「九頭見さん2回不戦勝です。」ファッ!?なんでそうなるんだ...。
次の戦いも相手の引きが悪かったようで、どんなデックかよく分からないまま勝ちました。その後教えてもらったらどうやらバンチョーレオ&スティングで相手の手札とスロットを吹き飛ばすデックだったようです。どちらも出てこなくて良かった。その後他の人とバトルしてるのを見てたら、その2体が場に出てて丸腰で相手をしなければならない状況は絶望しか感じませんでした。
これで予選終了。不戦勝2回のおかげもあり決勝に進んだようです。いいのかなぁ...。

次はα大会。
デックは以前バタースコッチさんに作ってもらったNspウィニーデックです。ウィニーとは速さと数で戦うデックらしいです。ほんとは力こそパワーな戦い方が好きなんだけど、いかんせんαに関して知識がないのでそのままこのデックを使ってます。α初心者の我が戦績はいかに。
初戦はJTデックが相手。いや、ロゼデックだったのかなぁ?ウィニーの基本に沿って、スピードと数で勝ちました。
次はDRデック相手。スピード10のルーチェモンに速さが追いつかず、さらにDRのパワーに押し潰されて負けました。
次はWGデック相手。物量はこちらが圧倒したのですが(最大11体くらい並んだ?)、スピードはこちらがやや劣り、パワーはこちらが劣っていました。いつものように速さと数で押し込もうとしますが、相手の場に出たグリフォモンが何かしらのオプションカードによって「グリフォモンを倒さなければ勝利は無い」という状況に陥り、手詰まりに。とっくに相手のライフは0よ!なのに勝てない。何なんだこれは...。我がデック最強のガオガモンじゃグリフォモンには歯が立たないよ...。チューモンで件のオプションを破壊出来れば勝てるらしいのですが、スピードがチューモンより速い相手デジモンにやられてしまいます。最後、除外されたデジモンを場に呼び戻すララモンの絵柄のカードでチューモンを呼び戻しオプションでスピードアップするも相手もスピードアップし玉砕。もう打つ手無しです。ここで相手が寿命に。本当なら寿命でグリフォモンも寿命で亡くなってこちらの勝利なのですが、デジタマの絵柄のオプションによりグリフォンが寿命でも場に残ってしまいます。もうダメだ...。と、ここで初めて知った事実が。寿命になったターンは場にデジモンを出せないそうです。...え?マジで?相手の場にはスピード5のグリフォモンのみ。こちらはさっきのターンでもう諦めで使ってしまいましたが、チューモンを2体場に出せました。仮にグリフォモンがすげースピードを上げたとしても、こちらのチューモンを1体倒すのがやっとだから、なんかデジモンを倒すオプションを相手が握っていなければもう1体のチューモンで勝てたのでは?やっちまったよ...。もう後はじわじわ殺されるのを待つだけでした。
ここで2回負けたので試合終了です。無知は無力だってはっきり分かんだね。まぁ1回勝てたから良かったです。
あとαやってる人達が、バトルでデジモンを倒す事を「焼く」って言ってるの怖ぇんだけど。

サイスル大会。
俺のチャプター13、コスト上限90、究極体未だなしパーティーの力を見せてやるぜ!(早くクリアしろよ。もうネクオダ出ちゃったよ...。)
やはりというか当たり前と言うか、みんな究極体でパーティーを組んでいます。圧倒的な戦力差の前に、我々はただただやられるのを待つだけだった...。と言いたい所ですが、初戦の相手はまだ進化したばかりのディアナモンをパーティーに組み込んでたりしていたようで、前回の大会よりはバトルしてる感があって良かったです。右側のバーが真っ赤じゃない!まぁ勝てるはずも無かったですけど。2回戦の相手はTri.究極体パーティー。もう勝てる気がしないよね。ただここで初めて知った事実が。私がパーティーに組み込んでいたエアロブイドラモンは先攻がとれる能力があったようです。そうだったのか知らなんだ。まぁだからといって勝てないけどね。対戦相手様のサービスによりTri.究極体全員を交代でだしてもらって拝めたので満足です。
あっという間に2回負けたのでここで試合終了です。勝ちを差し上げるマンと化しました。

お昼は近くの飲食店でラーメン食べながらTri.トークに花を咲かせました。小一時間くらいかけちゃって、帰ってきたらマキさんに「おせーよ!」って怒られました。アルティ大会で次に戦う予定だった鎧皇さん待たせてしまってごめんなさい。

さてここでインターバル。前日にツイッターで「誰かバトエンやろうよ!」って言っておいた事が功を奏し、げるもんさんがバトエンを持ってきてくれました。...と思ったらトラップ!私のはフロンティアのバトエン、げるさんのはアドベンチャー、というかそれ以前の?バトエン。見た感じこれルール違うぞ...。これじゃ戦えないよ。しかしフロンティアバトエンは1人1本あれば戦えるってことで、これで遊んでみる事に。げるさんのはルール覚えてないってさ。
th_IMG_4755.jpg
デジモンバトエン初体験。やったー!うん、何回かやれば満足かな。4本しか無いし。

ついでに対戦は出来ないけど、転がす系バトルホビー。
th_IMG_4759.jpg
私はいつでも対戦相手を募集しています。ていうか持っている人を探しています。

交流スペースにはおもちゃもいっぱい。
th_IMG_4764.jpg
おや、クロスウォーズのウンチがいませんね...。海外のデジメンタルから変形するサブマリモンに触れる事が出来て嬉しい。

さてそろそろ物事の順番を忘れてきました。

携帯機大会。今回も前回に引き続き育成の必要が無い手のかからない子、デジバトシリーズのパタモンで参加するぜ!カワイさんもパタモンでの参戦です。前回大会ではパタモンが謎のパワーを発揮しベスト8トーナメントまで生き残りましたが、今回はどうだ!?
...完敗でした。カワイさんとのパタモン対決にだけ勝って、他は「負けた(パタモンの声で)」。前回の究極体をなぎ倒す活躍は一体なんだったのだろう。
その後本大会の上位4名と去年大会の上位者によるグランドトーナメントが行われました。決勝はデジヴァイスのアグモンオメガモンVSガブモンオメガモン。テイマーはそらきちさんとしれねさん。二人ともデジモンガールだ。そして激戦を制したのはしれねさんのガブモンオメガモン!優勝者にはトロフィーと副賞の海外版デジタルモンスター携帯機が贈られました。いいなぁ。

今回はデジモンカードハイパーコロシアムバトル(普通のデジモンカードのバトル)大会は行われませんでしたが、先月行われた、これまでの上位入賞者によるグランドトーナメント大会の表彰が行われました。用事で観に行けなかったから、そういえば誰が優勝したのかよく知らなかった。優勝はどうやら八坂さんだったようです。

アルティ大会決勝。
相手は予選でも当たったバンチョーデック。予選ではバンチョーが出てきてくれなかったので助かりましたが、別の試合で2体のバンチョーが並んでいる所も目の当たりにしているので、怖かったです。
序盤はそんなに良い感じに手札が揃わず押されていました。そうこうしているとバンチョースティングが登場。究極体で進化条件は無視出来ないのに1ターンでレベルⅢから一気に進化して来るからビビります。そして特殊能力によりバトル開始時に手札が全てダークエリアに。手札なんか捨ててかかってこいよ!な怖いやつの登場に戦々恐々。こっちのデジモンが何だったか忘れたし、そのターン内だったか次ターンだったかも忘れたけど、確か強化Uで攻撃力を雑に強化して倒しました。多分相手のデックはバンチョーで何もさせなくして勝つデックで、攻撃力ガン上げするタイプじゃないと思うのでそれで助かりました。バンチョーレオが一緒に出てこなくて良かったです。そしたら今度はバンチョーレオが登場します。ほんと同時に来なくて良かった...。今度はスロットがダークエリア送りになるので手札で何とかしなければなりません。確かこっちのデジモンは援護交換デュークだったかな?相手は確か防御Cでこちらの攻撃力を0にしてきたので、手札に丁度いたパラサイモンを召喚して迎え撃ちました。パラサイの能力で、基本攻撃力0にされてもこっちは+2000くらいだ!どうだ!無事バンチョーを倒せました。その後か前か忘れましたが、別のデジモンボックスにはデ・リーパー ADR-06(通称ゴリーパー)を召喚しますがこちらも向こうも特に動きが無くずっと引き分け。場つなぎのために出しておいたらその後が続かず、じわじわ10ずつポイントが減って自分の首を少しずつ絞めていく事に。その後は相手の防御C内蔵レベルⅣが並びこちらは準備無しには進化が出来ない状態に。しかも想定外だったのは、大罪で魔王を出そうと思っていたパラサイがなんか知らないけど負けなくて、手札のダークエリア送りのデーモンがなかなか出せません。と、遂にパラサイが負けてデーモンを召喚。相手の能力持ちデジモン達もダークエリア送りだ!デジモンボックスの3に出せたのも良くて、アルティのルールでは後攻側のボックス1からバトルが始まるので、バトルの最初に相手のデジモンをみんなダークエリアに遅れます。デーモンの能力で勝てば更に10ポイント奪えるので前半に開いた点差も詰めていきます。最後、相手は残り30ポイント。こちらは残り10ポイント。デック無し。デジモンはボックス1ゴリーパー、ボックス2ソーサリ(だったかな?)、ボックス3デーモン。多分ゴリーパーは引き分けなのでこちらは確実にポイント0になります(いや、ゴリーパーで勝つ方法を考えろよ)。もうとりあえず他2体で勝つ方法を考えます。デーモンはとりあえず勝ちました。ソーサリはそのままだとすぐに負けますね...。そこで丁度最後に手札に回ってきたガンクゥモンをブルーコメットで出します。ポイント30以下でないと援護出来ないという、ポイント200のアルティだとなかなか使いにくい援護も最後に来てくれれば有難い。行け!勝ってくれガンクゥモン、究極体のパワーを見せてくれ!相手はもうこれを上回る攻撃力を出せなかったようで、勝てました。そしてゴリーパーは引き分け。これでこっちはポイント0だけど、相手のポイントも0にしたし、我が生涯、一辺の悔い無し!と思っていたら、なんとポイント計算はバトルした順に行うそうです。デーモンで10ポイント+能力で10ポイント、ガンクゥで10ポイントなのでゴリーパーの引き分けの計算を行う前に相手のポイントが0になり、その時点で勝敗が決定らしいです。という事は、俺勝ったのか。マジか。
優勝しちゃいました。まさか優勝出来るとは。まぁ不戦勝×2のお陰で決勝に進んだので、良いのかなぁ...という気持ちもありますが。実際戦った相手がたまたま相性が良かったというのも大きかったと思います。大会では対戦しなかったデリーパーデックとフリーバトルしたら余裕で負けたし。でもしかし折角優勝って言ってもらえるのなら有難く喜んでおきます。それに、今回ももちろん勝つ事を目指しはしましたが、それよりもこのアルティルールで色々な究極体を入れ替わり立ち替わりずらっと並べたいというのを実現出来たので楽しかったです。ナイツと魔王の共演とか出来たし。

ただ今回気になった事が一つ。あ、珍しく真面目な話でつまんないと思うからこの段落は読み飛ばしてもらって構わないです。私は旧デジカに関しては主にコレクターなので、カードファイルにしまう1枚だけを持っていれば、だぶったカードはトレードなどで手放してきました。なので私は勝ちを目指すデックを組める程強いカードを沢山持っていません。本当ならデックを組むのを諦めていましたが、本大会のルールとしてカードを印刷したもの(いわゆるプロキシ)の使用が認められているのでそれを使って大会に参加をしました。しかしバトル中やバトル後に「印刷だと見にくい」とか「コピー無しの相手と戦いたい」など、コピーの使用を快く思っていないような言葉を投げかけられたりしました。私としては、今現在生産が終了しているデジモンカードの実物を買った所でバンダイにお金は入らないし、ゲームとして楽しむ分にはコピーでもいいやと思ってコピーカードを使っていました。しかし実際に今現在入手が難しくなっているカードを手に入れてきちんと本物のカードだけでデックを組んでいる人からしたら「こいつ何の苦労もせず強いカード使いやがって」とか感じるかもしれません。実際カード勢は本物のカードでデックを組んでいる人が多く、「このカードをデックに入れたいけど2枚しか持ってないんですよ〜」とかの言葉を聞くたびに、多少なりとも負い目は感じてはいました。それに今までは私は所詮カードコレクターとして大会の上位に食い込むような事はほぼ無く、優勝なんてとんでもない、という状況でしたが、今回優勝してしまいました。という事もあり、コピーカードでの大会参加で相手が嫌な気持ちになったり、こっちも嫌な気持ちになるなら、もう大会に参加しない方が良いのかな、と思いました。という事で、これからもデックを考えたり、バトルを申し込まれたりすればバトルはしますが、大会には今後参加するのはやめようとおもいます。丁度今回の大会で有終の美も飾れたし、丁度良いんじゃないかな。

さて次は何だっけ?αの決勝か。すみません、よく見てなかったです...。誰が優勝したかも覚えてないや...。

サイスルの決勝。うぇるすさんVSげるもんさんだったかな?やっぱり究極体3体同士のバトルは迫力ありますね。カッコいい!!優勝はシャイングレイモンバーストモードの勇士を見せてくれたげるもんさんでした。

この辺で?QLさんが到着。そして...
th_IMG_4760.jpg
フロンティアのバトエン!!!私のと合わせて合計12本!バトエン第2ラウンドの開始だ!見てみると、ボルグモンの能力が「1ターンダメージ無効」だったり、スナイモンのシャドウシックルが「もう1回振る(その後参照するのは2段目の効果)」だったり結構バリエーション豊富で楽しげ。トイアグモン黒が「戦車に変形する」とか原作再現してるのも面白い。これは全部揃えたくなりますねぇ...。

QLさんのデジモンテイマーズかるたも拝見。絵を見て読み札が何か当てるゲームを一人でやって楽しみました。そこそこ大筋は当たったりした。それにしてもあのテレマガとかの幼児誌に載ってそうなへろへろの味わい深いイラストのカルタ、欲しいなぁ。

ヒーローは遅れてやって来る、ブルーフレアのキリハの服装でコデレシさんも到着。そして運命の出会い。
th_IMG_4763.jpg
アッー!
デジバトシリーズ初期ラインナップにして全てであるアグモンとパタモンのバトルが実現!接続してる様子を見てバンダイは何か思わなかったのか?アグモンが負けて「うわぁ...」に笑いがこみ上げる!こないだのワンフェスで沢山売っている所があったと聞いて無念です。欲しかった。

デジモンバトルエボリューション大会。やった事無いけど(正確には以前交流会で数回プレイした気がする)大会に参加するぜ!大会運営「名前と使用デジモンを」私「使用デジモン何がいるんですか?」そんな使用デジモンなんていわれても知らないよ〜。画面をキャラセレクト画面にしてもらって「テントモンおらんやん!!」悩みましたが、当時機械系のデジモン好きだったし、デジモン界のタイムボカンことセントガルゴモンにしました。トーナメント方式です。初戦は何と戦ったんだっけなぁ...。負ける気満々で挑んだら勝ちました。バーストショットって後ろにも当たるのか。ビギナーズラックの力を見せてやる!2回戦はガブモンが相手。この辺でジャイアントミサイルがまっすぐ飛ばない事に気付き始める。そしてなんか勝ちました。やったぜ!3回戦はスティングモン。1回は倒したものの、負けました。試合終了です。優勝はそのスティングモンでした。決勝はスティングモンVSテイルモンでした。スティングモンはこのゲームで1番格ゲーらしい動きが出来るキャラらしいです。テイルモンがステージ際でキャッツアイからの攻撃で相手を突き落とし、ゲージが溜まったらホリドラに進化してアポカリプスを喰らわせて相手を突き落とすを繰り返すコンボは面白かった。あれ落ちたらステージの端に戻されるのヒドくない?

その後デジモンオールスターランブル大会。チーム戦です。私はげるさんとチームを組み、テントモン&ドルルモンの「チーム櫻井」で挑みます。...待て、英語版じゃどっちも声櫻井さんじゃないやんけ!普段スティックよりも十字キーを好んで使っていた私の「これ移動はスティックなのか!」という凡ミスに始まり、ほぼ何も出来ず負けました。ごめんよげるさん...。これやって感じたのは、やっぱり操作が日本とちょっと感覚が違うんだな、という事です。さっきのバトエボはやった事無くても何となく戦えたけど、ランブルはなんかほぼ戦えなかった。

この辺でそろそろお片づけ。最後思い出したようにホモコマで軽くバトル。ノルマ達成。シュート時の落下爆撃はNGで。

楽しい時間はやっぱりあっという間に終わって、解散。今回大会数の割に運営側が人数少なくて大変そうでした。お疲れ様です。皆様の苦労があってこその今日の我が楽しみを有難く噛み締めたいと思います。

その後行きたい人達で夕飯。結構人数いたので分かれました。ハンバーグうめぇ。

さらにその後4人くらいでゲーセンへ。デジモンのクレーンゲームの様子を見に行きます。テントモンおらんやん!(2回目)やっぱり最近何度もぬいぐるみで出てるアグモンとかよりも、やっとぬいぐるみに登場したテントモンの方が人気なようです。それにしてもみんなクレーンゲームでよく取れるよなぁ。私は諦めたのでそこで試合終了です。2件目のゲーセンでテントモン(ラス1)を発見。コデレシさんがゲットしてました。

これで本当に解散。皆さんお疲れ様でした。


話は遡るが、交流会終了後。
しぐーさん「明日暇ですか?」
私「ハイ。」
しぐーさん「温泉行きませんか?」
私「ハイ!」
To Be Continued→

アグモン作ってみた

巷ではマインクラフトやビーストサーガジュウオウジャーなど、四角いモチーフのコンテンツが子供達に人気らしいし、乗るしかない、このタイダルウェーブに!
というわけでデジワーの四角いアグモンを作りました。
th_IMG_4741.jpg
作り方簡単。紙切って色塗ったら組み立てる、なるみちゃんもびっくり!マジビックリナンダケドー

元ネタはこれね。
th_IMG_4525.jpg
先日ニコ生で放送されたデジワー同窓会の一コマ。当時デジワーの広報活動用に作ったんだとか。...雑すぎない?
見比べるとちょっと顔が縦長過ぎましたね...。

さてもうすぐデジモンワールドネクストオーダー発売だし、このアグモン君と一緒に楽しみに待つ事にします。え?サイスル?まだチャプター13だけど...。
みんなも作ってみよう!

デジアドtri.第2章観てきた

まず始めに、前半は映画の内容には触れず、後半はネタバレ有りの感想を軽くしますのでご了承下さい。

第1章では用事があって公開初日に行けませんでしたが、今回は初日に観に行けて良かったです。

さて、まずは映画の内容に触れない事に関しての記事です。

今回のリュック。
th_IMG_4728.jpg
増えたテントモン+同人グッズのメイクーモン(映画に合わせてメイクーも織り交ぜるファンの鑑)。ただ鞄にこういうの付けて外歩くの正直恥ずかしくて、リュック手にさげてあまり目立たないようにして歩いてしまいました。

新宿で一緒に観る皆さんと合流です。誘ってくれたげるもんさん有難う。そこからバルト9に向かって映画を観にいくわけですが、ポップコーン折角だし欲しいな。と思ってたらポップコーン並んでるわ時間が危ないわでそわそわしながら並んでました。で、買ったのがこちら。
th_IMG_4729.jpg
紙製の箱にキャラクターが印刷されてるだけで1300円のポップコーンセット買っちゃうからちょろい。飲み物は2章のキービジュアルに合わせて緑色のメロンソーダにしたよ!
th_IMG_4731.jpg
後ろはモンスター組。ミニクリアファイルも貰えます。ポップコーンの袋が紙じゃなくてビニールだったからきれいに洗えば一応とっておけるかな?この紙製の受け皿はお部屋に置いて小物入れたりなんなりに使えそうですね。

ポップコーン買ってたら時間過ぎてしまいましたが、劇場に入ったらまだ宣伝タイムでした。カメラ男も見れたし、間に合いました。

映画始まったらポップコーン食べる音を立てないように気にしちゃって終わっても食べきれなかった。
映画終わって右側を見たら我々一行のすぐ隣にきんぞくさんがいてびっくり。世界は狭いな。

その後7階のデジモン特設スペースへ。
th_IMG_4734.jpg
以前テントモンが無くて買ってなかったスケッチブックとミニタオルと巾着。デジモンが印刷されてるだけで買っちゃうからちょろい。そういえばバルト9の物販はすごい並んでたらしいけど、3週目までやってるのかなぁ。やってるんだったら後で様子観に行きたいけど。

その後安定のサイゼリアへ。
今回のメンバー紹介。
th_IMG_4727.jpg
どれが誰だか分かるかな?それにしてもろっくうらさんのアメリカのX3欲し過ぎるだろ...。
先行上映の後に直帰しちゃって全然話せなかったから、内容に関して話が出来て良かったです。私自身はあまり考察とかしないんで他の人の考察とか聞けて面白かったです。

ここでげるさんに買ってきてもらったパンフを受け取り。
th_IMG_4733.jpg
今回のパンフは結構見応えあって良いですよ。ついでに入場特典のクリアのしおり。アグモン&太一でした。因みに5人で行ってアグ2パル3でした。それにしてもこの縦長のドットアレンジのデジモン達は魅力が無いなぁ(個人の感想です)。

アグモンポーチも持っていきました。
th_IMG_4735.jpg
中身はおもちゃが詰まっていますが、モンスーノを持ち運ぶろっくうらさんもいるしオッケーでしょ。ろっくうらさんはビーサガとバチ魂持ってたし。

楽しい時間はあっという間に過ぎたので解散です。今日一緒に映画観に行った皆さん、有難うございました。

さてここから先は映画の内容に触れます。ネタバレが嫌な人はここで読むのをおやめください。

























映画の内容ですが、まぁ良かったと思います。早く続きが見たい程度に楽しみに感じるし、先行上映を観てまた公開時に観たいと思う程には良かったと思います。作画のレベルがどうこうという話もよく耳にしますが、私はそもそもこの作品の画風が好みではないのであまり気になりませんでした。デジモン同士のバトルシーンも一瞬一瞬を切り取ると格好良いシーンが多々あり、良かったと思います。動きも全くぬるぬる動くわけではありませんが、アニメ的な迫力やケレン味はそれなりにあるんじゃないかと思います。最高!とは思いませんがこれはこれで良いんじゃないかな。
メイクーモンは1章で感じてた数倍も可愛いキャラになってて、割と気に入りました。他のデジモンをせんぱいって呼ぶメイクーモン可愛い。インペは格好良かったし、ファイターモードのギガデスなんか何回も観たい感じの格好良さじゃないかな。
終わり方も次が気になる終わり方で、続き物としては良い終わり方だと思います。
最後のキービジュアルではヘラクルの姿が確認出来たので、次回も楽しみです。

さて、これは好みの問題かもしれませんが、ストーリーというか内容と言うかがあまり良いと思えませんでした。結構みんなストーリーは良かったって言うから言い出せなかったけど。まず温泉パートや文化祭パートがなんか深夜アニメのノリ(あくまで私がイメージする深夜アニメ)みたいな感じで好感が持てませんでした。変にどこかに媚びたようなシーンや、狙ってるようなギャグシーンは冷めます。現在のデジモンのメインターゲット層を考えると当然と言えば当然なのですが、私はあくまでアニメに関してはキッズ向けの雰囲気が好きなのかもしれません。
他にも、今回はミミと丈にスポットを当てた物語になっていますが、二人の覚醒がいまいち素直に受け入れられないんですよね。ミミみたいな協調性の無いやつは日本には合わないけど、それを結局解決出来てない気がするんですよ。結局やりたい事をやっただけで自己中は自己中のままだし。丈に関してもいまいち気持ちの整理がついたきっかけがどこだったのかよく分からないし、結局二人とも問題が解決していないような気がしたんですよね。
あとヴァイクモンの進化シーンはもっとメリハリのあるバンクにして欲しかった。それとトゲモンの進化バンク2回も流さなくていいから。ていうかパル、ゴマ、メイクー以外ほぼ活躍してなくて残念だった。尺的に難しいのかもしれないけど。
最後EDがイラスト1枚だけってお前。しかも4人だけって何考えてそうしたの?

他にも色々細かい感想は尽きませんが、とりあえず主な感想はこんな感じでしょうか。
なんか否定的な部分が多くなってしまいましたが、別に映画が悪かったわけではないのであしからず。次も公開日に観に行くよ。楽しみにしてます。だからげるさん、また誘ってね!(チラッ)

超進化エンジェモン買ってみた

最近土曜日に出かける事が多くてなかなか記事更新が進まず何とかしたい今日この頃。

それはそうと本日紹介するのは超進化シリーズのエンジェモン。
th_IMG_4691.jpg
小さな頃から気になっていたこのアイテムをゲット出来たので紹介します。
パッケージのエンジェモンのイラストもOPの「きっと飛べるさ」の部分みたいな感じで良い感じ。但し裏面でデータ属、ワクチン属っていう素人みたいな誤植してるのは許さないぞ。

中身はパタモンと折り畳まれたホーリーロッド。
th_IMG_4693.jpg
パタモンは頭頂部から金髪がチラリしてる以外はパタモンしてます。裏面は見えないからへーきへーき。ただ顔の造形がアニメのパタモンに似ているかどうかは別問題です。

早速超進化。
th_IMG_4694.jpg
クリオネも真っ青のパタモンの捕食進化シーン。
そういえばアニメでは成長期から成熟期への進化はただの進化だけどおもちゃでは超進化なのね。そんな事どうでもいいけど。

th_IMG_4695.jpg
エンジェモン!
結構格好良いんじゃないでしょうか。羽も思ってたより良い感じです。変形の都合上膝がグニャグニャ曲がるので立たせづらかったりするので足を揃えてスクッと立つのが難しいような気がします。足を開けば安定感はアップします。個人的にエンジェモンは公式絵のスッと立ってるのが好きなんだけど、まぁエンジェモンの戦い方って意外とファイターだから足開いてた方が似合ってるのかもね。肩がボールジョイントだけど左右に広げられないので結構格好良いポーズが難しいです。ホーリーロッドのヒンジ部分を拳の中に入れて隠してしまうのはなるほどなと思いました。前垂れは変形時邪魔にならないように小さめ&軟質素材。首は動くけど髪の毛が干渉しているので動かないとほぼ同じですね。

変形は思った程難しくなく、折り畳まれたエンジェモンもパタモンの中では意外と空間に余裕があるように感じます。

th_IMG_4696.jpg
貴様、見ているな!

ホーリーロッドはパタモンの時には余剰ですが、頑張ればパタモンの中に収納が
th_IMG_4697.jpg
出来ないか。一応この状態でも四本足で立てるしスカスカ抜ける事もないけど、ちょっとね...。エンジェモン状態で飾っとくのが良いのかな。

そのへんにいたパタモンと。
th_IMG_4698.jpg
左からデジモン大集合、デジバトシリーズ、超進化シリーズ。指人形が一番可愛いな。

個人的評価
・超進化シリーズお得意大胆変形 +70点
・変形の難易度 +40点
・エンジェモン状態のバランスの良さ +70点
・ホーリーロッドのヒンジの隠し方 +30点
・格好良いポージングが難しい ー20点
・前垂れの短さ ー10点
・パタモンの可愛く無さ ー20点
・パッケージ裏の誤植 ー10点
合計 160点

おすすめです。文句はあるものの、超変形を楽しむおもちゃである事を考えると大きな減点ではないと思います。変なプレ値でなければ買いですね。

これで我が家のアドベンチャー超進化シリーズはアトラー、ガルダ、ウォグレに続き4体目です。ここまで来ると他のも欲しくなっちゃって良くないね!(全然良くないと思ってない)
プロフィール

ノミジッド

Author:ノミジッド
デジモンファンをやっています。
ボンボン派。

カテゴリ
Twitter
最新記事
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR