FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニーランド行ってきた

昨日、友人に誘われてディズニーランドに行ってきました。

朝7時半集合って早ぇなとか思ったけど、開場が8時からって早いんですね。

私はディズニー行くのは10年ぶりくらいでしょうか。

今回は誘ってくれた友人の、友人が集まったため、5人中2人は初めましてでした(初めましては3人だと思ってたのですが、そのうち1人は実は以前会った事がありました。思い切り「初めまして」って言っちゃったよ...)。まぁ友達の友達は友達って言うし。

しょっぱなスプラッシュマウンテンに乗りました。ジェットコースターみたいなアトラクションも多分10年ぶりくらいで、しかも落ちる系は苦手なのでなかなか怖かったです。痛みは一瞬ですが。
その後カリブの海賊、ビッグサンダーマウンテン、ゴーカート、スターウォーズのやつ、スペースマウンテン、モンスターズインクのやつ、カートゥーンのやつ、ホーンテッドマンション、イッツアスモールワールドに乗りました。スペースマウンテンは乗った事無かったので乗れて良かったです。面白かったし。ビッグサンダーとスターウォーズは2回ずつ乗りました。カートゥーンのやつは表現方法が面白いですね。本当に漫画の世界に入っていくようでした。また乗りたいものです。そしてイッツアスモールワールドの安心感&安定感。ディズニーに来たな、って感じがします。
閉園時間10時までいました。12時間もいたのかスゲェな。

途中ミッキー型アイス買い食いして、4時頃にディナー(昼食なのか夕飯なのか...)。ビュッフェ形式のお店で、とても美味しくて食べ過ぎました。デザートもっと食べたかった...。

で、お土産買いました。
th_IMG_3282.jpg
お子様が持っていたこのアイテム、気にはなっていましたが折角お土産屋に寄ったし、買っちゃいました。
こちら、光って回るおもちゃです。モーターとギヤとLEDが使われていて、カラーリングによる申し訳程度のミッキー要素で2000円は正直高いと思いますが、まぁ旅先のテンションで買っちゃいました。
本体横のスイッチを押すと光って回ります。
th_IMG_3285.jpg
中心部分の軸で回転し、更に光るプロペラがアームの先端で回ります。
LEDはビニル製のプロペラ内に仕込まれています。
th_IMG_3283.jpg
結構眩しくて、ずっと見てると「目が、目がぁぁぁ!」ってなります。
因みに単三電池3本も使います。まぁ電池別売りじゃない辺りは流石ですよね。買ってすぐ遊べます。

写真は無加工です。
th_IMG_3288.jpg

このアイテムはそのうち分解されて何かの生け贄になるかもしれない。

というわけで、ディズニーランド行っておもちゃ買ってきました(それが目的みたいな言い方じゃないか)。
いや、非常に楽しかったですよ。熱烈なファンが大勢いるのも頷けます。また、一流のエンターテインメントに触れて良い経験にもなりました。

誘ってくれて有難う、そして一緒に行った皆さんも有難う。
スポンサーサイト

ブレイブビーツを観よう

今回は本ブログ初のアニメの紹介です。

この10月というのは半期が終わりアニメもそこで切り替わる事のある時期です。このアニメもこの10月から始まった新番組です。時間帯は毎週日曜朝7時から。あのダンスアニメ「トライブクルクル」の後番組であり、ニンニンジャーの前の時間帯です。

その名も「ブレイブビーツ」!!!
IMG_3249.jpg
僭越ながらさっき描いてみました。

こちら、トライブクルクルのようなダンスをモチーフとしたアニメとなっています。しかし「トラクルの二番煎じみたいな作品なんでしょ?」と侮る事なかれ。トラクルはダンスをしてオーディエンスをより盛り上げた方が勝ちのダンスバトルが主軸であり、純粋にダンスのアニメでした。しかしこのブレイブビートは違う、まずダンスバトル(物理)が繰り広げられるのだ!!!
初回のネタばれって程じゃないけど、まずムーンウォークで運動場を疾走して竜巻を起こすとかするわけですよ。もう最高でしょ。
まぁその辺のネタはネタとして、メインストーリーは王道を行きます。宇宙から来たブレイキンが主人公の響(ひびき)と合体してフラッシュビートに変身、地球に散らばったダンストーンを集めるというもの。ダンストーンは一般人が取り付かれると暴走してしまうため、それを阻止すべく(本当はダンスストーンを集めるためではあるけど)フラッシュビートが活躍します。
主人公のキャラもよくあるホビーアニメの主人公って感じで好印象。ブレイキンは可愛い見た目ではあるけど声は大人でギャップ萌えってやつ?ヒロインも可愛い。このヒロイン琴音ちゃんも来週には新キャラ「アドリーヌ」と合体して変身するようです。

このアニメ、スタッフが勇者シリーズのような王道子供向けアニメを意識して作っているとのことで、とても安心して観れる感じがとても良いです。惜しむらくはホビーアニメではない事でしょうか。そのうちブレイキンのおもちゃとか出るかなぁ?ゲームは出せそうだけどおもちゃ要素あんまないからなぁ...。

因みに前番組トラクルみたいに癖のある作画じゃないので見始めやすいと思います。

来週第3話目だから、今ならまだ余裕で追いつけますよ。ということでみんな、
ブレイブビーツを観よう!!!

公式サイトはこちら


メダコロバトル買ってみた

本日紹介するおもちゃはコチラ。
th_IMG_3212.jpg
仰天人間バトシーラー「メダコロバトル」ガッツパーティーセットです。

みなさんバトシーラーはご存知でしょうか?私はよく知りません。知らない子はママにきいてみよう!(答えが返ってくるわけではない)なんかチョコ付きのシールが展開されていたとか。それの玩具展開商品がこれらしいです。

パッケージはブリスター形式。最近のブリスターは下の方に出っ張りがあって、ぶら下げなくても自立するものが増えていますが、この頃の商品にはそのような気遣いは無かったようです。因みに多分2001年の商品。
台紙。
th_IMG_3213.jpg
テレビでやってたらしい。今で言うとバディファイトの時間。
th_IMG_3214.jpg
何となく時代を感じる。

内容物。
th_IMG_3216.jpg
シューターとメダル、メダルに貼るシールです。シューターは掌の形をしています。

メダルには自分でシールを貼ります。
th_IMG_3217.jpg
すごい時代を感じる。デジモンファン的にはグレートドンが良い感じじゃないですか、消去法的に。ベルトもしてるし。オカマ枠もあるようだ。

シューターの使い方。
th_IMG_3218.jpg
シューターもメダルも青いから分かり辛いけど、シューターの指の下にメダルがある状態で手の甲のトリガーを引いて、手を離すとバネの力でメダルが弾かれます。そこそこ強めのバネが入っているので結構滑ります。トリガーが後述のギミックのために別パーツなのですが、取れやすくて遊び辛くなってしまってます。

このシューターをつかっておはじきバトルをするわけです。
th_IMG_3222.jpg
フィールドからリーダーメダルを弾き出されたら負け。メダルにはそれぞれHPが書かれていて、1番高いのがリーダーとなります。この遊びではリーダー以外の数値は使わないようです(リーダーに関しても別に数値を使うわけではありませんが)。

さてこのシューター、メダルをシュートする以外にもう一つギミックがあります。それがこちら。
th_IMG_3219.jpg
立方体に変形します。霊柩車を見かけた時みたいな感じで折り畳みます。トリガーは取り外して親指に取り付けて畳みます。6面全部にダボがあり、ここにメダルをはめ込みます。
th_IMG_3220.jpg
はい、サイコロの完成です。この状態ではサイコロバトルが出来ます。
th_IMG_3223.jpg
HPが大きい方が勝ちです。単純明快過ぎるだろ。説明書にはカウンターが印刷されていて、これを切り取ってライフポイントにして遊びます。
サイコロのメダルを付け替えて最強のサイコロを作ろう!そのためにはブースターを買わなきゃ。
因みに斜めに立つとスペシャル攻撃で、6面全てのHPを足した値となります。最強ですね(この立ち方ムリだろ...)。

個人的評価
・シューターの造形 +10点
・シューターの変形ギミック +20点
・時代を感じるイラスト +10点
・単純なルール ー40点
合計 0点

なんか単純に遊びとしてあまり面白くないと思います。実際遊んでみたら印象も変わるかもしれないので、対戦相手を募集しています(スターター1個じゃバトル出来ないし)。

超進化アトラーカブテリモン買ってみた

以前中古で買ったアイテムをご紹介。

超進化シリーズのアトラーカブテリモンです。
th_IMG_3201.jpg
超進化シリーズは、玩具化の事を全くと言っていい程考えていない進化前と進化後のデジモンを変形で再現しようという素晴らしいおもちゃシリーズです。この魂は後に仮面ライダーディケイドのファイナルフォームライドのおもちゃに受け継がれたと思っています。

さて中身はカブテリモン状態でパッケージされており、羽だけばらされた状態です。
th_IMG_3202.jpg

そこから羽を取り付けて角を起こせばカブテリモン形態になります。
th_IMG_3203.jpg
可動は色々動くけどポージングは微妙って感じ。顎が動くのはGOOD。変形の都合か、二次元の嘘か、はたまた立体の解釈の個人差か、頭が妙につぶれた造形なのが残念です。

後ろから。
th_IMG_3204.jpg
このシリーズ共通ですが、見てはいけません。ただアトラーのパーツがごちゃっと後ろに回っているように見えて、実は結構かっちりまとまっていて変形の心地よさがあります。

さてここから前後向きを変えて色々パーツを動かす事によって、アトラーカブテリモンに変形します。
th_IMG_3205.jpg
スタジオハーフアイさんのゴーダンナーも真っ青、青いボディーが赤いボディーに完全変形です。手首足首だけが青い事を活かした変形方法も良く出来ています。こちらも顎が可動します。変形の都合上短くなってしまった角がちょっと惜しいけど、ヒンジの位置や造形での努力が見て取れます。足はカブテリの足に赤いカバーをかぶせるような変形ですが、膝を曲げる事が出来ます。

そして問題の後ろ姿ですが...。
th_IMG_3206.jpg
素晴らしい!!どう見ても完璧にアトラーです。カブテリの余分なパーツが上手く甲羅の中に隠されています。

個人的評価
・青いカブテリから赤いアトラーへの華麗な変形 +150点
・アトラーの完璧な後ろ姿 +100点
・頭部の造形 ー30点
・アトラーの角の短さ ー20点
合計 200点

超進化シリーズの中でも特に出来が良い方だと思います。非常にオススメです。もしおもちゃ屋さん等で出会ったら、買ってみてはいかがでしょうか?

人狼オフ行ってきた

昨日、ケーイチさん主催のデジモンクラスタ人狼オフ会に行ってきました。

御徒町のカラオケボックスにて開催。
CQ7dnqAUAAABooX.jpg
人狼オフってことでワーガルルモン(ワーウルフ=人狼)連れて行った。このオフをワーガルルモンオフという人も何人かいるようですが、私はケルベロモンジンロウモードオフを推します(ジンロウモードの話題は出ませんでした)。

デジモンファンで人狼をやるってことで、最近(というか以前から)デジモンファンはデジモン一本じゃやっていけないことが伺えます。まぁ普段やらない事をやるきっかけになって良いんですけどね。

人狼のルールは各自調べて下さい。私も初めてやったので一応一連の流れは分かったレベルなので。
ざっくり言うと、参加者は「市民」となり、その中に市民を装った「人狼」がいます。村では市民が毎晩一人ずつ人狼に殺されていき、市民は人狼を村から消し去るために疑わしい市民を毎日村から追放します。無事人狼を消す事が出来れば市民の勝利、人狼が市民と同じ人数だけ生き残っていれば人狼の勝利となります。
私もこんな感じの説明を受けたのですが、やっぱり実際にやってみないと分かりにくいですね。

要するに「疑わしきは罪」な状況の中、自身の推理力と説得力、または相手を騙す話術とポーカーフェイスが鍵となる、頭を使うゲームなわけです。普段からトークが得意ではなく、頭も使っていない私にとっては非常に難しいゲームでした。

しかしだからといってつまらなかったわけではないです。周囲の様子に気を配ったり、周囲の話に耳を傾け状況を把握したり、今ある情報から様々な可能性を想定し推理したり、パズルのような感覚もありました。こういう頭を使う事って定期的にやっていきたいものです。

会の内容としては、習熟者がいるわけでもなく、しかし経験者はいて、私のような完全な初心者がいて、しっかりと推理する人、場をかき乱す人、黙りがちな人、顔に出る人など色々なタイプの人がいて、割と程よく楽しくゲームが出来ていたのではないかと思います。人数は9人で、これが少ないのかどうかはまだいまいち分かりませんでしたが、前回の練習会が4人だったと言う話を聞くと人数もそれなりにいて良かったと思います。

ゲームの方はとりあえずルールを把握して、ゲームに参加するので精一杯でしたね。次やる時にはもう少しゲームプレイヤーとして参加する姿勢を見せたいですね。

個人的に一番記憶に残るのは最後のゲームで、私と有頂さんが人狼になりました。私は初めての人狼役だったので内心焦りましたが、有頂さんは私よりもトーク力があるのでとりあえずそちらはそちらに任せて、私はこれまでと同じようにあまり動かずひっそりしていようと思いました。しかし開始早々観察力がすごいぽよさんが「有頂さんが怪しい」と言い出して、その余りに確信めいたものがあるもの言いに場もそんな空気に。もう私のトーク力では覆すのは無理だと諦めてしまいました。追放者の投票の時にいつものように人数が多いところに乗っかったのもマズかったようで、私もばっちり疑われる事に。最初の追放者と人狼の被害者で予言者とボディーガードが消えたもののもはや人狼が有頂さんと私という空気は覆せず、二人とも大人しく追放されて負けてしまいました。人狼になるとこんなに辛いとは思わなかった。

今回は市民、予言者、ボディーガード、人狼と、今回のゲームで使用した役は一通り経験出来たので、次やる時にこの経験を活かせれば、と思います。

というわけで人狼オフでした。またやる時は参加したいですね。

なぜかハッピーセットのコマが2つ揃ったので目が合った矛さんと1戦交えました。
その後は秋葉原チェルモさんで旧デジカ非公式大会があったのですが、デック作ってない上に人狼オフに気を取られてカード忘れたのでチェルモ行かない組についていきました。来月こそは参加するから...。

そうそう、ついでに言っておくと、ツイッターで言ってたデジモンおもちゃオフはやるとしたら12月か2月かなぁ。

デジコレ!2買ってみた

デジモンのコレクションフィギュア「デジコレ!2」買いました。デジモンコレクターズプレイヤーとしては当然だね(無関係)。

th_IMG_3164.jpg
2個しか買わなかったけど。箱買い?いやちょっと金銭的にね...。

狙うデジモンはもちろん、テントモンです。プロフィール画像見てもらえればお分かりかと思いますが、テントモンファンです(ついでに言うとウィッチモンファンです。プロフィール画像の帽子がそれ)。

で、当たったのがこちら。
th_IMG_3165.jpg
やったぜ!テントモンゲットです。恐らく他のより重たそうだったので、重たい方だと思った2個を買った結果です。テントモンの顔の黒いラインがちょっと長い気もしますが、概ねいい出来だと思います。本体が艶消しで目だけ光沢塗装なのもGOOD。塗りが甘いけど500円くらいじゃこの程度なのかな。クリアーの羽根も綺麗ね。テイルモンは口の中黒だけど、紅色とかの方が良かったのでは?こちらも塗装のクオリティが甘い。造形に関しては2体とも良く出来ています。

たまたま家に両方ともGEMがあるので比較。
th_IMG_3166.jpg
テントモンはGEMと比べると体は同じくらいのサイズですが頭が小さめですね。目の色がデジコレの方が濃い緑で、私はこっちの方が好みです。テイルモンは大体同じくらいのサイズです。色がデジコレの方が真っ白って感じ。個人的にGEMの方が可愛くて好み。

とりあえず両方ともいい出来ですね。アニメファンにもモンスターファンにもオススメです。...他のデジモンも欲しくなるなこれは。

え、「デジコレ!1」?買ってません(小声)。

騎刃王買ってみた

休みに出かけてばっかりでおもちゃの紹介が出来てなかったのでここらで一つ。

あのクラッシュギアを彷彿とさせるぶつかり系バトルおもちゃ、その名も「騎刃王」!
th_IMG_2962.jpg
番号的に最初に出た奴であろう「龍王牙」。

箱の中身。
th_IMG_2963.jpg
ほぼ組み立て済みで、シールを貼って各ユニットを合体させれば完成です。単三乾電池は別売りなので事前に用意しましょう。

出来上がったものがこちら。
th_IMG_2964.jpg
2本の刀を模したボディーがなかなかイカします。金色の龍の頭は塗装されています。
後輪が結構前の方に配置されていてバランス悪そうですが、これは恐らくノンフォールギミックのためかと思います。ノンフォールっていうのは字の通り、落ちないギミックです。机の端まで行ったら方向転換する車のおもちゃがあるでしょう、アレです。この時前方が重たいと後輪が浮いてしまいそのまま落っこちてしまうので、重心が後ろの方に設定されているのでしょう。
また、このギミックのお陰で、クラッシュギア等で必要不可欠だったフィールドが不要となります。机があればそこがバトルフィールド。ボンボンなどの雑誌を何冊か敷くだけでもフィールドになります。机の端まで行くと勝手に方向転換し、相手にぶつかりにいくという寸法です。(実際はなかなか相手と出会わないとの噂も)

そんな騎刃王の攻撃方法がこちら。
th_IMG_2965.jpg
...手ぶれで分かり辛いのですが、ボディ前方に付いたディスク状の武器が回転します。これがなかなか結構な勢いで回って、ぶつかると普通に痛いです。これで相手を倒すわけですね。

他のマシンがあればユニットを交換して自分だけのマシンが作れます。ギアボックスは分解しちゃ駄目だぞ!

個人的評価
・ボディデザイン +50点
・組み立てやすさ +20点
・組み立てる楽しさが無い ー50点
・クラッシュギアとの差別化 +40点
合計 60点

思ったより良い評価。マイナス点があまり見当たらないのですが、流行らなかった理由ってなんでしょうね...。そこまで分からないのが私の未熟なところですね。

これは置いとくだけでも割と良い感じでオススメです。そして私は対戦相手を募集しています。
プロフィール

ノミジッド

Author:ノミジッド
デジモンファンをやっています。
ボンボン派。

カテゴリ
Twitter
最新記事
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。