FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジモンバトスピ会

あれは確かデジモンとバトスピがコラボするという公式発表があってから暫くした頃だろうか。今回メイン主催者のれとさんとツイッターでバトスピやりたいみたいな呟きからオフ会したいねみたいな流れになって、それきっかけで主催側に名を連ねる事になった次第であります。主催側初心者代表です。実際に主催っぽいことは朝来て机並べるくらいしかしない無能っぷりを発揮しました。

ちなみに僕がどれくらい初心者かっていうと、先週のバトスピ体験会の参加で初めてバトルしたって感じです。アニメは烈火魂とダブルドライブは観ました。漫画は藤異先生のバシンは読んでます。こんな感じ。

当日の様子。
IMG_8344.jpg
これは朝、まだ人が来てない時の写真。この後どんどん人が増えて、最終的に30人弱くらいいたみたいです。
れとさんが持ってきたプレイシート色々あって良いっすよね。バトスピにお金があった頃のプレイシートだそうで(最近のスターターについてくるプレイシートはモノクロの味気ないやつ)。

IMG_8345.jpg
僕が大好き藤異秀明先生の漫画も持って来ました。あとデジモンでバトスピといえばワンダァスワァン!!だよね。

午前中、完全に一般参加者と化してフリープレイ。バトスピベテラン先輩に優しく相手してもらったり、完全初心者とゆっくり戦ってみたり楽しかった。午前中は初心者講習を催すから、初心者+複数のカードゲームプレイ経験を生かした翻訳者として補助につこうかと思ってたんだけど、普通に遊んじゃった。まぁ僕がいてもいなくても変わんないだろうけど。

バトル内容は、リリモンにボッコボコにされて恐怖を植え付けられました。1ターンで1回回復してコア4つ増やして重疲労させるとかインチキくさい能力なんなの。あとカブテリモンも一緒に出てこないでください。

午後はお待ちかねのブースタードラフト大会。16人での開催ですが、1人につき8パック用意したのすげぇな。
IMG_8346.jpg
また普通に参加しちゃいました。
最初のパックでメタガルが出たので白紫メインにする事にしてカードをピックしていきました。8パック分48枚から40枚のデッキを作りました。
IMG_8825.jpg
こちらが出来たデッキ。デジモンはいい感じに白紫でまとめられ、デジモンのレベルもいい感じに分散できたかと。コスト重いかとも思ったけど、進化のシステムだと進化元が手札に戻るので意外と回るという事に実際戦ってみて気づきました。

全部で4戦し、結果3勝1敗、残ライフ累計10で終了。タンクモン→メガドラモンの相手を手札に戻すコンビが結構効いた印象。1敗は例のリリモン1体に完封って感じでした。対抗手段がレディーデビモンの破壊効果くらいしかないのが辛い。あとは対戦相手がいい感じに初心者ばかりで、同じ土俵で戦えたのが大きかったかな。経験者相手だったら圧倒的経験値不足で負けてたんじゃなかろうか。

最終順位はなんと2位!マジで!?今回のドラフトはレアドラフトで、上位から好きなレアカードを1枚ずつ選んで持って帰れるシステム。好成績なほどいいカードが選べるわけです。やったぜウェーイ!!オメガモンが2枚あって、1位の人がオメガモン選んだんだけど、僕はオメガモン1枚持ってるので1枚も持ってないウォーグレイモン選びました。「オメガモン売れば他の欲しいカードをシングルでいっぱい買えるよ」みたいなこと言われたけど、多分オメガモン手元にあったら勿体なくて結局売らないと思うから、ウォグレを選んだ判断は正しかったはず。その他参加者で何周もしていっぱいレアカード手に入りました。欲しかったテントモンも無事ゲット。自分が何を持ってるかあやふやで、選択をちょいミスった部分もありますがまぁ許容範囲でしょ。

ブードラ大会終わったらバトスピ勢がほぼ帰って、デジモン勢しか残ってないのが面白かった。

今回の経験でデジモンのデッキは進化のシステム上デジモンが多い方が良いって分かったし、戦い方もちょっと分かったからデッキを組み直したくてしょうがなくて、次の日の午前中デッキの調整しました。誰か相手してちょ。

バトスピが楽しいから今後も買ってしまいそう。
スポンサーサイト

デジモン交流会行ってきた

先週土曜日にデジ窓さん主催のデジモン交流会に行ってきました。

出発前にアプモンを見て、バスの時間を俺が検索!
「あ、あと10分でバス来る!」
バス停に着いたぼく「メガネ忘れたしバス来ない」
バスに乗ったぼく「トレード予定のチップとカード忘れた」
降りる予定のバス停になかなか着かないぼく「もしかしてバス間違えた?」
スマホで地図を確認するぼく「会場から遠ざかってる」
バスを降りたぼく「ここどこ?」
その後ナビモンくんの助けにより20〜30分くらい無駄に歩いて会場到着。
クソザコ過ぎた。

そしてなぜか三輪車に乗ったドラえもんに出迎えられる。

カードの大会は出ないから適当におしゃべり。そうこうしてるとアプモン配信が始まったのを会場で流してたので、リアルタイムで観たけど折角だから視聴。その日(7月1日)がハル君の誕生日ということで、EDの映像がハル君の誕生日会に!来週からはED映像変わるといいな〜。(Q.次の週、結局変わりましたか? A.変わりませんでした…毎週が誕生日)
そしてサプライズ企画。ハル君誕生日ケーキ!
IMG_7579.jpg

IMG_75782.jpg
ED映像をバックに。

ケーキを切るマキさん「オペをさせろ〜!」
みんなで美味しく頂きました。こんだけガッツリ祝ってるのはここくらいでは?

さっきドラえもんが乗ってた三輪車が、ドラえもんを外せることができると分かったので「ガッチモンを乗せたい!」となってみんなでなんとかやってみた結果。
IMG_7575.jpg
疾走感。

安くなってる(悲しみ)からみんなも買っとけよ〜。
ほんとは大きいガッチモンのぬいぐるみを乗せたかったけど会場にはいませんでした。

携帯機大会は折角20周年バージョン買ったので参加するぞ!と思ってたら2日くらい前に完全体が亡くなってしまってツラすぎる。ていうか2代目も完全体で死んでしまったんだけど、なんでみんなそんなに究極体に進化できるの?なんなの?しょうがないので当日の昼に進化した成長期で参戦です。本当はデジバトパタモン(いつもの)で参戦しようと思ったんだけど20周年がデジバトと通信できないっぽくて劣化かよ〜って感じ。

これこれ。って、高くね?

今回はカードもゲームも大会に出なかったし、携帯機も瞬殺だったので基本ダラダラ喋ってる1日でした。まぁそれが楽しいんだけどね。カードもデック持っていったからバトルしたかったけど、僕のデックはエンタメガールズだからレイドラとかでちゃんと組んでるような人には手も足も出ないんだよね。ていうか無効化系オプション出せよ。

その日の夜はねすらじに出させて頂く予定だったので交流会後はそそくさと退散。
「バスが来るまで20分もあるだと…?」

ちなみにドラえもんの三輪車をそらきち姉貴から譲って頂きました。
DDqKQ_6VYAEoQhb.jpeg
やったぜ。

デジモンプチオフ会201705

先月頭にデジ窓さんのデジモン交流会があったのですが、それに触発されて久しぶりにデジモンプチオフ会開催しました。最近はよく遊ぶ友達とばっかり遊んでいるような気がしたので、普段あまり遊ばない人を誘ってみたり、新規の人に来て欲しいアピールをしてみたものの結局いつもの人たちって感じの人が大半を占めました。まぁそんなもん。ただ普段おそらく接触がなさそうな人同士が同一の場に集まった、という感じは多少あったかなと思います。

とりあえず最初はカラオケ。デジモンのオフ会って言ってあるし言うてデジモンの歌歌うやろ〜。いや、そんな事はありませんでした。ていうかナチュラルにDXヘボット取り出す輩が4人もいたし(私を含む)。特にろっくうらさんが息をするように到着してすぐにヘボット取り出して草。放課後ねじまきダンスもTVサイズじゃ分からない最後のサビ部分を当然のように歌える人多数(私を含む)。エグゼイドのOP流れると3人がガシャットを取り出す(私を含む)など、だいぶフリーダムでしたね。

そういえば私から見たらみんな友達だけど、初めましての人が多い参加者がいるということに今更気がつく主催者のクズはこのタイミングで雑に自己紹介タイムをとるのでした。

そして1時間半ほどしたところで当日急遽参加表明した2人が到着。1人は交流会で会ったことがある程度の方だったので来てくれて嬉しかったです。が、出来れば前日までに言っておいて欲しかったですね。特に今回はミニゲーム大会や景品の準備もあったので。

人数も揃ったところで早速ミニゲーム大会を始めました。自称デジモンおもちゃ部部長の腕の見せ所ですので種目は割と悩みましたね。今回は割と多方面から参加者が集まった感があったので誰でも簡単に参加できて楽しめるゲームじゃないといけないなと思ってました。そして考えてたら色々やりたいことが出てきたので4種目で獲得ポイントを競うことにしました。

第1種目「アプモンツムツム!タワー倒壊ゲーム」
IMG_7162.jpg
ルールは簡単。アプモンチップを順番に積み上げていって倒したら負けというVS嵐的ゲーム。ダブったアプモンチップの有効活用です。11人を4組に分けてやってもらいました。勝ったら2ポイント獲得で、ポイントとしてアプモンチップを配ります。結構高く積みあがったり、1週目で早くも崩したり、4枚一度に置いたりと見所はそれなりにあったかと思います。

第2種目「運命の煌めき!デジアドバトルゲームカードα」
IMG_7164.jpg
当時のテレビマガジン付録のデジモンアドベンチャーバトルゲームカードのルールを少しアレンジして採用。元のルールだと100%運なところを、ルール調整して90%運くらいにできただろうか?どっちにしろ運。しぐーさんが骨髄反射的にカードをシャッフルしたり、ハンドシャッフルやカードの出し方など一目見てカード勢だって分かる感じが印象的でしたね。とりあえずムゲンドラモンが最強でした。

ここまでで獲得アプモンチップ0枚な私。主催自ら全員殺すつもりで参加したのに優勝は絶望的ですね。一応言っておくけど練習とかしてないからね。

第3種目「アクションスキャン!デジコードスキャンバトル」
IMG_7165.jpg
ディースキャナのアクションスキャンを手でおこなって、スキャン数が多い人が勝ちの単純ルール。簡単だと思っていたものの、スキャン数1、0が思った以上に多くて、やったことがない人にとってアクションスキャンってこんなに難しいのかって思いました。なのでスキャン数が少ない人たちはスキャンの仕方をレクチャーしてもう一度。みんなスキャン数ちゃんと増えてました。ここで大人気なく1番になる僕。いや、みんなもっと出来るもんだと思ってたんや…。

最終種目はまず指人形を取り出し、パートナーデジモンを選んでもらってから種目発表。パートナー選びも個性が出て楽しいですよね。私はゲーム内容を知っているので有利なパートナーを選べるわけですが、さすがにそんな大人気ない事はしませんよ。好きなデジモンであるカブテリモンを選びました(テントモンが好きだと思われてるかもしれないけど、ビジュアル的にはカブテリモンの方が好きなんだ)。
「ドンドコ叩け!ドスコモン場所」
IMG_7167.jpg
指人形でトントン相撲です。パートナー選びの時に「トントン相撲かな?」って言われて「言うなよ!」って思いました。単純ですが多分1番盛り上がりましたね。大人11人がトントン相撲でエキサイティン!シャッコウモンが光の速さで倒れて面白すぎた。決勝はサイズが小さく重心が低いヴォルフモンが健闘したものの、サイズが大きいため重量があり接地面積も大きく安定していたレイドラモンが優勝でした。

最終結果、11枚ものチップを獲得した矛さんが優勝しました。おめでとうございます。上位から順に景品(ブラインド形式)を選んでもらいました。ここでしぐーさんがデジカtri.セットのカードファイルを景品に出して下さいました!2位はげるもんさん。3位は同率で4人いましたが、景品を選ぶ都合があるので急遽アプモンチップ掴み取りの枚数で順番を決めてもらいました。結果上からQLさん、しぐーさん、すすやんさんとなりました。因みに同率もう一人は私でしたが景品は当然無し、と思ったらげるもんさんがそんな僕に景品を!「ジュース合成グミックス エクスペリエンスリミテッド」

この商品のギラファノコギリクワガタ&オオムカデを頂きました。お気持ちはとっても嬉しい。しかし僕は虫が嫌いなんや…。ていうかこれよく見たら別途ゼラチンとジュースを用意しなきゃいけないの地味に面倒ですね。ただこのネタ性の高いチョイスはいいと思いましたまる。
それ以下の人には参加賞でアプモンポケットティッシュを贈呈。ついでにガッチモナカも参加賞で配布。当日参加があったため一部の方に大人の対応でガッチモナカ無しになってしまったのは申し訳ない。

という感じで無事ミニゲーム大会終了です。とりあえず僕は楽しかったのですが、参加者の皆さんは楽しんで頂けただろうか。

その後は私がやってみたかったイントロクイズ大会をやってみました。ノートパソコン持参でみんなに付き合ってもらいました。ヒントは「僕が持ってるCDの中から出題です!」(なんのヒントにもならない)。みなさん結構分かるものですね。ここでZEROさんが活躍して「キャラソンのZERO」の称号を得たのでした。個人的に出題して面白かったのは「ポケットクルモンのうた」ポケットクルモンのCMそのままなのですが、イントロクイズにすると最初の「ジョン」っていうサウンドロゴだけになって手がかりが無いという。

このCDに収録されてるので興味がある人は聞いてみてね。当時を懐かしく思い出せるかも。
しばらくやったところで私は気付いてしまった。これ僕が出題してたら僕答えられないじゃん。って言ってみたらみんな優しいから出題を替わってくれました。今回のオフ会もみなさんの優しさで成り立っています。

そんなこんなで楽しく過ごした1日でした。覚え描きはそんなにみんな絵を描くわけじゃ無いし、割とミニゲームとイントロクイズで満足しちゃったのでやりませんでした。

今回ジャンルを絞らなかったせいで居心地悪かった人もいたんじゃないかというのが反省点です。そもそも私自体がコミュ障なオタクだからオフ会の主催をするとか向いてないんですけどね、だからと言って主催するからには参加してくれた皆さんに楽しんでもらえるように努力しなきゃいけないですよね。次にオフ会やる時にはこのへんの反省点も反映できたらいいですね。頑張ります。

とりあえず今回は僕がやってみたいと思ったことに色々付き合ってもらった感じになってとても有難かったですね。楽しかったです。そして参加者の皆さんにも楽しさを提供したいと思って色々準備したので、楽しかったと思ってもらえたら幸いです。

おもちゃオフ会withデジモンファン2ndやってみた

昨日、新宿某所にて「第2回おもちゃオフ会withデジモンファン」開催しました。テーマは「テーブルゲームホビー」、つまるところ机上でゲームをするおもちゃです。参加者は私含め7人、内初参加(というか第1回に参加してなかった人)は4人、初めましての人は1人でした。

新宿のカラオケボックスにて、とりあえず初めましての方が来てくれたので自己紹介から。
「ドーモ、ノミジッド九頭見です。」

自己紹介もさらりとこなし、おもちゃを取り出す面々(全員じゃないけど)。
th_IMG_5191.jpg
ろっくうらさんのロック軍団(モンスーノ)。私のロックも混ざってます。左側のはロックに似た中国の自動変形合体おもちゃ。もうこの絵面だけでこの集まりの異様さが伝わるよね。
因みに恐竜が絶滅したのはモンスーノ隕石のせいであり、モンスーノがスピンするパワーは町1つ破壊するほどらしいです。恐るべしモンスーノ。

最初はみんなで爆丸。
th_IMG_5192.jpg
th_IMG_5193.jpg
専用フィールドでバトル。爆丸はおもちゃとカードゲームを融合させた新たなゲームホビーであり、他のおもちゃとは一線を画す新たなジャンルとなったおもちゃであります。2006年に発売されたものの流行らず、その後アメリカでヒットしてから日本に逆輸入されヒットとなりました。爆丸が10周年であると指摘されて戦慄しました。
爆丸はゲートカードという金属が入ったカードの上に乗せると磁石の力でスイッチが解除されて自動変形します。触った事が無い人は是非一度触ってみて欲しい。ゲームとしてはお互い向かい合って爆丸をシュートし合ってカードの上で変形させます。状況によってバトルが発生したり、カードを獲得したり、相手を弾き飛ばしたりして、ゲートカードを先に3枚手に入れた方が勝者となります。アビリティカードという特殊な効果を持ったカードの使用も可能で、パワー、テクニック、タクティクスが要求されるやり甲斐のあるホビーです。ルールを知らなくてもとりあえず変形する様を見るだけでも楽しい。
みんな結構気に入ったようで何より。爆丸は私とバータースコッチさんが持ってきました。

続いてデジモンバトルフィギュアをやってみます。
th_IMG_5194.jpg
メジャーを使用した未知が満ちてるバトルホビー。ルールが細かくてめんどくさくて、その上盛り上がらないという残念過ぎるおもちゃ。この記事でルールを説明するのもめんどくさい。家でルールを読んでテストプレイしてみた時は「これは一人でやってみてるからつまらないのであって、誰かと対戦したらワンチャン楽しいのでは?」とか思いましたが、全然そんな事はありませんでした。
つまらなすぎるし、2人分しか用意出来なかったのでQLさんが飽きておもちゃで遊びだす。
th_IMG_5195.jpg
テリアモンが基地に変形。何これ欲しい。

次はこちら。
th_IMG_5199.jpg
ダイスバトルホビー「ビーストサーガ」です。お腹にセットしたサイコロを、背中を押す事によって発車するビーダマン的システムを有しており、基本的にサイコロの目の大きさでバトルします。フィギュアと専用カードはセットで使用し、サイコロも専用のものを使用します。更にマジックロットという特殊効果をもつサイコロの使用や、カードの特殊能力の使用など、単純ながらも戦略が必要なゲームホビーです。また、サイコロを使用する性質上、運の要素が強いです。初心者が上級者に勝ててしまう点はあまり良くないですが、能力が弱い(サイコロの出目が低い)ビーストでも活躍の場を与える事が出来る点は優れていると思います。出目が弱いビーストはマジックロットを多く持てるというメリットがあるので、デックに組み込む意味は十分にあります。
やってみて感じたのは、マジックロット不足が深刻なようです。マジックロット単体の商品を「いらないだろ」と思っていたのですが、実際やってみてその必要性を感じたわけです。因みに今回ろっくうらさんがビーサガを沢山持ってきてくれたのでみんなで楽しく遊ぶ事が出来ました。ゲームとしても楽しめるものでした。
このおもちゃが流行らなかった大きな理由は、多分この見た目だろうなぁ...。

次はバトエンやりました。
th_IMG_5200.jpg
デジモンフロンティアバトエン。私とQLさんで計12本、7人全員でやってみました。うん、これ7人でやるものじゃないね(説明書には2〜4人と書いてある)。という事で3人と4人に分かれてバトル、上位3人で決勝をしました。優勝はヴリトラモンを使用したバターさんでした。やっぱ主役は強いのか。

もう一つのバトエン。
th_IMG_5201.jpg
草食蛙さんがドラクエバトエンを沢山持ってきてくれました。今度はみんなで4本ずつもってバトルしました。鉛筆キャップを装備するシステムや五角形の鉛筆など、楽しそうな要素が満載ですね。私はこれ初体験でした。

その後「オレカバトル戦ピツ」もやってみましたが、1回やればもう十分な感じ。過去記事で紹介してるので見てみてね。

一通り遊べるものでは遊んだので再びの爆丸。これ楽しいから。

ここでハカセさんと八坂さんが「ダンジョンダイスモンスターズ」をやってみる事に。ハカセさんが1人分だけ持ってきてくれたのですが、もう一人分を用意出来ませんでした。私はグレムリンだけ持ってるよ...。ただ、その1人分で何とかやってみていたみたいです。
th_IMG_5205.jpg

残りの人達は手があいた事もあり、QLさんのデジモンテイマーズかるたをやってみる事に。
th_IMG_5206.jpg
かるたなんて何年ぶりだろうか。味わい深いイラスト(オブラート)が目を引きます。

開始から6時間くらい経って、流石にみんなちょっと疲れてきたか、休憩ムード。そろそろおしまいにしますか。
その他バターさんが持ってきた「バトルおはじきバシュット」をやってみようとしたものの、開封してみたら未組み立てのため遊べなかったり、私とろっくうらさんの親指戦士で遊んでみたり、爆丸のシュート速度を測定出来るおもちゃで遊んでみたりしました。
最後にはおもちゃの宣伝もしておきました。タカラトミーが送り出した「カミワザワンダ」や韓国で大流行の「Turning Mecard W」など。あとおもちゃ関係無いけど「ブレイブビーツ」も宣伝しておきました。
ブレビ
みんなも買おう。

夜8時頃、カラオケを出て近くで夕飯。この辺で蛙さんが新幹線で来た事が発覚。そんな遠くからわざわざ来てくれていたなんて...。このオフ会にそこまでして参加する価値があっただろうかと心の中で反省会が行われました。

さて今回も楽しい時間を送る事が出来ました。それもこれもひとえにおもちゃを持ってきてくれる人や、遊び相手になってくれる人がいたからこそです。この場を借りて感謝申し上げます。ありがとう。また、初めて来てくれた人もいて嬉しい限りです。

次回は「バチ魂バットやろう!」っていう話があったので、その方向で準備しようかな。メンコ、コマ、けん玉、ヨーヨーなどなど...。次回参加してみたいな〜っていう人がいたら、おもちゃ買っといてね!


今日の名言
爆丸する?
使用タイミング
デジモンバトルフィギュアをプレイして疲弊した人を見かけた時など。
素材としてお使い下さい。

デジモン交流会行ってきた

3月19日、池袋にて開催のデジ窓さん主催オフ会、オールデジモン交流会に行ってきました。

今回は様々なゲームにスポットを当てるという試みのもと、色々な大会が開催されるという事で、全部出てやるつもりで準備してきました。

まず午前中から同時開催のデジモンカードアルティメットバトル大会、デジモンカードα大会、デジモンストーリーサイバースルゥース大会に参加しました。全部に出るのはどうするのかと思ったいたら、まずアルティお願いしまーす、次αで、次サイスルお願い、あ、アルティ不戦勝になりました、次α、昼食を挟んでアルティ...みたいな感じで慌ただしかった。今回は2回負けたらその時点で敗退決定というルールでした。

まずアルティ大会。
今回用意したのは、色々なデジモンとロマンを詰め込んだ「ヒーローは突如颯爽と現れるデック」です。コンセプトとしては、究極体に普通に進化するのは面倒くさいから何とか色々して究極体を場に出そう、というものです。当初はウィッチモン+ブルーコメットで色々な援護デジモンが現れるデックを考えていたのですが、進化ルートを見て「これウィザー、ソーサリ、フレイウィザー達がルートが揃ってて使いやすいな...」という事に気付いてしまいウィッチモンがデックから消えました。次にブルーコメット3枚じゃ流石に少な過ぎて限界来るだろ、という事で他の手段も盛り込もうとして、援護入れ替えデュークが入り、サッと出せるゴリーパーとパラサイが入り、それらが負けた時に出せるよう大罪の門が入り、気付いたらまとまりない感じに。こうなったらもう色々入れちゃおう、という事で出来たのがこのデックとなりました。
まず基本としてはまず魔法使い3兄弟に進化し、全てはそこから始まります。ブルーコメットで援護持ちのロイヤルナイツや四大竜のチンロンやゼヴォウォグレ、メタガルが登場出来ます。援護入れ替えデュークも登場出来ます。ナイツが負けたらドゥフトが出せます。レベルⅣならゴリーパーも出せます。レベルⅢでなければパラサイが出せます。負けたら大罪の門で魔王を出せます。魔王デーモンからならアルカディ究極体も出せます。また、ゼヴォウォグレとメタガルでオメガモンに進化したり、ガブモンからインコネでライズ青オメガモンに進化したりも出来ます。オプションは主にムゲンマウンテンで基礎能力底上げ&金バナナでAを0にされないようにしてバトルに臨みます。あとは究極体のポテンシャルに任せてゴリ推す感じです。攻撃力700とかの究極体がポンと複数出てきたら流石に相手も対応しきれないんじゃないかなという希望的観測のもと、あとはその場の運と気分によって出れるやつから出て行く感じで場に色んなデジモンを展開して制圧するのが私の戦い方となります。頭悪そうでしょ。以前まだここまでちゃんと作ってなかった頃に八坂さんのDSデックにボコボコにされたこのデックの戦績やいかに。
初戦が確かMEデックが相手だったかな?相手の引きが悪かったようで勝てました。
その後αやサイスルやってたら大会運営より連絡「九頭見さん2回不戦勝です。」ファッ!?なんでそうなるんだ...。
次の戦いも相手の引きが悪かったようで、どんなデックかよく分からないまま勝ちました。その後教えてもらったらどうやらバンチョーレオ&スティングで相手の手札とスロットを吹き飛ばすデックだったようです。どちらも出てこなくて良かった。その後他の人とバトルしてるのを見てたら、その2体が場に出てて丸腰で相手をしなければならない状況は絶望しか感じませんでした。
これで予選終了。不戦勝2回のおかげもあり決勝に進んだようです。いいのかなぁ...。

次はα大会。
デックは以前バタースコッチさんに作ってもらったNspウィニーデックです。ウィニーとは速さと数で戦うデックらしいです。ほんとは力こそパワーな戦い方が好きなんだけど、いかんせんαに関して知識がないのでそのままこのデックを使ってます。α初心者の我が戦績はいかに。
初戦はJTデックが相手。いや、ロゼデックだったのかなぁ?ウィニーの基本に沿って、スピードと数で勝ちました。
次はDRデック相手。スピード10のルーチェモンに速さが追いつかず、さらにDRのパワーに押し潰されて負けました。
次はWGデック相手。物量はこちらが圧倒したのですが(最大11体くらい並んだ?)、スピードはこちらがやや劣り、パワーはこちらが劣っていました。いつものように速さと数で押し込もうとしますが、相手の場に出たグリフォモンが何かしらのオプションカードによって「グリフォモンを倒さなければ勝利は無い」という状況に陥り、手詰まりに。とっくに相手のライフは0よ!なのに勝てない。何なんだこれは...。我がデック最強のガオガモンじゃグリフォモンには歯が立たないよ...。チューモンで件のオプションを破壊出来れば勝てるらしいのですが、スピードがチューモンより速い相手デジモンにやられてしまいます。最後、除外されたデジモンを場に呼び戻すララモンの絵柄のカードでチューモンを呼び戻しオプションでスピードアップするも相手もスピードアップし玉砕。もう打つ手無しです。ここで相手が寿命に。本当なら寿命でグリフォモンも寿命で亡くなってこちらの勝利なのですが、デジタマの絵柄のオプションによりグリフォンが寿命でも場に残ってしまいます。もうダメだ...。と、ここで初めて知った事実が。寿命になったターンは場にデジモンを出せないそうです。...え?マジで?相手の場にはスピード5のグリフォモンのみ。こちらはさっきのターンでもう諦めで使ってしまいましたが、チューモンを2体場に出せました。仮にグリフォモンがすげースピードを上げたとしても、こちらのチューモンを1体倒すのがやっとだから、なんかデジモンを倒すオプションを相手が握っていなければもう1体のチューモンで勝てたのでは?やっちまったよ...。もう後はじわじわ殺されるのを待つだけでした。
ここで2回負けたので試合終了です。無知は無力だってはっきり分かんだね。まぁ1回勝てたから良かったです。
あとαやってる人達が、バトルでデジモンを倒す事を「焼く」って言ってるの怖ぇんだけど。

サイスル大会。
俺のチャプター13、コスト上限90、究極体未だなしパーティーの力を見せてやるぜ!(早くクリアしろよ。もうネクオダ出ちゃったよ...。)
やはりというか当たり前と言うか、みんな究極体でパーティーを組んでいます。圧倒的な戦力差の前に、我々はただただやられるのを待つだけだった...。と言いたい所ですが、初戦の相手はまだ進化したばかりのディアナモンをパーティーに組み込んでたりしていたようで、前回の大会よりはバトルしてる感があって良かったです。右側のバーが真っ赤じゃない!まぁ勝てるはずも無かったですけど。2回戦の相手はTri.究極体パーティー。もう勝てる気がしないよね。ただここで初めて知った事実が。私がパーティーに組み込んでいたエアロブイドラモンは先攻がとれる能力があったようです。そうだったのか知らなんだ。まぁだからといって勝てないけどね。対戦相手様のサービスによりTri.究極体全員を交代でだしてもらって拝めたので満足です。
あっという間に2回負けたのでここで試合終了です。勝ちを差し上げるマンと化しました。

お昼は近くの飲食店でラーメン食べながらTri.トークに花を咲かせました。小一時間くらいかけちゃって、帰ってきたらマキさんに「おせーよ!」って怒られました。アルティ大会で次に戦う予定だった鎧皇さん待たせてしまってごめんなさい。

さてここでインターバル。前日にツイッターで「誰かバトエンやろうよ!」って言っておいた事が功を奏し、げるもんさんがバトエンを持ってきてくれました。...と思ったらトラップ!私のはフロンティアのバトエン、げるさんのはアドベンチャー、というかそれ以前の?バトエン。見た感じこれルール違うぞ...。これじゃ戦えないよ。しかしフロンティアバトエンは1人1本あれば戦えるってことで、これで遊んでみる事に。げるさんのはルール覚えてないってさ。
th_IMG_4755.jpg
デジモンバトエン初体験。やったー!うん、何回かやれば満足かな。4本しか無いし。

ついでに対戦は出来ないけど、転がす系バトルホビー。
th_IMG_4759.jpg
私はいつでも対戦相手を募集しています。ていうか持っている人を探しています。

交流スペースにはおもちゃもいっぱい。
th_IMG_4764.jpg
おや、クロスウォーズのウンチがいませんね...。海外のデジメンタルから変形するサブマリモンに触れる事が出来て嬉しい。

さてそろそろ物事の順番を忘れてきました。

携帯機大会。今回も前回に引き続き育成の必要が無い手のかからない子、デジバトシリーズのパタモンで参加するぜ!カワイさんもパタモンでの参戦です。前回大会ではパタモンが謎のパワーを発揮しベスト8トーナメントまで生き残りましたが、今回はどうだ!?
...完敗でした。カワイさんとのパタモン対決にだけ勝って、他は「負けた(パタモンの声で)」。前回の究極体をなぎ倒す活躍は一体なんだったのだろう。
その後本大会の上位4名と去年大会の上位者によるグランドトーナメントが行われました。決勝はデジヴァイスのアグモンオメガモンVSガブモンオメガモン。テイマーはそらきちさんとしれねさん。二人ともデジモンガールだ。そして激戦を制したのはしれねさんのガブモンオメガモン!優勝者にはトロフィーと副賞の海外版デジタルモンスター携帯機が贈られました。いいなぁ。

今回はデジモンカードハイパーコロシアムバトル(普通のデジモンカードのバトル)大会は行われませんでしたが、先月行われた、これまでの上位入賞者によるグランドトーナメント大会の表彰が行われました。用事で観に行けなかったから、そういえば誰が優勝したのかよく知らなかった。優勝はどうやら八坂さんだったようです。

アルティ大会決勝。
相手は予選でも当たったバンチョーデック。予選ではバンチョーが出てきてくれなかったので助かりましたが、別の試合で2体のバンチョーが並んでいる所も目の当たりにしているので、怖かったです。
序盤はそんなに良い感じに手札が揃わず押されていました。そうこうしているとバンチョースティングが登場。究極体で進化条件は無視出来ないのに1ターンでレベルⅢから一気に進化して来るからビビります。そして特殊能力によりバトル開始時に手札が全てダークエリアに。手札なんか捨ててかかってこいよ!な怖いやつの登場に戦々恐々。こっちのデジモンが何だったか忘れたし、そのターン内だったか次ターンだったかも忘れたけど、確か強化Uで攻撃力を雑に強化して倒しました。多分相手のデックはバンチョーで何もさせなくして勝つデックで、攻撃力ガン上げするタイプじゃないと思うのでそれで助かりました。バンチョーレオが一緒に出てこなくて良かったです。そしたら今度はバンチョーレオが登場します。ほんと同時に来なくて良かった...。今度はスロットがダークエリア送りになるので手札で何とかしなければなりません。確かこっちのデジモンは援護交換デュークだったかな?相手は確か防御Cでこちらの攻撃力を0にしてきたので、手札に丁度いたパラサイモンを召喚して迎え撃ちました。パラサイの能力で、基本攻撃力0にされてもこっちは+2000くらいだ!どうだ!無事バンチョーを倒せました。その後か前か忘れましたが、別のデジモンボックスにはデ・リーパー ADR-06(通称ゴリーパー)を召喚しますがこちらも向こうも特に動きが無くずっと引き分け。場つなぎのために出しておいたらその後が続かず、じわじわ10ずつポイントが減って自分の首を少しずつ絞めていく事に。その後は相手の防御C内蔵レベルⅣが並びこちらは準備無しには進化が出来ない状態に。しかも想定外だったのは、大罪で魔王を出そうと思っていたパラサイがなんか知らないけど負けなくて、手札のダークエリア送りのデーモンがなかなか出せません。と、遂にパラサイが負けてデーモンを召喚。相手の能力持ちデジモン達もダークエリア送りだ!デジモンボックスの3に出せたのも良くて、アルティのルールでは後攻側のボックス1からバトルが始まるので、バトルの最初に相手のデジモンをみんなダークエリアに遅れます。デーモンの能力で勝てば更に10ポイント奪えるので前半に開いた点差も詰めていきます。最後、相手は残り30ポイント。こちらは残り10ポイント。デック無し。デジモンはボックス1ゴリーパー、ボックス2ソーサリ(だったかな?)、ボックス3デーモン。多分ゴリーパーは引き分けなのでこちらは確実にポイント0になります(いや、ゴリーパーで勝つ方法を考えろよ)。もうとりあえず他2体で勝つ方法を考えます。デーモンはとりあえず勝ちました。ソーサリはそのままだとすぐに負けますね...。そこで丁度最後に手札に回ってきたガンクゥモンをブルーコメットで出します。ポイント30以下でないと援護出来ないという、ポイント200のアルティだとなかなか使いにくい援護も最後に来てくれれば有難い。行け!勝ってくれガンクゥモン、究極体のパワーを見せてくれ!相手はもうこれを上回る攻撃力を出せなかったようで、勝てました。そしてゴリーパーは引き分け。これでこっちはポイント0だけど、相手のポイントも0にしたし、我が生涯、一辺の悔い無し!と思っていたら、なんとポイント計算はバトルした順に行うそうです。デーモンで10ポイント+能力で10ポイント、ガンクゥで10ポイントなのでゴリーパーの引き分けの計算を行う前に相手のポイントが0になり、その時点で勝敗が決定らしいです。という事は、俺勝ったのか。マジか。
優勝しちゃいました。まさか優勝出来るとは。まぁ不戦勝×2のお陰で決勝に進んだので、良いのかなぁ...という気持ちもありますが。実際戦った相手がたまたま相性が良かったというのも大きかったと思います。大会では対戦しなかったデリーパーデックとフリーバトルしたら余裕で負けたし。でもしかし折角優勝って言ってもらえるのなら有難く喜んでおきます。それに、今回ももちろん勝つ事を目指しはしましたが、それよりもこのアルティルールで色々な究極体を入れ替わり立ち替わりずらっと並べたいというのを実現出来たので楽しかったです。ナイツと魔王の共演とか出来たし。

ただ今回気になった事が一つ。あ、珍しく真面目な話でつまんないと思うからこの段落は読み飛ばしてもらって構わないです。私は旧デジカに関しては主にコレクターなので、カードファイルにしまう1枚だけを持っていれば、だぶったカードはトレードなどで手放してきました。なので私は勝ちを目指すデックを組める程強いカードを沢山持っていません。本当ならデックを組むのを諦めていましたが、本大会のルールとしてカードを印刷したもの(いわゆるプロキシ)の使用が認められているのでそれを使って大会に参加をしました。しかしバトル中やバトル後に「印刷だと見にくい」とか「コピー無しの相手と戦いたい」など、コピーの使用を快く思っていないような言葉を投げかけられたりしました。私としては、今現在生産が終了しているデジモンカードの実物を買った所でバンダイにお金は入らないし、ゲームとして楽しむ分にはコピーでもいいやと思ってコピーカードを使っていました。しかし実際に今現在入手が難しくなっているカードを手に入れてきちんと本物のカードだけでデックを組んでいる人からしたら「こいつ何の苦労もせず強いカード使いやがって」とか感じるかもしれません。実際カード勢は本物のカードでデックを組んでいる人が多く、「このカードをデックに入れたいけど2枚しか持ってないんですよ〜」とかの言葉を聞くたびに、多少なりとも負い目は感じてはいました。それに今までは私は所詮カードコレクターとして大会の上位に食い込むような事はほぼ無く、優勝なんてとんでもない、という状況でしたが、今回優勝してしまいました。という事もあり、コピーカードでの大会参加で相手が嫌な気持ちになったり、こっちも嫌な気持ちになるなら、もう大会に参加しない方が良いのかな、と思いました。という事で、これからもデックを考えたり、バトルを申し込まれたりすればバトルはしますが、大会には今後参加するのはやめようとおもいます。丁度今回の大会で有終の美も飾れたし、丁度良いんじゃないかな。

さて次は何だっけ?αの決勝か。すみません、よく見てなかったです...。誰が優勝したかも覚えてないや...。

サイスルの決勝。うぇるすさんVSげるもんさんだったかな?やっぱり究極体3体同士のバトルは迫力ありますね。カッコいい!!優勝はシャイングレイモンバーストモードの勇士を見せてくれたげるもんさんでした。

この辺で?QLさんが到着。そして...
th_IMG_4760.jpg
フロンティアのバトエン!!!私のと合わせて合計12本!バトエン第2ラウンドの開始だ!見てみると、ボルグモンの能力が「1ターンダメージ無効」だったり、スナイモンのシャドウシックルが「もう1回振る(その後参照するのは2段目の効果)」だったり結構バリエーション豊富で楽しげ。トイアグモン黒が「戦車に変形する」とか原作再現してるのも面白い。これは全部揃えたくなりますねぇ...。

QLさんのデジモンテイマーズかるたも拝見。絵を見て読み札が何か当てるゲームを一人でやって楽しみました。そこそこ大筋は当たったりした。それにしてもあのテレマガとかの幼児誌に載ってそうなへろへろの味わい深いイラストのカルタ、欲しいなぁ。

ヒーローは遅れてやって来る、ブルーフレアのキリハの服装でコデレシさんも到着。そして運命の出会い。
th_IMG_4763.jpg
アッー!
デジバトシリーズ初期ラインナップにして全てであるアグモンとパタモンのバトルが実現!接続してる様子を見てバンダイは何か思わなかったのか?アグモンが負けて「うわぁ...」に笑いがこみ上げる!こないだのワンフェスで沢山売っている所があったと聞いて無念です。欲しかった。

デジモンバトルエボリューション大会。やった事無いけど(正確には以前交流会で数回プレイした気がする)大会に参加するぜ!大会運営「名前と使用デジモンを」私「使用デジモン何がいるんですか?」そんな使用デジモンなんていわれても知らないよ〜。画面をキャラセレクト画面にしてもらって「テントモンおらんやん!!」悩みましたが、当時機械系のデジモン好きだったし、デジモン界のタイムボカンことセントガルゴモンにしました。トーナメント方式です。初戦は何と戦ったんだっけなぁ...。負ける気満々で挑んだら勝ちました。バーストショットって後ろにも当たるのか。ビギナーズラックの力を見せてやる!2回戦はガブモンが相手。この辺でジャイアントミサイルがまっすぐ飛ばない事に気付き始める。そしてなんか勝ちました。やったぜ!3回戦はスティングモン。1回は倒したものの、負けました。試合終了です。優勝はそのスティングモンでした。決勝はスティングモンVSテイルモンでした。スティングモンはこのゲームで1番格ゲーらしい動きが出来るキャラらしいです。テイルモンがステージ際でキャッツアイからの攻撃で相手を突き落とし、ゲージが溜まったらホリドラに進化してアポカリプスを喰らわせて相手を突き落とすを繰り返すコンボは面白かった。あれ落ちたらステージの端に戻されるのヒドくない?

その後デジモンオールスターランブル大会。チーム戦です。私はげるさんとチームを組み、テントモン&ドルルモンの「チーム櫻井」で挑みます。...待て、英語版じゃどっちも声櫻井さんじゃないやんけ!普段スティックよりも十字キーを好んで使っていた私の「これ移動はスティックなのか!」という凡ミスに始まり、ほぼ何も出来ず負けました。ごめんよげるさん...。これやって感じたのは、やっぱり操作が日本とちょっと感覚が違うんだな、という事です。さっきのバトエボはやった事無くても何となく戦えたけど、ランブルはなんかほぼ戦えなかった。

この辺でそろそろお片づけ。最後思い出したようにホモコマで軽くバトル。ノルマ達成。シュート時の落下爆撃はNGで。

楽しい時間はやっぱりあっという間に終わって、解散。今回大会数の割に運営側が人数少なくて大変そうでした。お疲れ様です。皆様の苦労があってこその今日の我が楽しみを有難く噛み締めたいと思います。

その後行きたい人達で夕飯。結構人数いたので分かれました。ハンバーグうめぇ。

さらにその後4人くらいでゲーセンへ。デジモンのクレーンゲームの様子を見に行きます。テントモンおらんやん!(2回目)やっぱり最近何度もぬいぐるみで出てるアグモンとかよりも、やっとぬいぐるみに登場したテントモンの方が人気なようです。それにしてもみんなクレーンゲームでよく取れるよなぁ。私は諦めたのでそこで試合終了です。2件目のゲーセンでテントモン(ラス1)を発見。コデレシさんがゲットしてました。

これで本当に解散。皆さんお疲れ様でした。


話は遡るが、交流会終了後。
しぐーさん「明日暇ですか?」
私「ハイ。」
しぐーさん「温泉行きませんか?」
私「ハイ!」
To Be Continued→

年忘れ:デジモンゲームにお邪魔してきた

12月30日、デジ窓さんの年末生放送「ゆくエムくるワイ」の会場にお誘い頂いたのでお邪魔してきました。まぁ放送には関係無く、会場内でゲームするだけですが。

集合場所に行こうと池袋まで出てきたところ、そこで集合時間が1時間遅くなっていた事を知ります。ハァ〜とか思っていたところ、ツイッターって便利ですね。たまたまヒラリさんも池袋にいたようでその場で連絡を取って合流。暇つぶしにビックカメラに行く事に。何故って?ホモコマのためにバトルスタジアムを買うためだよ。

本物のベイブレやワゴン価格のバチ魂バットとテンカイナイトなどをついでに買ってしまったところで集合場所へ移動。集まるカード勢。本当に何なんだろうねこの集まりの良さ。みんな暇なのかな?僕もだけど。

会場に到着。全部で13人くらいという話だけど、とりあえず5人くらいで年忘れデジモンゲーム第1部に突入。この時点で14時半くらいかな。まず持ってくるように言われていたデジモンドンジャラをプレイ。5人だと1人余るので私はルール説明に回りました。最初はデジタマ奪還ゲームをプレイ。サイコロを振りながらパイを動かし、中央にあるデジタマを自陣に持ち帰ったら勝ちです。
th_IMG_4135.jpg
さて、お分かり頂けるだろうか?この状況の面白さはルールを知らないと分からないので説明せねばなるまい。まずパイ同士が同じマスに止まるとバトルが発生し、負けるとパイが除外されてしまいます。そして負けたパイの復帰が出来るのですが、復帰するパイは自陣の隅のマスにしか置けません。そしてこの写真ではパタモンのパイが全滅し、その隅のマスにアグモンのパイが居座っています。つまりパタモンのプレイヤーは何も出来ないのです。というわけでなんやかんやバタースコッチさんが勝利。プレイヤー同士の潰し合いを眺めていたせいか、割と圧倒的でした。
続いてルーレットゲーム。盤面を回りながらパイを奪い合い、完全体パイを揃えてゴール出来れば勝ちです。これは結構時間がかかりそうと思われていたのですが、砂糖さんが即行でパイを揃えてゴール。
th_IMG_4136.jpg
え?ドンジャラはやらないのかって?デジモンドンジャラでしか遊べないゲームをした方が良いでしょ!ドンジャラなんか麻雀やってれば良いんだよ。因みに1番面白いゲームはドンジャラです。ベースが麻雀だから。

有頂さんが合流し、ドミニオンが始まります。デジモン関係無いって?デジモン(ファンが)ゲーム(する)だから良いんじゃない?ドミニオンはとても面白いカードゲームなので皆さんもやる機会があれば是非やってみて下さい。
th_IMG_4137.jpg

その後だんだんと人が集まってきて、放送の準備も開始。夕ご飯のピザ等も来ました。
というかさっきからヒラリさんがパックを開封したくて仕方が無いご様子。何のパックかって?デジモンカードタクティクスだよ。
th_IMG_4138.jpg
あなたはご存知だろうか。カードと専用マシンを組み合わせた次世代対戦型カードゲーム(1999年)を。スターターは私とヒラリさん、八坂さんに加え、矛さんとマキビシさんのものを加えて5個(実はけーいちさんも持っているとの事で、事前に知っていればもう1つ増えたのに、惜しい事をした)。ブースター4箱は私、ヒラリさん、バターさん、八坂さん用に購入したもの。今日はこのヤバい光景を写真に収める事が目的だと言っても過言ではない(過言では?)のです。そしてヒラリさんが早く開封したくてしょうがない。ゆくエム放送後に開封の様子を動画に収めるという事でもう少し待ってもらいます。

そうこうしているうちにあっという間に20時、放送の時間です。いつもはパソコンの画面で放送を見ていますが、今年はまさか放送している横にいれるなんて思ってませんでした。放送聞いていたかったのですが、なんかジントリックスのカードでどうにか遊べないか談義が始まってそちらのテストプレイに混ざっているうちに放送は終了。そういえばアンケートの好きな楽曲ランキング聞きたかったのに聞いてないや。ちなみにジントリはヒラリさんが沢山持ってきたのですが、このカードご存知の方も多いと思いますが1枚100円でした。そのカードを大量に所持しているヒラリさんって...。ジントリの闇は深い。

放送後はお待ちかね年忘れデジモンゲーム第2部です。早速カードタクティクス開封を行います。もちろん待ちきれなくてしょうがなかったヒラリさんから。一体このご時世、どこにこんな需要があったのだろうか。パックを1つずつ剥いていきます。見た事無いカード等も出てきて一同大興奮!...したかどうかは分かりませんが、少なくともルールを知っているメンツは興奮気味です。1BOX開封し終わったところで、「これ全種類揃ったんじゃね?」ものは試しにもう1BOX今度はバターさんが開けてみます。あ、コレ1BOXで揃うやつだ。すごい消化試合感。まぁどちらかというとコレクターである私にとっては有難いですが。その後早速デックを組む皆さん。
th_IMG_4150.jpg
ここで朗報。タクティクスは競技人口が極めて少ない、というかプレイしているという話を聞かないので、今スターターセットを入手してルールを覚えればそれだけで環境トップの仲間入りが出来ます!俺が、俺達が環境だ!タクティクスはAmazonなどでも容易に入手出来るので、キミも環境トップを目指せ!

さてタクティクスは一旦置いといて、今度はホモコマ大会です。ホモコマについては過去記事を参照して下さい。ここにホモコマプレイヤー5人が集まった!(私、マキさん、矛さん、けーいちさん、地天竜さん)有頂さんが持ってきていないという事で6人バトルは叶いませんでした。まぁそれはしょうがないとして、このためにベイブレードバーストのフィールドをついさっき買ってきました。このフィールドを使う事で、未だかつて無い程ホモコマを楽しみました。写真はバトルに夢中で撮り忘れました。因みにけーいちさんが強かったです。あとみんな次回からは自分のコマが分かるように色塗ったり名前書いたりしようね!僕はアニメイトカフェで作った名前シール貼ってるよ!
ここでまさかの乱入。
th_IMG_4139.jpg
私がフィールドと一緒に買っていた時点で予定調和ではありますが、ホモコマVSベイブレードバースト。勝てる気がしねぇ、と思ったものの、意外と良い勝負をしたり、勝ったりしていました。ホモコマの可能性を垣間見た瞬間でした。
というわけでみんな、ベイブレードバーストを買おう!

さて、BOXを開封したタクティクス組4人がデックを作るまでの間、残りの7人はとても丁度いい人数なのでめざせムゲンマウンテンをプレイ。私はデックを組んでいたのでそちらの状況はよく知りませんが。

その間に練習試合です。以前私とヒラリさんで戦った時には、通信が上手くいかず対戦が出来ませんでしたが果たして...。
th_IMG_4151.jpg
無事対戦出来ました。やったぜ。

デックも組んで、練習試合と言う名の予選も行い、タクティクス決勝。私VS八坂さん。八坂さんは練習の時から場に完全体を2体並べる等、デジモンの出し方が上手い印象。一方私はディフェンスデジモンを狙い撃つ戦法で挑みます。ディフェンスデジモンの残りCP(HPみたいなもの)に応じてデジモンが回復するこのゲームに置いて、ディフェンスデジモンがいなくなる事は回復が出来なくなる事と同義です。ポジションチェンジによりアタックデジモンをディフェンスに回す事も出来ますが、ポジションの移動は1ターンを要するのでそれなりのリスクです。最後ウォーグレイモンに進化されたりデックが底を尽きたり、チームパワーを0にされたりしましたが、デジモンを2体撤退させていたため数の暴力で勝利を収める事が出来ました。そしてデックはまだまだ改良の余地が多そうです。

デジモンゲームもこの辺で終えて、人狼に移ります。もう結構深夜だったのでよく覚えていません。けーいちさん辺り人狼オフ主催者としてレポートでも書いてくれませんかねぇ。

あっという間に朝5時くらい。流石に撤収です。折角持ってきたデジモンバトルフィギュアは遊ぶ時間がありませんでした。また今度機会があれば誰か捕まえて遊ぶ事にします。解散。

さて今回お誘い頂きとても嬉しかったです。そして有り得ないくらい楽しかったです。2015年の現在、こんな事が出来るなんて、って感じです。そして自称デジモンおもちゃ部部長として新たにドンジャラ体験者やタクティクス勢を増やす事が出来たので良かったです。タクティクスに関しては多分八坂さんとかにすぐ追い抜かれると思いますが、私が強くなるよりも競技人口(というかそのゲームの存在やルールを知る人)が増える方が私としては嬉しいですし。

あとおもちゃ部部員募集中です。具体的には、私がおもちゃオフ会をやろうとした時に優先的に予定を聞くメンバーです。もし興味があれば一言お願いします。是非。

誕生日会&クリスマス会行ってきた

先日行われたオールデジモン忘年会(過去記事)での一コマ。
「地天さんもうすぐ誕生日だって!誕生日会やろう!」
「一緒にクリスマス会もやろう!プレゼント交換!」
12月某日、都内某所。10人のデジカプレイヤーが集まったのでした。


というわけで地天竜さん誕生日会&クリスマス会、通称地天会をやりました。

クリスマス要素という事で、先日作ったクリスマスツリー(過去記事)を持っていきました。
th_IMG_4122.jpg

今回のメインイベントは、プレゼント取り合い旧デジカ大会です。みんな1つずつデックを組んできて、それらをシャッフル、くじで当たったデックを使用してスイスドロー形式で勝負、上位から順番にプレゼントを選んでいくというルールでプレゼント交換を行います。ただし地天さんは誕生日なのでプレゼントは用意せず、最下位はプレゼント無し、という大会としました。ただ、地天さんが折角だからとプレゼントを用意してブービー賞としました。

そして集まったプレゼントがこちら。
th_IMG_4121.jpg
みんなどっから探してきたんだよというラインナップ。ブービー賞はあのテレビに繋いでバトルするデジモンクロスアリーナ。このプレゼントが後程一騒動起こします...。

さて今回用意したデックは、バタースコッチさんに考えてらったウィッチモンデックです。これがバターさん特有の色々詰め込むデックで、ブルーコメット、オメガインフォース、ウォグレオメガブレード、ヴォルクドラなどがぎゅうぎゅうと入ったデックです。
バターさん「強い(確信)」

早速デックを交換。私のデックは有頂さんのところへ、私は有斗さんのデックで戦う事になりました。今回最初にレベルⅢだけ確認してデック内容を知らないままバトルに臨むというルールにしました。

ということでプレゼントを賭けたデジカ大会開幕。
th_IMG_4120.jpg

・1戦目 絆さん 有頂さんのレオモンXデック 負け
レベルⅢ何だっけ...。ここ数日デジモン関係で遊び過ぎて数日前の出来事なのに忘れてしまいました。プロットモンだっけな?この時点で有斗さんのデックがどんなデックなのか分かりません。とりあえず初手を見るとヒューマンハイブリットが沢山あったので、ディースキャナを使って色々なハイブリに進化するデックだなと思いました。とりあえず進化出来なかったのでガンガン手札交換していきますが、スキャナが来ません。通常進化出来るフェアリモンが早い段階で来たのですが、とりあえず進化したら負けてしまい、その後援護デジモンが沢山来て援護が戦いに必要なデックだと気付きます。ただそこからなかなか進化出来ず、デック最後6枚くらいのところでまとめてスキャナが3枚来ます。ポイントが半分以上なくなったところでやっとスキャナでヴォルフモンに進化。デックの上からカードを引いてデジモンなら攻撃力+400(3枚まで)を使用したところ400しか+されず...。ちょっと引き悪過ぎんよ〜。絆さんがどんなデックでどう戦っていたかよく覚えていないくらい殆ど何もせず負けました。

・2戦目 八坂さん 砂糖さんの仲良し赤マグナオメガデック 負け
今回もガンガン手札交換してやっとこさ進化して、能力を使うためデックを引くとハズれるという一連の流れを再現。最悪です。マグナモンは強いですね。相手がオメガモンと援護マグナモンというところでやっとヴォルフモンが能力を完全発揮、攻撃力+1200をやってくれたと思ったら争いで引き分け。こちら残ポイントが10だったのでそこで試合終了です。最後の聖騎士が逃げるなんて!
八坂さん「素直なデックって強いわ〜」そうだね、僕もそう思う。

このタイミングで全敗が私、有斗さん、地天さん。そしてここでの問題が、私と地天さんはクロスアリーナを持っているという点です。絶対に負けられない戦いがここにある。

・3戦目 有頂天さん 私のウィッチオメガヴォルクデック 負け
こちらの表記能力による攻撃力修正がオメガブレードで消せない上、援護デジモンの修正値が600程あるため、最大火力+1800くらい出るハイブリにバトルで勝つのが難しいと踏んだ有頂さんはどうやらヴォルクで決着をつける方向で動いているようです。こちらのデックはハイブリがロスポイント究相当なので勝っても10ずつしか減らせません。相手はキュートで回復が出来る上、キュート、ラッカー、強化Uとその使用デジモン、オメガインフォースなどですぐにゲージが溜まります。バトルでは勝っていたもののヴォルクが降臨、80ポイントくらい食らって負けました。

最後の全敗同士のバトルは私と有斗さんとなりました。クロスアリーナ2個目がかなり濃厚になってきました。

・4戦目 有斗さん 八坂さんのアルカディデーモンデック 負け
有斗さんがしきりに「これ何も出来ずに負ける自信あるんだけど」などと仰っております。私はどうしたらそんな事が出来るのか分かりません。相手がアルカディデックという事は分かっていましたが、効果を覚えていません。誰に進化すれば良いのか分かりません。とりあえず攻撃力ガン上げヴォルフモンに進化しますが、どうやら違ったようです。休戦協定でバトルフェイズをスキップされ、バトルが出来ずターンが過ぎていきます。相手が手札にアルカディモンを揃え、能力により直接ダメージを食らっていき負けました。
有斗さん曰く、引き分けに出来ないラーナモンに進化して、援護で毎ターン攻撃していればアルカディ達は攻撃力が及ばず場をキープ出来ないためそのまま勝てたとの事です。

はい。最下位になりました。忘年会の時点で、このカード勢達の中で一番テイマーレベルが低いのはカードバトルよりもカード集めに精を出す私で、ビリになっちゃうよ〜とは思っていましたが、やはりそうなってしまいました。敗因は攻撃力を上げる能力持ちのハイブリに頼ってばかりだったところでしょうか。引き分け許さないラーナモンやスロット制圧ブリッツモンなんかを上手く使えればもっと結果は変わっていたはずです。また引きの悪さもありましたね。人間力の低さが露呈しました。ヴォルフモンって攻撃力1200くらい上がるって聞いたんだけど、400しか上がらないんですが...。

もうクロスアリーナ2台目ゲットか〜と思っていたら、皆さんの慈悲により下から2番目と3番目の砂糖さんと有斗さん(勝ち数は同じ)によるクロスアリーナ争奪バトルが急遽開催。ここで負けた方がプレゼントクロスアリーナを受け取るというデスマッチが発生しました。私はどちらが勝ってもクロスアリーナを避けられるというなんか知らないけど美味しい状況に。優しい世界過ぎて涙が出ますよ。結果有斗さんが負けてしまい、クロスアリーナは有斗さんの元に。私は代わりにワンダースワンとアノードテイマーを頂きました。申し訳なさでいっぱいでしたが、有斗さんがアノードを持っていたという事で少し気が楽になりました。有難う有斗さん、そしてカード勢のみんな。有斗さんには今度ラーナモンのイラストをお贈りします。

有斗さん「俺ん家にテレビ無い!!」
本当にすまないと思っている。

優勝はバターさん。くじによって唯一自分のデックを使っての大会参加でした。

因みに私が持っていったカードタクティクスは八坂さんの手元に渡りました。この事がその後また別のイベントを引き起こす事になるのですが、それはまた今度、別の記事で。

その後は適当にカードで遊んでいました。一時メンバーの半分以上がαをプレイしたり、タクティクスのカード考察をしたりと、デジカ勢の探究心の強さが感じ取れました。そしてあっという間に終わりの時間。楽しかったですね。

今回は誕生日会という事で、みんなとの距離がさらに縮まったような気がして嬉しいですね。こうやって友達が増えていく事は良い事ですよね。

また次回はあるのでしょうか?次は誰の誕生日になるのか知りませんが、待て次回!

デジモン交流会行ってきた

社会人になってからというもの月1回の月末出社と被って参加出来てなかったデジ窓さんのオールデジモン交流会ですが、今月は第1土曜日開催という事で、意気揚々と参加してきました。

今回の場所はいつもの池袋ではなく中板橋。部屋が和室で過ごしやすかったです。

会場について早々、私の顔を見たカード勢2人が鞄からホモコマを取り出します。私もそれに応戦しハッピーセット一式を取り出します。
th_IMG_3998.jpg
その後すぐに神奈川勢が到着、2人がホモコマを取り出しここに5人のコマプレイヤーが集結したのだった。
th_IMG_3999.jpg
オープニングバトルの様子。フィールドはベイブレードジュニアのもの。
因みに「ホモコマって何だよ。」という人のために説明しますと、クロスウォーズ放送当時にデジモンはロッテリアとの関係を絶ちハッピーセットでおもちゃを出しました。その中の1つがデジモンレジェンドコマです。アグモン、ブイモン、ギルモンという歴代アニメ主役デジモンが造形されています(フロンティアがいないって?アグニモンがいたら浮くでしょレーシングみたいに。セイバーズはアグモンが被るからいいでしょ。ゼヴォは無理だよ)。その3体の光を放つ体が溶け合う造形の気持ち悪さはなかなかのものであり、またその姿が抱き合っているように見える事から、一部デジモンファンから「ホモコマ」と呼ばれているのです。その他のハッピーセットの中では、その甲高い「イクゼソウルクラッシャー!!」のサウンドギミックが印象的で「シャベッタァァァァァ!!!」と叫びたくなるシャウトモンのおもちゃが有名です。

とりあえず午前中は旧デジモンカード大会に参加します。今回は我がウィッチモンデックがどれくらい戦えるのか試す意味も込めてウィッチモンデックで参戦です。過去のデジモンカード練習会の記事で使ったウィッチモンデックを少し改良したものです。大会形式は、予選が数ブロックに分けられその中で総当たり戦を行いました。結果からいいますと、全然ダメでした。かろうじて1戦勝利しました。なんか今回割と引きが悪かったのと、ウィッチモンの基礎能力の頼りなさと、そもそものプレイングスキル不足等あり、ウィッチモンを活躍させる事は叶いませんでした。誰かウィッチモンで戦える方法を思いついた人は教えて下さい。因みに戦った相手はルーチェFD×2、赤ベルゼ、ライズアンティラだったかな。

その後は交流ゾーンにてデジモンマウンテン体験。
th_IMG_4002.jpg
マキビシさんが持ってきたデジモンマウンテンと私が持ってきたデジモンマウンテンミニ。普通のマウンテンの方が難しかったです。しかも制限時間付き。これは欲しい。制限時間を無視し、多少想定されていない方法をとり(不正は無かった)クリアしました。これを何とそらきちさんが制限時間内にクリアしたというのだ。あなたが神か。

その後サイスル大会に参加。参加者5人って少なくないですか?ゲームをアップデートしていなかったようでご迷惑をおかけしたものの無事対戦出来ました。初めての通信対戦です。見せてやる、チャプター7まで進めて完全体が4体もいる俺のパーティーの力を!究極体?まだいないけど。対戦が始まると私は思った。これは携帯機の対戦のように見ていれば良いのか?(訳:相手が強くて手番が回ってこない)何回か攻撃したもののやっぱりやられました。まぁ通信対戦を体験出来たので良かったです。

再び交流コーナー。確かれとさんが持ってきた超進化メタグレとワーガル。
th_IMG_4004.jpg
あーうちにあるアトラーとガルダも連れてくれば良かった。噂には聞いていたものの、胴体に腕とかしまう変形方法、スペースがかなりシビアで立体パズルの様相を呈してるな。とりあえず遊べて良かった。いつか自分で買おう。

夕方には携帯機大会に出ました。俺はせっかくだからこれで参戦するぜ!
th_IMG_4006.jpg
左上に見切れているパタモンが私です。(その横にしれっと写ってる陰陽大戦記も私ですが、もちろんこれでの参加は出来ません)これもれっきとした携帯機で、デジバトシリーズのパタモンです。とはいっても育成要素等は一切無く、サウンドギミックが内蔵されているだけです。バトルはおなかの端子で行います。
早速バトル開始。まぁどうせすぐ負けるだろうな...と思っていたらウォーグレイモンやその他究極体を打ち倒したりして、なんか知らないうちにベスト8に残って決勝トーナメント進出。マジかパタモン。もう一つびっくりしたのが、カワイさんが同じパタモンで参戦していたことです。もちろんパタモン対決しましたよ。
決勝トーナメントではペンデュラムのクロックモンと当たり、1回も勝てず敗北。まぁトーナメント進出しただけでも十分な活躍だよパタモン。そういえば対戦に夢中でパタモンのバトルの様子を収めた写真とか撮ってなかったけど誰か撮った人いたら写真下さい。
この大会の優勝はそらきちさんのオメガモンでした。さすが大人気デジモン。

カード大会の決勝も行われて、優勝はバタースコッチさんでした。朝、隣の修羅卓怖いとか言ってたくせに優勝してんじゃねーか。

北米で発売された格ゲー「オールスターランブル」もやってきました。今回は大会は無しでした。まぁ適当に4人対戦で楽しめたので良かったです。格ゲー難しいよ(安定の最下位)。このゲーム必殺技の演出格好良いよね。

他にはお馴染み覚え描きをしてみたり、美味しそうなデジモン談義をしたり、あとは適当にダラダラ喋ったり。新たな知り合いも出来ました。レーシングを知らないと言うのでやってもらったり。

楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、交流会も終了。今回は特に色々出来て大満足でした。参加者も多かったようです。

しかし今回はこれで終わりではないのです。交流会が終わったらオールデジモン忘年会開催!20人くらいで焼き肉へ行きました。座ったところがカード勢ばっかりだと思ってたら、実は東方勢が固まったという。なんかお酒も入ってたためかみんないつもより余計にハイです。何で身分証見せ合ってんだよこいつら。そしてなんと今日(12月5日)はヒラリさんと砂糖さんの誕生日だという事が発覚。おめでたいなおい。マキさん馴染みの店という事もあり、急な情報開示にも関らず二人にはケーキが振る舞われました。その流れでカード勢の間でみんなで誕生日の時は集まって誕生会という名のカード会をしようとか言う話が持ち上がったりしました。またLINE交換とかしたりして、みんなとの距離がまた縮まったような感じ。

焼き肉後はみんなじゃないけどカラオケへ。カード勢とその他勢に分かれての入店。カード勢は最初は歌ったものの、やっぱりカードやりました。みんなのデックを交換してバトルするというものをやったのですが、そこで私は思った。みんなのデック強いなー。流石カード勢の皆さん。しばらくして私はカードに飽きて他の人のバトルを眺めてたけど、眠くなってきました。そこでもう一つの部屋に行ってみると、なぜかマイク無しで歌ってました。なんか腹から声出せて気持ち良いとの事だが、私は喉から無理矢理声出すような歌い方だから...。

朝5時、解散。もうみんな眠そうだし私も眠いよ。早くお家に帰ろうよ。ブレイブビーツは録画で観るよ。

というわけでオールデジモン交流会、楽しかったです。これを読んで誰か一人でも「あ、楽しそう」と思ってこのようなオフ会等に参加してみようという人が出てくれたら嬉しいです。それではまたオフ会等でお会いしましょう。皆様お疲れ様でした。主催の皆様、有難うございました。

第2回デジモンプチオフ会やってみた

今月は毎月恒例チェルモ旧デジカ大会もデジ窓さんの交流会も行けないので、折角なので先月に引き続き第2回デジモンプチオフ会を開催しました。元々は友人の有斗さんが「交流会行けないかも」と言っていたのでじゃあプチオフやろうって話だったのですが、知らぬ間に有斗さんは交流会行けるに変わってて裏切られた。別に良いんだけど。

参加者は最終的に私含め12人に。私の思ってた「プチ」じゃない。みんな暇なの?

というわけで結構大勢集まってくれた事に感謝しつつプチオフ開催しました。今回は主催者権限を行使して私のやりたい事をいっぱいやる会になりました。そもそも事の発端は誰かが「ヘキサ」(ヘキサプレートシステム、過去記事参照)持っていくとか言い出した辺りでしょうか。もうこの時点で普通じゃないのですが、その後また誰かが「めざせムゲンマウンテン」がどうこうって話になってじゃあやろうって話に。そしたらカードタクティクスもあるとか言い出して、デジモンマウンテンとデジモンドンジャラがあれば完璧みたいな話の流れになって、その二つはなかったのでデジモンマウンテンミニを持っていく事に。もちろんレーシングも持っていくと言っておいたら通信ケーブルあるとか言い出して、もう持ち物がカオスです。

この時点でもうお気付きかと思いますが、今回のオフ会は頭のおかしいイベント盛り沢山でお送りいたします。

オフ会当日、いつものように新宿に集合。定番になりつつあります。参加者に今日やりたい事を聞きましたが、みんなこっちがやりたいと言って用意したもの以外は特にこれといってやりたいものが無いようで。どうせデジカは勝手にやるだろうけど。

最初の1時間はとりあえずカラオケを楽しむ事に。デジカ勢はデジカを始めます(早い)。そしてなぜかバンバン入るクロウォの曲。流石ゴールデンタイムに放送されてた人気アニメですね。

今回のメインイベントその1。めざせムゲンマウンテン!ヒラリさんが持ってきてくれると言ってくれたので荷物が減りました。
th_IMG_3077.jpg
サイコロを振ってフィールドのマスをまわりながら仲間を集め、ムゲンマウンテンにいる敵をサイコロを用いた運ゲーで倒すボードゲーム。今回はより深く楽しむために、旧デジモンカード(最初期の完全体デジモンのカードのイラストの右下にある四角い枠で囲われた数字は何に使うのか気になった事はありませんか?このゲームで使う事が出来るのです!)とガチャガチャのデジモンゲームズというフィギュアも使用。広がるD-Linkの世界!プレイ人数は2から7人なので2回に分けて大会を行う事に。
1回戦目、参加者5人で私含む。ボス攻略が運ゲー過ぎてなかなか終わらないと思われた試合の均衡を破り優勝したのはコデレシさんでした。おめでとうございます。
2回戦目、途中合流のマキビシさん含め7人でバトル。デジ窓提案の高速ルールを盛り込んでゲームを行ったところ、1回戦目の倍くらい時間かかってました。高速とは。
th_IMG_3084.jpg
ムゲンマウンテンの麓で発生した渋滞。
この混戦を制したのは絆さんでした。おめでとうございます。
この2人には優勝商品としてそれぞれ「蒼天のソウラ」単行本最新刊、講談社テレビ絵本「デジモンアドベンチャー1」を差し上げました。

予想よりかなり時間がかかってしまったため、次のヘキサプレートシステム体験会はやりたい人が勝手にやっといて、という適当なものに。雑な仕切りで申し訳ない。
th_IMG_3079.jpg
以前のデジカ練習会でヘキサをやったメンツが悉く参加しなかったところを見るに、そういうゲームなのかもしれない。1回やってみる分には楽しいと思います。

その間にヒラリさんとカードタクティクス通信対戦体験会をしました。まず始めにデックを組むところから。ここで発覚した事実。スターターセットにはカードの封入パターンが複数種類あるようです。見た事無いカード持ってるぞ...!とりあえず何となくでデックを組んでもらいいざ通信!
th_IMG_3078.jpg
二人で説明書を見ながら操作するも、なんか意味が分からない。だって自分と相手の画面に映ってる戦況が違ってるんだもん。最終的に私の画面では試合終了してしまったのに、相手の画面では次のターンに入っていました。タクティクスよ、お前は一体何と戦っていたんだ...?
そして気付いてしまった事実。これ、体力とかの計算を機械がしてくれてるだけだから、カードだけでも遊べるんじゃね?デジカ勢が1人興味を持っていました。確かにデックの構築を考えるのは、普段のデジカと違ったノウハウが必要になり、面白そうです。

続いて個人的にとてもやってみたかった事。デジモンレーシング通信対戦。
th_IMG_3086.jpg
写真ではワイヤレスアダプタを使用しています。なんか知らないけどマキさんがワイヤレスアダプタ5個も持ってきたので余裕で通信対戦出来ます。しかしどうやら微妙に処理落ちしているらしく、動きがもっさりしていました。

th_IMG_3082.jpg
世にも珍しいレーシング4台集結してさらに通信対戦。

因みに今回このオフのために中古でレーシングのソフトをもう1本新たに用意しました。しかし当日の朝、隠しキャラやコースが開放されていない事に気付き、3時間でクリアして全部遊べる状態にして持ってきたのでした。このレーシングを使いタイムトライアル大会を行いました。参加者は3人。ムゲマに比べてえらく皆さん消極的ですね。コースは分岐等があり致命的ミスも落水くらいしか無い「かいがん」でやってもらいました。1発勝負で、優勝は地天竜さんでした。優勝賞品は今回のために用意したレーシングのソフト。しかし地天さんは自分のレーシングを持ってるとの事なので、繰り上げで2位のサトウさんに差し上げました。練習してくれるとの事で、これでレーシングの勢力が拡大しましたね。

その後、というかその前から平行して行っていましたが、カラオケとデジカを適当に。

最後にやってみたかった第1回「デジモンマウンテンミニ」最速クリアは誰だ選手権開催。
th_IMG_3085.jpg
知らない人は「デジモンマウンテン」で検索(投げやり)。コースアウトしたら最初から、というルールのもと、多くの参加者が苦しめられました。有頂天さんは昔同じようなおもちゃを持っていたとの事でしたが、順位は最下位でした。優勝はまたもコデレシさん!37秒という記録で優勝です。おめでとうございます。優勝賞品は写真にちらっと写ってるチューチューゼリータイプのゼリー。02のおもちゃだから。

というわけでプチオフは無事終了。夕飯は二手に分かれて解散となりました。私はファミレス組だったのですが、帰り際新宿駅改札を入った時にヒラリさんが「めざせムゲンマウンテンをファミレスに忘れた」と言い出し、リアルめざせムゲンマウンテンが行われました。オツカーレ。

今回のオフは本当に私がやってみたいと思ったものばかり持っていって、しかも全部やってみる事が出来ました。この会に付き合ってくれた参加者の皆様、本当に有難うございました。次回がいつになるか分かりませんが、その時も是非宜しくお願いします。それでは。

オフ会を楽しみたい

ツイッターでは何度か呟いていますが、今月21日に新宿にてデジモンプチオフ会を開催予定です。現在参加者は私を含め10人。二桁に突入しました。一応19日まで参加者を募っていますので、興味がある方は私にコンタクトを取って頂ければと思います。

さて今回は趣向を変えて、そんなデジモンのオフ会について思う事を書いてみようかと思います。

私がオフ会というものに参加し始めたのは2年前のデジタル窓さんの交流会からだったと思います。初めは知り合いもいなくて戦々恐々としながら勇気を出して行ってみた、という感じでした。当時ツイッターはやっていたものの誰かと会話をするような使い方はしていなかったので本当に知り合いがいない状況でした。しかも私は人見知りなので不安でいっぱいだったのですが、ここでオフ会の良いところがあります。やはり共通の好きなものがある者同士が集まるので、とりあえず喋っているのを横から聞いているだけでも楽しめます。会話に入るのは周りの人達の雰囲気を少し掴んでからでも遅くはないと思います。それに共通の話題があれば、正直相手の事を全く知らなかろうが会話が出来ます。最初のうちはそれくらいで良いと思いますし、私はそうでした。

それからはオフ会に出来るだけ参加するようにしました。最初が一人も知り合いがいない状態からのスタートだったので、それ以上に行き辛い状況も無いだろう、という感じで可能な限り参加するようにしていきました。そうしているとだんだんと顔見知りが増えてきます。名前を覚えていなくても、失礼を承知の上で「名前なんでしたっけ?」と聞いたりしていました。名前を覚えるのが苦手なもので。何回か行っているうちに知り合いも出来てきて、別のオフ会に参加する時にその人がいれば安心感が生まれます。そうしてまた別の人と知り合いになって、次のオフ会ではまた別の人、という感じで知り合いを増やしてきました。正直一回話しただけで顔と名前を覚えていない人もいますが、次に会った時も共通の話題さえあればおしゃべりも弾むはずです。

そんなこんなでオフ会に参加し始めてから2年以上が経ちました。途中学生から社会人に変わりましたが、オフ会があれば可能な限り参加するというスタンスは崩していません。2年間の短い経験則ですが、このような集まる機会も増えてきているように感じます。気のせいかもしれませんが。公式が頼りない時期があった分、ファン活動が盛んになっているのかな、と思っています。この状況はオフ会に参加したいけど参加した事無くてどうしよう、っていう人に対してとても良い状況のように思えます。

さて私はこれまでオフ会に「参加する」というスタンスでやってきましたが、先月からはオフ会を「主催する」立場にも挑戦しています(過去記事)。といってもやる事は簡単で、参加を呼びかけて場所のセッティングをするだけです。私は「プチオフ」という言葉を使っていますが、同じ趣味を持つ者同士2〜3人でも集まればもうオフ会で良いと思います。他のオフ会主催者の方もよくそんなことを言っているように思います。オフ会に行き慣れてきて、それが楽しいと思って、でもその機会が少ないな、と思ったら自分で開けばいい訳です。

ここまでなんかダラダラ書いてきましたが、つまるところ、「オフ会楽しいよ!」って話です。友達増えるし、そもそもデジモンの話が出来る機会なんて限られてるし。あ、デジモンに限った話でもないけど。もしこの記事を読んで「オフ会行ってみたいかも」と少しでも思ってくれる人がいたら嬉しいですね。

ではここからは個人的な今後の話をしようかと思います。
今月の私が主催するデジモンプチオフ会はテーマが「私がチェルモ大会もデジ窓さんの交流会も行けない悲しみをぶつける」です。まぁテーマと言うかプチオフをやろうって思った動機です。なので今回は交流会でやるような、色んな事が出来たら良いなと思っていますが、カラオケボックスでの開催だし色々難しいかな。そもそも私はぐいぐい仕切れるタイプじゃないし。参加者も今のところ9割方カード勢なのでデジカにさく時間が大きくなってしまいそうでもありますし。
でも結局は参加してくれると言ってくれた皆さんに会えればもうそれだけで嬉しいし、当日は皆さんがやりたいっていった事をやることにしています。

とりあえず直近のプチオフに関してはそんな感じですが、ここから今後のプチオフについての野望を書いておきます。
他の方が主催したオフ会で特に楽しかったと思っているのは、カードオフ(過去記事)とプラモオフ(過去記事です。このオフ会の共通点は、どちらも何かしらテーマがある事です。なので私も今後、何かテーマを定めたオフ会を開きたいな、と思っています。
とりあえず思いついたテーマ、もしくはやりたいテーマは、
・デジモンおもちゃオフ
・デジモンアナログゲームオフ(カード除く)
・デジモンプラモオフ
・デジモンお絵描きオフ
・デジモンアニソンカラオケオフ
・デジモンクリスマスオフ
って感じです。おもちゃオフは積みおもちゃを持ち寄って遊んで供養する会(別に積んでなくても良いんだけど)。アナログゲームオフはそのままみんなでゲームする会(カードを除くのは、カードだけで独立した会が出来る程ボリュームが出てしまうため)。プラモオフは積みプラ消化や作品披露。お絵描きオフは絵を描いたり覚え書き大会等。カラオケはずっと歌う、もしくは点数を競う大会やってみるとか。クリスマスオフはなんかクリスマスっぽい事をやりたい会(一番ふわっとしてる)。
あと思っているのは、内容はデジモンに限らないでいいと思っています。集まるメンバーがデジモンファンならそれで良いと思っています。デジモンファンが集まれば自然とデジモントークは出来ると思うし、普段しない話もテーマが決まっていれば話が合うだろうし、どちらにせよ楽しいと思うからです。この点については先日のプラモオフが証明してくれたと思っています。
こんな事考えていますので、もしこの記事を読んでいる貴方が「このオフ会やるなら参加したいかも」というものがありましたら、声をかけて頂けると嬉しいです。そうしたら多分呼びかけて開催します。

以上、オフ会についてという元に思った事を適当に書いた記事でした。こんな記事を最後まで読んでくれて有難うございました。

P.S. 21日のデジモンプチオフ会参加者まだ募集中ですのでもしよければ声かけて下さい。もし初めましてでも歓迎いたします。
プロフィール

ノミジッド

Author:ノミジッド
デジモンファンをやっています。
ボンボン派。

カテゴリ
Twitter
最新記事
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。