FC2ブログ

TOWER RECORDS CAFE行ってきた

タワレコカフェ表参道店でデジアドコラボしてるっつーんで行ってきました。
いざ行かん、アウェーたる原宿へ!!!

IMG_2161.jpg
どこかなーと探していたら、2階部分でした。店の前で友達と待ち合わせたものの、時間になっても来ない...。このアウェーの地でひとりぼっちは心細いぜ!

そのうち店員らしき人が出てきて店の前で待機するように指示され、そのまま待機。気合い入れて開店の30分前に来たものの、僕の他に2人組がいるくらい。そのうち数組増えましたが。

開店時間ぴったりくらいに同行者全員が揃い入店。

IMG_2174.jpg
一階の階段入り口にアグモン。

IMG_2187.jpg
店の入り口もデジモン一色。この入ってすぐの所によくある自由に描いていいノートがあったそうなんですが、店を出るまで気付かなかったので注意です。

IMG_2173.jpg
入って正面の壁にはカラフルなデジモンたち。

IMG_2163.jpg
IMG_2162.jpg
ソファーの背中側の壁には設定画の布ポスターみたいなもの。

IMG_2172.jpg
物販コーナーの裏には子供達のシルエット。

IMG_2183.jpg
反対側の壁には一面にデジモンたち。スクリーンには新しい映画などのPVが延々流れてました(音無し)。それとは別に店内には主題歌や挿入歌がずっと流れてました。

IMG_2181.jpg
今回のコラボイラストが大きくて見やすい。

IMG_2188.jpg
厨房の上も装飾されてました。

IMG_2168.jpg
さて僕が注文したのはこちら。テイルモンのホーリーリングベーグルサンドと光子郎とテントモンのザクロソーダ。アドベンチャーの中だとテントモンがお気に入りなのでドリンクは確定なんですが、期間中前後半でメニュー入れ替わりがあるせいでフードメニューは特にテントモン要素なし。美味しかったけどね。

IMG_2179.jpg
友達が頼んだメニュー。フードメニューからガブモンのトンガリハンバーガーとアグモンのミートシチュー。この二つは期間中ずっと注文できます。とんがりコーンの刺さったハンバーガーはみんなで分けたんですが、トマトのさっぱり感も相まってなかなか美味しかったです。

IMG_2180.jpg
デザートメニューよりパルモン&ピヨモンのケーキプレート。一口もらったけど甘くて美味しかった。写り込んでるドリンクはタケルとパタモンのマンゴージュース。
そういえば行った時に機材の不調とかでデジモンアドベンチャー20周年コラボラテが注文できない状態で残念な感じでした。もう直ったんだろうか。

IMG_2182.jpg
デジモンアドベンチャー20th × タワーレコード スペシャルコラボドリンク。まぁメロンソーダですね。旗がついてるよ!

さて皆さん薄々感づいているかもしれませんが、
IMG_2185.jpg
客少なっ!!!
これ別に朝イチで来なくても大丈夫だったじゃん。その割に時間制限付きの完全入れ替え制のうえオーダーは最初の一回限りだったようなんだけど、ここの経営大丈夫なのか...?

IMG_2193.jpg
特典で紙がもらえます。右側が入店特典。左側はポストカードで、フード、デザート、ドリンクの組み合わせ1つごとに1枚もらえる。同行者たちがいいっていうので頂きました。このポストカードも前後半で絵柄が変わるのでテントモンおらず。

IMG_2191.jpg
IMG_2192.jpg
せっかくなので何か買おうと思って、クリアファイルだけ買いました。カラフルでポップな見た目。
そういえば今回はデジモンにフューチャーしてて子供達はいないんだな。

カフェを堪能した我々は、その後池袋へと向かった。

IMG_2184.jpg
GraffArt Shopでもデジモンのコラボ商品が売ってるとの情報を得たのでせっかくなんで行ってみました。

IMG_2175.jpg
入り口の黒板がかわいい。

IMG_2194.jpg
GraffArt Shopでは以前にもコラボでグッズを出していたようで、これはその時の商品の残りかな?絵柄が可愛かったのでブラインドですが1個買ってみました。かわいい。

その他いろんなキャラクターが可愛い絵柄で描かれたグッズがいっぱいあってなかなかに惹かれるものがあるショップでした。ただブラインドのアクキーとか高いんじゃ...。

その後目的を果たした我々は、今流行りのタピオカを飲む(食べる?)などして解散したのであった。

タワレコカフェは今月いっぱいやってるようなので、興味ある人は行ってみたら?
スポンサーサイト



アプモンチップver.1.0レビュー

これは、「過去にはこんなデジモンのおもちゃが存在していた」という将来に向けての記録である。

という感じで始まりました。みなさんお久しぶりです。上記は大げさですが、記録用って感じの記事です。

今回紹介するのは「アプモンチップver.1.0 目覚めよ!アプリ生命体!」です。

IMG_1273.jpg
IMG_1274.jpg
まず箱。白黒で地味ですね。売り場でもっと目立つような箱の方が良いと思うんだけど、予算の問題なのかはたまた。組み立てた状態は立方体に近いボックスに。
1ボックスに12パック入っていて、1パックにはチップ2枚が入っているので、1箱買うとチップ24枚が手に入ります。
箱には生産管理用か何かの番号がエンボスで入っているんですが、どうやらこの番号を見れば中のアソートが分かってしまうものでした。アソートは3パターンあって、プレミアムレアが入っていない1パターンはハズレ扱いされていました。

IMG_1275.jpg
IMG_1276.jpg
パック。ぶら下げる穴の位置を見ると分かるけど、表と裏で向きが90°変わってるのがなんか気になる。パック自体はメタリックでそれなりに綺麗。
全28種で、レア度の内訳は、
PR(プレミアムレア)2種
SR(スーパーレア)3種
R(レア)6種
C(コモン)15種
7code(セブンコード)2種
です。セブンコードはレア度なのかどうなのか。

ではサクッと個別に番号順で紹介していきます。

基本的にレア度が低いものから収録されていますが、セブンコードだけは途中に収録されています。
まずコモンは特に加工のない簡素な作りのものです。透明プラパーツの裏にシール面があるレイヤー構造で、表面に加工がないのである意味最もイラストが見やすい。裏面はそれぞれのアプリのアイコンになっている。

IMG_1277.jpg
IMG_1278.jpg
B01-001 コールモン 電話 C
特に印象に残ってなくて、強いていうなら色合いとフォルムがガードロっぽいイメージ。

IMG_1279.jpg
IMG_1280.jpg
B01-002 メールモン メール C
どう見てもスタンドだと話題になったかは定かではない。目か、目のせいだろ。

IMG_1281.jpg
IMG_1282.jpg
B01-003 メールモン コード1 7code
セブンコード。エフェクトが透明パーツの表面に印刷されていてしようとしてはR相当かな。表面はセブンコードパッドにはめ込むとダンテモンのイラストが完成する仕様なのでメールモンのイラストは裏面に。金色になってます。

IMG_1283.jpg
IMG_1284.jpg
B01-004 メッセモン メッセージ C
アプリンク用のコードが普通のアプモンは2本なんだけど、こいつは6本も付いている。けどそれが活かされたりされることは予想通り無かった。

IMG_1285.jpg
IMG_1286.jpg
B01-005 メッセモン(ウィルス) メッセージ C
メッセモンがウィルス化したものだけど、こういう水増し嫌いだよ。

IMG_1287.jpg
IMG_1288.jpg
B01-006 レビューモン 口コミ C
手に持っているレビューが星2つなのは自分のレア度を示唆しているかのようだ(レア度はチップ裏面では星の数で表されていて、コモンは星2つ)

IMG_1289.jpg
IMG_1290.jpg
B01-007 ウェザーモン 天気 C
かわいい。

IMG_1291.jpg
IMG_1292.jpg
B01-008 ペロリモン グルメ C
ドスコモンの合体元でもあり、エリちゃんとのたこ焼きのくだりなどは記憶に新し…くはなかった。アニメではバリエーション個体のマリペロも登場。何度も言うけどあの話好きなんだ。これ言うと100%「ロープレモンとの矛盾が〜」って言われるんだけど、お前らそれしか言うこと無ぇのかよ。あの話単体では好きだって話なんだよ。そんな設定の矛盾気にしてたらアプモンアニメなんて観てられないだろうが。

IMG_1293.jpg
IMG_1294.jpg
B01-009 ドーガモン 動画 C
ハイビジョンモニタモン亜種。ガッチモンが動画を検索したことによりこいつの存在は完全に抹消された可哀想なアプモン。

IMG_1295.jpg
IMG_1296.jpg
B01-010 ドーガモン(ウィルス) 動画 C
特にノーコメント。強いて言うなら普通のドーガモンと比べて僅かに大きく配置されてるように見える。

IMG_1297.jpg
IMG_1298.jpg
B01-011 バイラモン ウィルス C
彼が最も活躍したのはめちゃ面白い最強ジャンプ連載の漫画「アプモン学園」ではないかと思っている。

IMG_1299.jpg
IMG_1300.jpg
B01-012 ドレスモン ファッション C
マチ針を刺すやつが帽子になってたりとデザインが良い。さすがファッションアプリ。

IMG_1301.jpg
IMG_1302.jpg
B01-013 ウォッチモン 時計 C
どう見てもタイムモンになりそう。

IMG_1303.jpg
IMG_1304.jpg
B01-014 ショットモン シューティング C
ガンドラモンに続くリボルバードラモン。ドラゴンじゃないけど。

IMG_1305.jpg
IMG_1306.jpg
B01-015 ロープレモン ロープレ C
アプリサービス終了により殉職。髪型がエグゼイドだと話題になったとかならなかったとか。

IMG_1307.jpg
IMG_1308.jpg
B01-016 ロープレモン コード2 7code
2体目のセブンコード。勇者はパラディンになったか。

IMG_1309.jpg
IMG_1310.jpg
B01-017 スカシモン スカ C
スカのアプリとは。いわゆる育成失敗枠。超アプモンから上の世代は裏面右上にレベルが表記される。並は表記なしなのがほっとけない。

ここからはレア。透明プラの表面にエフェクトがプリントされる。

IMG_1311.jpg
IMG_1312.jpg
B01-018 ガッチモン 検索 R
おそらく最も多く見かけたのではなかろうかなイラストのガッチモン。ガチンコビンゴの筐体の上のポップに大きく印刷されてたため暇つぶしにイラストを隅々までじっくり眺めたものである。なぜだろう、急にめまいが。

IMG_1313.jpg
IMG_1314.jpg
B01-019 ナビモン ナビ R
ナビモンいいよね!見た目もいいし、件のアプモン学園ではツッコミ役という美味しいポジションで最初から最後まで大活躍だった。アプモンカードでも活躍していた。

IMG_1315.jpg
IMG_1316.jpg
B01-020 ハックモン ハッキング R
本家デジモンのハックモンとデザインの類似性が指摘されていたが、結局何の絡みもなかった。何なんだよ…。

IMG_1317.jpg
IMG_1318.jpg
B01-021 ミュージモン 音楽 R
公式絵では何だかだいぶ悪そうな顔をしているが、アニメではかわいいヤツだった。明るい性格の彼は好きだが、アニメがそもそも超ノレなかったのが残念でならない。

IMG_1319.jpg
IMG_1320.jpg
B01-022 キャメラモン カメラ R
カメラではなくキャメラ。右目のカメラレンズ(というかアプリアイコンも)がむせそう。

IMG_1321.jpg
IMG_1322.jpg
B01-023 ドカモン アクション R
キャラクターとしての可愛さが群を抜いていたドカちゃん。イラストの顔つきや拳のくどいベタ陰もイカしている。

ここからスーパーレア。透明プラパーツの表面にラメをまいたようなキラキラの加工がされている。

IMG_1323.jpg
IMG_1324.jpg
B01-024 ドガッチモン 超検索 SR
だいぶ渋い顔つきだなーって思ってる。

IMG_1325.jpg
IMG_1326.jpg
B01-025 スコープモン 監視 SR
監視のアプリって何だよ、怖っ。そんな事よりデザインがそもそもかっこいいし、弾丸でガラスを撃ち抜いたようなエフェクトがまたいい味出してる。

IMG_1327.jpg
IMG_1328.jpg
B01-026 ドスコモン 格闘 SR
構図のハッタリがよく効いていてカッコいい。アプリアライズアクションシリーズでラインナップされなかった事が悔やまれる。

最後にプレミアムレア。イラストの一部が透明プラの表面にプリントされる事でイラストに前後感が生まれ立体感を演出しています。

IMG_1329.jpg
IMG_1330.jpg
B01-027 ドガッチモン 超検索 PR
SRドガッチモンよりもカッコいい顔をしていると僕の中で話題に。多分描いてる人違うんじゃなかろうか。

IMG_1331.jpg
IMG_1332.jpg
B01-028 ドスコモン 格闘 PR
真正面からの迫力あるアングル。SRの方では分かりにくかった肘のバーニアで勢いをつけたパンチが描かれている。ただ何の制約なのかエフェクトが途中で切れてるみたいになってるのは残念なところ。

以上全28種類の第1弾チップでした。
チップ自体はクリアパーツとレイヤー構造でとても見栄えの良い品物であり、1つおよそ100円程度という集めやすさもあり魅力あるアイテムとなっている。PRドガッチモンがなかなか出なくてちまちまパックを買っていたのが懐かしい(この時はボックスの番号の話も知らなかった)。また公式絵が眺められる数少ないアイテムでもあり、集めた時の満足感はだいぶ高い。

ただしアプモンというコンテンツ自体がアレだったので店頭ではだいぶ在庫を抱えていた印象。
アマゾンでも安値で入手が可能。

興味があれば買ってみてもいいんじゃないだろうか。お気に入りのアプモンのチップを持っていると嬉しさはあると思いますよ。モノ自体はオススメです。


さて、このブログの更新がだいぶ久しぶりでしたよね。忙しかったっていうのもあるんですけど、この記事前に1回書いてたんですよ。でも投稿する前にブラウザが突然落ちて書いてた記事が消えちゃって、もうモチベーションが大変なことになっちゃってね。今回何とか再び記事を書く事ができました。いやぁ、辛かった。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ワンフェス2019冬行ってきた

昨日ワンフェスに行ってきました。

別にデジモンがお目当てというわけでもないけど、メガハウスのブースにデジモンがあったから紹介しときます。

IMG_1181.jpg
前情報なく見に行ったので想像以上のスペースの取り方に驚きました。上の方のでかい看板というかプリントが目を引きます。

IMG_1179.jpg
巨大ウォーグレイモンパネル。やっぱりこのウォグレは出来がいいですね。経済状況や場所の問題がクリアできれば買いたかったです。

IMG_1186.jpg
先日のメガホビではサフ状態だったオメガモンもカラーサンプル状態で展示。ウォグレ、メタガルとの揃い踏みです。以前はあった周りのエフェクトは無くなったんだろうか?
隣にはかっこいいデュークモンクリムゾンモードも。ウォグレの隣にはリペイント商品のブラックウォーグレイモンもあったんだけど写真撮り忘れちゃった。

IMG_1182.jpg
ベルゼブモンとベヒーモス!かっこいい!けどやっぱデケェ。この出来はいいけど高価でデカいシリーズやめてもらえないかなぁ。日本の若者の家庭事情、経済事情に合ってないよ。

IMG_1183.jpg
かっこいいんだけどね。

IMG_1185.jpg
そしてぬいぐるみ。モチモンが登場。

デジモンはこんな感じ。

で、その他。

IMG_1192.jpg
BeastBOXは新作が色々展示されてました。早速ペンギンをポチってしまったので4月ごろにはレビューできるかと(アマゾンだとそれぐらいに届くらしい)。

IMG_1187.jpg
千値練のソルグラヴィオン。かっこいいし欲しいけど、どうしようって感じ。うちにはゴッドグラヴィオンがいるし、安くないし。

IMG_1175.jpg
こちらは個人ディーラースペースにて。レゴで作られた回転寿司店。ちゃんと動いてました。

IMG_1172.jpg
ハローマックはいつだって僕らおもちゃ好きの心の中に。

ランディングアクション アグニモン レビュー

デジモンフロンティアより、ランディングアクション アグニモンを紹介します。

IMG_1109.jpg
パッケージはブリスター。微妙なポーズがついた状態で封入されています。「進化シーンの着地ポーズ&アクションを再現!!」とありますがその実力はいかに。

IMG_1110.jpg
裏面。定価は1280円ですね。かっこよさげな写真があるものの、台座は付属しません。

IMG_1111.jpg
台紙にはディースキャナ用のスペシャルバーコードが付属。うちのディースキャナを引っ張り出して電池入れてスキャンするのがめんどくさかったので何が出るかは君の目で確かめてくれ。

IMG_1112.jpg
本体。約15cmのアクションフィギュアです。造形、塗装とも悪くないですね。

IMG_1114.jpg
後ろ姿。髪の毛の造形がなかなか立体感あっていい感じ。ただ長さは短め。

IMG_1113.jpg
バストアップ。目から口がちょっと離れすぎかな?パッケージ裏と見比べてて気付いたんだけど、裏の写真だともみあげが無いけど実際の商品では追加されてますね。

IMG_1115.jpg
レッツアクション!首は左右回転軸がありますが髪の毛の造形のせいでほぼ動かないのと変わりないです。膝は横ロール軸も内蔵。手首は後述するギミック用に指が動きます。足首はボールジョイントっぽいけど可動範囲は狭め。

IMG_1116.jpg
ギミック。手のひらに「炎弾(パッケージの記述)」を差し込みます。

IMG_1117.jpg
腕の黒いスイッチを押すと炎弾が発射されます。

IMG_1119.jpg
このギミックは両腕に内蔵されてます。

IMG_1121.jpg
必殺バーニングサラマンダー!!

1000円ちょっとでこの造形、ギミックなら十分じゃないでしょうかね。サイズもそれなりだし。煽り文の進化シーンの着地ポーズ再現はちょっと厳し目な気がするけど、ただ遊ぶだけならいいでしょう。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

デジモンアドベンチャー02フィギュア アルマジモンセット レビュー

今回はデジモンアドベンチャー02の当時のフィギュアを紹介です。

IMG_1070.jpg
「アルマジモンセット」です。
何の?って感じですが商品名としてアルマジモンセット以外の情報がありません。何かシリーズ名をつけようとか思わなかったのでしょうか。
おもて面が中が見えるようになっているのでセット内容が一目瞭然です。
値札シールは剥がすと汚くなりそうなのでそのままで。

IMG_1071.jpg
箱裏面。定価980円ですね。
各デジモンの設定が載ってますね。ところでウパモンの耳みたいなやつってエラだったの?と思って調べてみたらこいつ両生類型だったのか。ウパってウーパールーパーのことだったのか。今気付いた。

IMG_1072.jpg

IMG_1073.jpg
箱の側面はこんな感じ。セット内容のデジモンの設定画が満遍なく配置されてる感じです。

早速それぞれのフィギュアを見てみましょう。

IMG_1074.jpg
ウパモン。この子に関してはデザインもデザインだしまぁ無難な出来ですね。

IMG_1075.jpg
アルマジモン。白目が塗られてませんが造形はいい感じです。

IMG_1076.jpg
ひょこっとあげた右手がかわいい。

IMG_1077.jpg
ディグモン。デフォルメが効いてますね。

IMG_1078.jpg
背中側の再現度も高いです。

IMG_1079.jpg
サブマリモン。一応デフォルメされてますがだいぶ自然な感じに見えますね。

IMG_1080.jpg
渦巻く誠実の紋章もしっかり再現。

IMG_1082.jpg
メタルガルルモン。…メタルガルルモン?どういう意図でこのラインナップなのか、と思ったらこの他のブイモンセットにはオメガモン、ホークモンセットにはウォーグレイモンがそれぞれ入っているようです。
フィギュア自体はこの中では一番大きく、ずっしり感とあいまって満足感あります。デフォルメもいい感じ。

IMG_1083.jpg
後ろ姿。ちなみにお腹の模様もしっかり描いてあります。

IMG_1084.jpg
そしておまけのカード。と言ってもただのボール紙ですが。設定画が並べてあるだけなのであってもなくても、って感じ。

IMG_1085.jpg
サイズ感はこんな感じ。手頃なサイズで集めたくなりますね。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

デジモングッズまとめ

デジモングッズのまとめ記事です。随時更新します。カテゴリは「リスト」に設定しておきますので、カテゴリから参照すると見やすいかと思います。

■デジタルモンスター
・デジモンオールスターズ2
・テレビマガジン1997年7月号

■デジモンアドベンチャー
・パームボード・デジモンアドベンチャー2
・デジモンアドベンチャーソフトペンケース
・超進化シリーズ3エンジェモン
・超進化シリーズ5アトラーカブテリモン
・超進化魂01ウォーグレイモン
・超進化魂01ウォーグレイモン(モニターレビュー)
・超進化魂02メタルガルルモン
・超進化魂03ディアボロモン
・超進化魂04エンジェウーモン
・超進化魂06アトラーカブテリモン
・超進化魂07ホーリーエンジェモン
・デジモンアドベンチャーメモリアルスイング
・デジコレ!2
・G.E.M.泉光子郎&テントモン
・G.E.M.武之内空&ピヨモン

■デジモンアドベンチャー02
・デジモンアドベンチャー02フィギュア アルマジモンセット

■デジモンテイマーズ
・バトコロ

■デジモンフロンティア
・ランディングアクション アグニモン

■DIGITAL MONSTER X-evolution
・超進化魂05アルファモン

■デジモンセイバーズ
・デジモンドットパズル02ガオモン

■デジモンクロスウォーズ

■デジモンユニバースアプリモンスターズ
・アプモンチップver.1.0
・アプリアライズアクション12シャットモン
・クリスマスカタログ2016

■その他
・ターゲットシューティング(パチモン)

デジモンアドベンチャー ソフトペンケース

今回はデジモンアドベンチャーソフトペンケースを紹介します。

IMG_1018.jpg
筆入れですね。発売時期はおそらく放送後半の商品でしょう。メーカーはショウワノート。恐らく定価750円。
パートナーデジモンの完全体と究極体がプリントされています。全部で6体。…6体?あれ、あと1匹何だっけ?

「もぉ〜、私よ私」

リリモンェ…。

IMG_1019.jpg
後ろ側。こちらは表面の進化前となっています。さらに減って5体…。

IMG_1021.jpg
チャックで開閉します。

IMG_1020.jpg
丸い筒型タイプで、側面は透明になっています。中には緩衝材としてスポンジが入っています。サイズ的にゴーグルケースにもできそう。

クリスマスカタログ2016

キミは「月刊トイジャーナル」を知っているだろうか?玩具業界向けのいわゆる業界誌である。今回はそんなトイジャーナル編集局が発行したクリスマスカタログの2016年版を入手したのでここに記録する。

IMG_1015.jpg
こちらが表紙。クリスマスはこないだ過ぎたけどな。まぁ2016年の時点で時期なんか関係ありませんが。定価は税込1080円。発行日は9月2日。クリスマス商戦に向けた各玩具メーカーの商品が掲載されている。

さて、聡明な貴方ならもうお気付きだろう。この年に何があったか。

そう。アプリモンスターズの商品展開である。

特筆すべきはこの本の裏表紙。
IMG_1016.jpg
アプリモンスターズである。バンダイがわざわざ広告にお金をかけていたことが窺える。

肝心の冊子内での記事は5×15cm程度の商品紹介。紹介されていたのはこの二つ。

それぞれ定価が4500円、240円/1袋であることを考えると非常に悲しい事だが、これが現実である。バンダイからはこの商品が記事として掲載されていた。情報としては本当に商品が掲載されているだけなので特筆すべき点は無い。

またサンライズからはぬいぐるみの商品情報が掲載されている。

アプリアライズぬいぐるみのMとS。Mはガッチモンのみで3000円、Sは4体各1500円。ぬいぐるみの写真が掲載されているがドカモンだけは製作が間に合っていなかったのかイラストになっている。

そしてアプリアアイズマスコットボールチェーン。各900円。ラインナップは上の2体に加えドカモンの画像もある。
ぬいぐるみもボールチェーンも写真の上から「監修中」の文字が入っている。

余談だが、この年の東京おもちゃショーでもこれらのぬいぐるみは展示されていたのだが、ビジネスデーのみの展示で、パブリックデーでは撤去されていた。撮影禁止でもあったので、情報公開時期の問題だろうか。

今となってはアプモンが大爆死したのは周知の事実であり、誠に残念でならないが、まだそのことを知る由もない頃の冊子の紹介でした。

超進化魂ホーリーエンジェモン レビュー

クリスマス直前、アマゾンという業界最大手サンタさんから超進化魂ホーリーエンジェモンが届いたのでレビューしておきます。

IMG_0955.jpg
まずパッケージ。ナンバリング07。もう7つ目なんですね、あとウォグレ発売からおよそ1年経ちましたね。
イラストはいつものように渡辺けんじさん画。正直な感想を言うと、羽とか帯で体が隠れまくっててあんまりカッコよくないなーなんて思いました。ポージングもかなぁ。

IMG_0956.jpg
裏面。いつも通りって感じですが、この写真の時点でホリエモンがカッコいい予感全開です。

IMG_0957.jpg
今回のお言葉。ちょっとネタ切れ感があるかも?ところでこのキャンペーンに使うかもしれないやつってやっぱり使わないのかな。

IMG_0970.jpg
下から開けると、何も書いてないだと…?今まであっただけにちょっと残念ですね。次回予告はブラックウォーグレイモン。リペイント商品ですね。

IMG_0958.jpg
中には羽などが割と厳重に保護されたホリエモンが。

IMG_0959.jpg
カッコいい。いや、カッコいい。四方に伸びる翼によるシルエットや、空間を感じさせる肩の上の翼がいい感じです。
今回ダイキャストは右腕のエクスキャリバーの金色の部分とつま先、胴体の装飾パーツです。足がダイキャストだと安定していいです。そして紫のクリアパーツのカッコいいこと。薄く造形されているから光が透けて綺麗なんですよ。金色の塗装も綺麗な色です。

IMG_0961.jpg
気になる後ろ姿はこの通り。パタモン色になるのは仕方ないですが、目が隠れているお陰かそこまで違和感がないのが見所な気がします。

IMG_0963.jpg
バストアップ。頭部の造形バッチリ、デジ文字のプリントも綺麗です。

IMG_0962.jpg
フェイスオープン!進化バンクで見えるバイザーの下の顔も再現してる上、変形に関係ないにも関わらずバイザーが可動して顔が見れる仕様。こだわりポイントですね。

IMG_0960.jpg
エクスキャリバーのかっこよさたるや。羽根飾りみたいな部分は可動して収納できます。

IMG_0964.jpg
公式絵のイメージで。そういえばビームシールドは肩で固定されています。僕はあれって腕についてるもんだとばっかり思ってたんですが、画像検索したら肩に固定が正解っぽいですね(腕に固定されてるようなイラストもあるものの)。そうだったんだ。
あと後ろ側にはスタンドが取り付けられるように専用のジョイントが付いています。ただしスタンドは別売りです。でもやっぱり宙に浮いてる方がホリエモンはかっこいいだろうなぁ。

IMG_0965.jpg
ヘブンズゲート!可動は腕に関しては肩関節が引き出せたりやけに優秀な感じですが、足はふくらはぎにガワパーツが来る関係でちょっと動かしにくいです。頭も髪の毛が干渉してあまり左右に振れません。羽の位置はいかにカッコよく配置できるかは腕の見せ所かもしれないですね。僕は腕がないです。
あと個体差かなと思うんですが左腕の肘パーツがすぐに外れちゃってストレスフル。ギミックに関係ないから接着してもいいんだけど。

IMG_0980.jpg
変形の都合でか脇を締めたファイティングポーズがキマる。まぁエンジェモンの時からヘブンズナックルで戦う肉体派だからね。

IMG_0966.jpg
ガギゴゴゴ。そして変形する謎生物。ガワパーツにスライド金型とか多用されててしっかり固定されるのはそこそこ気持ちよく変形させられるかと。

IMG_0967.jpg
パタモン。耳の後端に翼の面影が残ってしまっているものの、ほぼパタモンです。

IMG_0968.jpg
後ろ。全部ガワで覆ってるので不自然な箇所はないです。

IMG_0969.jpg
お腹側から見るとさすがにホリエモンが見えます。

IMG_0981.jpg
おや?パタモンがもう1匹。大きい方は超進化魂で、小さい方は当時の超進化シリーズエンジェモンです。ホリエモンは中身が割と余裕を持って設計されているのでパタモンも大きくなっちゃってます。羽の大きさにも繋がりますしね。

IMG_0978.jpg
進化した状態で。以外にも身長はだいたい同じくらい。腕を2重関節でたたみ膝を逆に曲げてパタモンの中に収める変形は共通しており、ここでも当時品の完成度の高さが窺えてしまいます。ただパタモンの足をエンジェモンの足首やふくらはぎの中に収納するようなギミックがなくなってしまったのはちょっと寂しいですね(ホリエモンではパタモンの足はガワと一緒にむき出し)。
というか久しぶりにエンジェモンを変形させてみたら最低限の手数でガラリと見た目が変わるこの変形はとても優秀に感じました。あ、別にホリエモンの変形手順が難しいとかそういう話ではないです。

IMG_0979.jpg
似た者同士。

というわけで超進化魂ホーリーエンジェモンでした。変形に関してはホリエモンの収納が割とゆったり目に作られているのでそれほど難しさはないと思います。ガワパーツもウォグレのようなタイトさがないのでだいぶ変形させやすく感じます。何よりホリエモン状態が非常にカッコいいのでその点だけでもだいぶオススメです。

写真写りがめっちゃいいんだよね。

ちなみに次に出るのはなんと。

ウォグレのリペでブラックウォーグレイモンです。新作でなくてちょっと寂しいですね。しかもこの次の展開については何も言及されていません。別に無印が大好きってわけじゃないんだけど、このシリーズで無印の8体並んで欲しかったなぁ。売れ行きがそんなに良くないらしいし、残念でならないです。


もし興味があるけどまだ買ってないっていう人がいたらぜひ買って欲しいかな。今後の超進化魂シリーズに繋がるかどうかは分からないけど、売れてこその商品だから、是非。

パームボード・デジモンアドベンチャー2 紹介

先日友人にデジモングッズを譲ったら、お返しにおもちゃを頂いたので紹介します。

IMG_0908.jpg
その名も「パームボード・デジモンアドベンチャー2 ロングデッキ・ステップセット」です。フィンガーボード、指スケボー、指スケなどとも呼ばれるおもちゃです。バンダイのおもちゃ。シールを張り替えるだけで様々なキャラクター商品として販売できるので、キャラもの商売をしてるバンダイには丁度いいアイテムですね。

IMG_0910.jpg
本物のスケボーと同じように板に車輪がついていて、シールが貼られています。大きさは10cmくらい。

IMG_0909.jpg
商品的には99年のもので、名義もデジモンアドベンチャーとしての商品のようですが、本編に登場することはなかったヘラクルカブテリモンのイラストが配置されています。テントモン推しとしてはヘラクルは嬉しいですね。他のラインナップにどのようなものがあったのかも気になるところ。軽く調べたところ、幼年期から成熟期までが並んでいるデザインのものや、成熟期、完全体もあるようですが、どれも共通しているのは公式絵を使っているところですね。サーベルレオモンなんかもあるようですし、アトラー()もあるようです。ナンバリングから推測するに、十数種類はあるようですね。
ちょっとシールが曲がってるのはご愛嬌。

IMG_0911.jpg
パッケージ裏。定価は980円ですね。

IMG_0912.jpg
上はセット内容。スタンドは立てかけて飾ることもできるし、障害物として遊ぶこともできる2way仕様。ステップと手すりは街の階段と手すりをイメージしたものでしょう。ステップにはジョイントもついているので複数あれば繋げることもできるようです。
下は遊び方。基本的に人差し指と中指を2本の足に見立ててボードを操ります。親指を使って挟んで持ち上げたりはしません。いわゆるスキルトイ(けん玉やヨーヨーのようにプレイに技術を要するおもちゃ)です。本物のスケボーのように滑り止めとして紙やすりを貼ることもできるようです。また最初はやはり難しいのでアシストパーツも付けられます。さらにボールチェーンをつけてキーホルダーとしておしゃれなファッションアイテムにしたりもできます。

さていつもなら開封して遊ぶところですが、なんか勿体無い感じがしちゃって開けてません。あと僕はスキルトイの類は苦手で、こういうのは大体できません。できるのはペン回しのおもちゃペンズギアくらいかな?なので開けなくてもいいかなって。

フィギュアとかブリスターのまま飾る文化とかあるじゃん?


↑アマゾンの検索。そんなにプレ値付いてないようなので、興味があれば1つくらい買ってみてもいいんじゃない?
プロフィール

ノミジッド

Author:ノミジッド
デジモンファンをやっています。
ボンボン派。

カテゴリ
Twitter
最新記事
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR