FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BeastBOX ICEQUBE レビュー

BeastBOXの可愛いペンギン、ICEQUBEを買いました。

IMG_1212.jpg
いつもの箱です。

IMG_1213.jpg
早速開けると、ビニールに包まれています。今回は1つのボックスが4羽に分かれるためにこうなっているのでしょう。

IMG_1226.jpg
ボックス状態。黄色いラインがおしゃれ。

IMG_1225.jpg
4分割されます。中には王冠も挟まっています(パッケージ状態では王冠は外した状態になっている)。
ちなみに接続は磁石です。近づけると吸い付きます(一応小さなダボはありますが)。ちょっと楽しい。

IMG_1227.jpg
頭、手、足、尻尾を起こすだけの簡単変形。他のビーストと比べると物足りなさを感じるかもしれませんが、このシリーズの良さはお部屋に飾っておきたくなる洒落た外観だと思っているので問題無いです。

IMG_1228.jpg
後ろから。鳥のマークがプリントされています。

IMG_1229.jpg
王冠は1つだけしかありませんが、頭に差し込んで固定できます。

IMG_1230.jpg
顔を思い切りあげるとあごの下にダイヤルがあって、これを回すと目の表情が変わるのです。

IMG_1231.jpg
まん丸の目、寝てる目、ぎゅっと目をつぶってる目の3パターンに変化。3つ目の目が可愛いからお気に入り。

IMG_1232.jpg
右胸には1〜4のナンバリングがプリントされています。

IMG_1233.jpg
反対側にはトランプのマークがそれぞれプリント。
これがシャッフル同盟だ!

IMG_1235.jpg
軸位置がちょっと高いですが、首をかしげることができます。多少でも表情がつけられるのは良いことですね。

IMG_1236.jpg
頭と足を伸ばしてペンギン滑走ポーズ!頭の方が重くて下につくのですごい前のめり感です。

IMG_1222.jpg
いつものケースも付属です。

IMG_1223.jpg
IMG_1224.jpg
カードも付属。趣ある内部構造の図とかイカしてる。なんてことはないですが、幼い頃ビーストウォーズについてきたカードを思い出させるのでちょっと嬉しい。

IMG_1237.jpg
4羽集合。ペパプ?いや、1羽足りない…。

IMG_1238.jpg
ペパプ!(1羽は海洋堂のガシャポンで)

可動は決して広くないですが、可愛い。手がもっと上まで上がったらもっと良かったですかね。
これまで1ボックスが1ビーストになっていたのが、今回は4羽に分離ということでまた新たな展開って感じで良いですね。いつも気に入ったペイントのものが出たら買っていたのですが、ペンギンは基本カラーがきっと1番良いだろうと踏んですぐにポチってしまいました。今後のカラバリにも注目ですね。

IMG_1239.jpg
広がるBeastBOXの世界。

先日のワンフェスでもトリやクモ、ザリガニ、トラなど新作がたくさん展示されており、どれも魅力的でした。これからもBeastBOXシリーズから目が離せない!

スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ホットウィールHOTWEILERレビュー

見た目にグッときたのでホットウィール買ってしまいました。昔は車に全然興味なかったんですが、最近は車はかっこいいものという感覚が芽生えてきました。でもかっこいい車は高くて買えないのでおもちゃで我慢です。

IMG_1201.jpg
パッケージによると「STREET BEASTS」というシリーズの「HOTWEILER」というやつらしいです。普通のタイプのホットウィールってトミカより安くて買いやすいんですよね。

IMG_1202.jpg
中央上の方のイラストを見るに、コロ走行させるとボンネットが上下して、ガブガブアクションをするようですね。これは楽しみだ。

IMG_1205.jpg
グリル部分が牙になっているワイルドなデザイン。窓も左右に分かれていて目のようです。シルバーのメッキパーツ、ホイールのゴールド塗装、ボディーのメタリックレッドなど、見た目の満足感もなかなか。

IMG_1204.jpg
リア。ピックアップタイプのボディーになっていて、荷台部分にはごっつい鎖のディテールが(抜き方向の都合で縦方向に流れてしまってますが)あります。ワイルドですねぇ。ディテールから察するに鎖に繋がれた首輪の意匠なのでしょう。

IMG_1206.jpg
ボンネットの中はよく見えませんが、とりあえず銀メッキですね。エンジンがメッキは正義。

そして早速手で転がし遊びをしてみましょう!


何が言いたいかは分かるな?

Lily from anim.o.v.e ファインクオリティフィギュア レビュー

かなり前に中古で買ったフィギュアのレビューです。

プライズ商品の「Lily from anim.o.v.e ファインクオリティフィギュア」です。
IMG_0913.jpg

諸事情でフィギュアを買うことになって、アキバの店でなるべくリーズナブルなものを選んで買ったもので、正直このキャラクターはよく知らないんですが、どうやらボカロらしいです。とはいうもののせっかく買うなら好みに沿ったものが良かったので、吟味した結果これを買ったのです。

IMG_0916.jpg
いつのものかはよく分かりませんが、フリューの商品です。このパッケージに描かれたイラストを立体にしたもののようです。こういうの好き。イラストは初音ミクでおなじみのKEIさんが描いている。

IMG_0914.jpg
パッケージの側面は左右同じかな?これはこれでかっこいい。

IMG_0917.jpg
取り出したものがこちら。マイクスタンドと台座、背中側の支えがユーザー組み立てになります。マイクスタンドが絨毯迷彩みたいになってしまっている。シルバーでウェザリング塗装みたいなのが施されてます。

IMG_0918.jpg
IMG_0919.jpg
IMG_0920.jpg
とりあえず一周。イラストを再現したとあってそれなりの躍動感。髪の毛の広がる感じとかなかなかいい感じ。

IMG_0927.jpg
バサァ

IMG_0921.jpg
顔。イラストでは結構険しい表情でしたがこちらはどちらかというと笑顔。完全にイラストを再現したもの、というものではないようです。僕は笑顔の方が好きですよ。口元の造形とかはまぁプライズってこんなもんか、って感じですが別に全体としては悪くはないです。マニキュアも丁寧に塗られてますね。

IMG_0922.jpg
この脇がごっそり穴空いてる衣装エロい。…エロくない?この横乳とか、横乳とか。なお乳首の造形はないです。あとこの華奢な腕の造形とかもいい。頭の奥行き方向の幅が少ない気がするけど、美少女フィギュアってこんなもんなのかなぁ?

IMG_0923.jpg
背中もがっぽり穴あき。すごい衣装だな。背中にはタトゥーのプリントがあって、前から見えないところもしっかりしてます。透明パーツのスタンドは無くても立つんだけど、長い時間飾っておくなら一応つけておくのが無難でしょう。だいぶ反ったポーズだし。

IMG_0924.jpg
見え…。
腰に巻いてある紐みたいなのは固定されてないので各自いい感じの位置にセッティングしましょう。それより下乳もエロい。

IMG_0926.jpg
というわけでLily from anim.o.v.e ファインクオリティフィギュアのレビューでした。

実はこの度処分しようと思って、その前に最後に写真撮っておこうかなと思った次第なんですが、改めて見ると値段の割に結構いい感じのフィギュアだったと気づいてしまった。これはもうしばらく我が家のコレクションの一員のままかな…。

千値練ゴッドグラヴィオン レビュー

グラヴィオンってザ・スーパーロボットって感じの造形・カラーリングですごいかっこいいし好きなんですよ。アニメ見てないけど()。
そこで千値練のゴッドグラヴィオンがあまりにかっこよくて我慢ができずポチってしまったのでご紹介します。

IMG_0658.jpg
パッケージは我らが大張正己さん。かっこよすぎます。これだけで価値がある。あと思ってた以上に箱が大きくてびっくりした(縦30cmくらいある)。

IMG_0659.jpg
中身はこんな感じ。手首が色々ついてますね。

IMG_0660.jpg
まずグランカイザー。コアになるロボットですね。イケメン。

IMG_0663.jpg
この美形。よく鼻と口があるロボットはちょっと…みたいなのを聞くけど、勇者顔ってかっこいいから。胸やツノの宝玉のクリアパーツもとてもいい感じ。やっぱりクリアパーツはロマン。

IMG_0662.jpg
可動もまずまず。なんかちょっと楽しそうなポーズになっちゃったけど。肩アーマーが胸についてるから腕を前に向けにくいのが難点かな。でもとりあえずかっこいい。

IMG_0665.jpg
グランディーヴァ。後で気付いたけどこの写真でアタッカーとストライカー(足になるやつ)の機首伸ばし忘れてない?ちゃんとキャノピーがクリアパーツなのが素晴らしい。

IMG_0666.jpg
集結。

そして合神!

IMG_0668.jpg
ドリラーが左右に分割。

IMG_0669.jpg
上半身を変形。肩アーマーを広げて、胴体も左右に広がっています。お分かりいただけるだろうか?腕は一旦外して肩の内側につけます。完全変形じゃないのはちょっと残念。二の腕は胴体の中に収納されます。

IMG_0670.jpg
ドリラーを腕として取り付けます。

IMG_0671.jpg
足首をスネの中に収納します。

IMG_0672.jpg
アタッカーとストライカーを足に合体。ここが結構タイトめでなかなかつけられなかったです。やり方が悪かったのかな。足首とかダイキャストで、この時点でだいぶ重量あります。

IMG_0674.jpg
シャドウを胸と背中にかけて合体。ヘルメットは一旦外して再度装着。ツノは付け替えです。微妙に余剰パーツがいくつか出るのがちと残念。でもそのおかげか顔はとてもかっこいい。

IMG_0675.jpg
ドリルを縮めて回転させて手首を出します。

IMG_0677.jpg
合神!ゴッドグラヴィオン!!

完璧すぎますね。グランカイザーの時にはちょっと大きめかな?と感じた太ももはこの状態で完璧なプロポーションにするために大きかったようですね。胴体の幅を広げているのもだいぶ効いていると思います。足首の接地も良好。太もものロールがちょっと緩いかも。

IMG_0678.jpg
正面から。高さは約23cm。強そう。

IMG_0679.jpg
俯瞰気味に。もうかっこいい以外の言葉が見つからない。
あれ、もしかしてこれ顔間違えてる?今気がついた。グランカイザーとゴッドグラヴィオンの時の顔が顎の形が違うから前後回転で入れ替えるんだけど、これグレンカイザーの顔ですね。しまった。

IMG_0680.jpg
グラヴィトンプレッシャーパンチ!腕ほんとは取れるんだけど、スタンドとかないし、そもそも硬くて取れなかったからこれで。手首をしまってドリルを出せばグラヴィトントルネードパンチも再現可能。

IMG_0683.jpg
注目すべきはここ。足首が開く!こういうやつ大好き。キャプテンシャークがアドベンジャーと合体する時のスネの後ろから出てくる支えとか、ガオガイガーのグランドプレッシャーの時のキャタピラ展開とか、ダンクーガノヴァの一斉射撃の時のふくらはぎの下から出てくる支柱とか!最高。

IMG_0684.jpg
グラヴィトンライフル。でかくて迫力満点。

IMG_0685.jpg
2挺拳銃。

IMG_0686.jpg
グラヴィトンソード。ちゃんと胸の宝玉を外して剣に取り付けます。
あとこの左手の造形すき。

IMG_0687.jpg
斬撃!こんなシーンは無いかもだけど。

IMG_0695.jpg
超重剣!長さ30cmくらいある!でかい!緑のクリアパーツも綺麗。そして勇者パースがかっこよく決まってすごい!ちゃんと両手で持てます。

IMG_0689.jpg
それ用のマスクも用意されてます。

いやほんとかっこよすぎてもう語彙力がない。助けて。値段が値段だから割と悩みはしたけど、買ってよかったと思います。これが癖になってしまうとお財布的に困るんだけどね。


予約しなきゃいけないやつだったから今から買おうとすると余計なお金がかかるかもだけど、これはいいものだ。

いやほんとにこのクソみたいな語彙力を許してほしい。格好良さの塊だよほんと。

アニバトロン 神獣シーサーロボ

友達に沖縄お土産頂きました。

IMG_0490.jpg
フックトイ、チープトイで有名なザ・アクセスのアニバトロンシリーズ。その沖縄限定商品である神獣シーサーロボです。パッケージは1種ですが赤と青の2種類があるようです。パッケ裏の説明によると赤はメスらしい。相変わらずイラストが趣深い。
悪から沖縄を守れ!の言葉はキングシーサーをも想起させるかもしれない。

IMG_0501.jpg
シーサー状態では口が可動。足は動くものの変形の都合上、と言った感じでポージングはなかなか難しいかな。シーサーの顔はなかなか悪くない造形な気がする。

IMG_0492.jpg
お分りいただけるだろうか。なんと足は左右で造形が違う芸コマっぷり。しかもよく見ると後ろ足の爪は左右分割で抜けないからか真ん中の2本の指が別パーツになっている。労力をかけるべきはそこじゃない気もするが動物に対するこだわりを感じる。

IMG_0493.jpg
変形。シーサーがロボットに!武器は余剰。変形難易度は全然難しくないが簡単すぎるわけでもなく、もしかしたらちょうどいいくらいなのかもしれない。割とかっちりしていたシーサー状態に対してロボ状態はイマイチきまりが悪い。

IMG_0494.jpg
というか横から見たとき頭が前過ぎてスタイルが良くなく、変形させたときは「あれ、これで合ってるよね?」ってなった。

おもちゃ好きからしたら沖縄土産にはちょうどいいゆるさでした。

シンカリオンE6こまち レビュー

今一番面白いキッズアニメといっても過言ではないシンカリオンのおもちゃ買いました。

IMG_0475.jpg
箱は真四角じゃないです。パッケージのCGのシンカリオンはおもちゃと造形が違うからめっちゃカッコいい。

なんで主役のE5じゃないかって?肩にキャノン付くのってホラ、ロマンじゃん。

IMG_0484.jpg
新幹線は3両編成。といっても真ん中の車両はまるまる余るんだけどね。ヒカリアンの後ろの部分ばり。サイズは一応プラレール商品なのでそれ準拠です。

IMG_0485.jpg
SuicaならぬShincaが付属。別売りのなりきり玩具シンカギアと連動します。

さて変形ですが、アニメが始まる前に売ってたやつは一部バネによる自動変形でしたが、今回はアニメ化に合わせて自動変形を廃止し新規造形となっています。なんだそれ。
IMG_0483.jpg
おっ、て思ったのはここ。かかとを動かすと連動してスネのガワが移動します。こういうのすき。

IMG_0482.jpg
先ほど言ってた真ん中の車両。中には武器とリンク合体時の兜が収納されています。それにしても余剰パーツ思い切りすぎでは?

IMG_0476.jpg
変形は難しい部分もなく完了。変形の都合もあり下半身の可動は無いものと思え。膝が曲がっても股間が動かなければ意味ないからね。足首は左右に傾くようになっているので接地性は良好。胸の新幹線が真正面じゃなくて少し下を向いているのが小憎い。スタイルは新幹線ロボの宿命とも言える細身なスタイル。ちょっと腕が長いけど、周りのボリュームに負けないためにはこれくらいあるのが良いのかな。脚の側面にただくっついてるだけのガワはもうちょっとなんとかしてくれると嬉しかったかな。ただ自動変形ギミックを廃して手動変形にしたことによってスタイルは良くなってますね。そもそも自動変形の方は初期ロットの出来がイマイチなのが話題になったくらいだから、この路線変更は良かったと思う。
つま先の意匠がお気に入り。雪駄かな?

IMG_0478.jpg
顔。秋田新幹線なのでなまはげのモチーフが組み止まれてます。ツノとか顎の牙みたいなのとか。額の緑のところはアニメではおでこのパーツごと目の部分にスライドしてなまはげスコープになるんだけど、それ再現してくれてたら最高だったなぁ。ところでこれドライブヘッドと同じ人がデザインしてるような雰囲気なんだけどどうなんだろ(確認作業はしない)。

IMG_0479.jpg
フミキリガンノーマルモード。ライフルモードでのガード部分が腕と干渉してグリップがしっかり握れないのがいまいち。

IMG_0480.jpg
ライフルモード。クルリと回すと長くなります。この状態が一番安定します。

IMG_0481.jpg
キャノンモード。これだよ。これがやりたくてこまちを選んだんだ。ただ接続のダボ穴が浅くてカッチリはまらないのが残念。

IMG_0486.jpg
ドライブヘッドと夢の共演!両方赤いのは多分たまたま。さすがにロボモードを優先してるドライブヘッドと比べるとアレかと思ったけどそうでもないな!十分かっこいい。可動はドライブヘッドが相当上をいってるけど。サイズも満足感あります。
8月の映画での共演も楽しみだ。

ということでシンカリオンレビューでした。
細かい部分で不満点はぼちぼちあるものの、見た目の格好良さがそれをだいぶ補ってますね。不満点も重大な欠陥って感じの部分が無いし、見た目に惹かれる部分があるのなら買って損はないんじゃないでしょうか。
そうそう、シンカリオンも結構人気らしくて購入制限ある店舗もあるんだとか。いいっすね〜。やっぱりロボットアニメは良いものだ。



今回紹介したE6以外もみんなカッコいいぞ!お気に入りを探してね。

ゾイドワイルドのガノンタス買ってみた

昨日発売のゾイド新シリーズ「ゾイドワイルド」より、プロガノケリス種のガノンタスを買ってみました。
IMG_0447.jpg
ツイッターのタカトミさんのツイートで動画を見たときに割と一目惚れで、こいつは買おうと決めてました。

早速開封。
IMG_0448.jpg
箱から引き出しのように台紙ごと取り出します。説明書には「復元の書」の文字が。そういう趣旨らしいです。

IMG_0450.jpg
とりあえず説明書にある通りにパーツを並べてみました。パーツはバラバラの状態で封入されていて、ニッパーはいりません。また、このようにパーツを並べてから組み立ててみて分かったのですが、説明書での組み立てる順番がこの配置の左上の方から順番になっていて、とても組み立てやすかったです。さらに説明書は冊子状なのですが、このパーツ配置図だけびろーんと伸びるようになっていてどのページを見ていても配置図は常に見えているようになっていてとても親切な設計です。素晴らしい。

IMG_0449.jpg
これがメカユニット。この中に130モーターと電池ボックスが入っています。電池は単4を1本使用。ここだけ半透明整形です。

そして組み立て、いや、復元します。あ、袋を開けることは発掘というらしいです。
IMG_0451.jpg
骨格形態復元完了。この頭のフォルムといい肋骨の感じといい、とっても良い感じ。

IMG_0452.jpg
完全形態復元完了。この塊感がいいですね。

IMG_0454.jpg
人が乗ります。背中の甲羅をパカっと開けて。このスケール感でわかると思いますが、ゾイド結構小さいっぽいです。

IMG_0455.jpg
甲羅を閉じてもハッチがあるのでそこから覗けます。ハッチって心が踊るよね。そう言えば甲羅の側面にある凹ディテールは足をかけて登る用のものなのかな。

IMG_0457.jpg
本能解放させよう!ちょっと写真撮り忘れてたっぽくて、背中にヘボット乗ってるけど気にしないで。甲羅を開くと中からガノンキャノンが出現。これがかっこいいんだ。

で、一番の素晴らしいところって、やっぱり動くところですよね。この動画見て。

公式の組み立て動画だけど、この最後のところで動いてる姿を是非見て欲しい。ガノンタスの状態で歩いてる様子はなんか一生懸命さがあって可愛さすらある。本能解放ではキャノンの砲身がガシャガシャ伸び縮みするのがめっちゃ良い。あと動かすスイッチがただのスイッチじゃなくてパイプ状のパーツになってて見た目がスイッチっぽくないのも気が利いてて素晴らしい。

で、僕は思ったんだ。これちょこっと塗装したらすごいかっこよくなるんじゃないかって。
IMG_0462.jpg
塗ってみました。と言ってもアーマーのスミ入れと骨格の部分塗装ですが。スミ入れはガンダムマーカーのリアルタッチマーカーを初めて使ってみました。

これね。今までプラモ作るのにウェザリングなんてほとんどやってなかったからなかなか難しかったけど遠目に見れば良い感じになったのでは?ほんとはこの上から艶消しでクリアコートするともっと良いのかもだけど、うちにそんなものは無かった(買ってくるのを忘れたとも)。
あと骨格の一部をゴールドで塗ってみたんだけど、どう?めっちゃ良い感じだと思うんだけど(自画自賛)。ちらっと金色がさしてあったら絶対かっこいいと思ったんだ。

IMG_0463.jpg
その後爪とガノンキャノン先端をMr.カラーのメタルカラーのガンクロームで塗ってみました。

これ。これは塗った後に布などで磨くと金属っぽい質感になるっていう特殊な塗料です。筆で塗ったから塗りムラが気になるけど、まあ今回はこれで勘弁。あと顎と肋骨もメタルカラーのダークアイアンで塗ってみたんだけど、ほとんど隠れるからよくわからない感じに。まぁこういうのって気持ちの問題なところもあるから。自己満足的な。そうそう、この塗料は上からクリアコートすると光沢が失われるから使うときは注意してくださいな。

IMG_0461.jpg
お顔。そうそう、目がもともとメタリックブルーで塗装してあって、それがなかなか良い味出してます。

というわけで、ガノンタス、おすすめだよ!

驚くべきはこのクオリティとボリュームで定価3000円という値段。安くない?集めたくなっちゃうよね。

なんか褒めてばっかりだけど、どこか欠点も書いておかないとな〜って探したんですよ。でもね、思いつかなかったんですよ。思いつくのは乗っかってる人形の謎ライドスタイルくらい?いやそこは好みの問題だけどね。

僕は小さいころゾイドはアニメ見てたけどおもちゃは全然持ってなかった。そこまでグッと来てなかったというか、小さな僕はこのミリタリーっぽい感じが合わなかったのかな。今でもロボットは断然リアル系よりもスーパー系だけど、こういうのもたまには良いなって。何より良い感じに動くのが決め手かなって。自分で手を加えると愛着も湧いてくる。その点はプラモデル的な良さ。おもちゃとプラモのハイブリッド、ゾイドワイルド。オススメです。

あ、来月からアニメ始まるよ。

BREAK轟牙で遊んでみた

ベイブレードバーにてこの後はうちでベイバで遊ぼうよって話の時に急に「新しいクラッシュギアみたいなやつちょっと興味あるんだけど」という話が切り出され、みんなでBREAK轟牙で遊ぶことになりました。

IMG_0158.jpg
ビッカメで物資調達。現段階で発売されている商品をほぼ買って来ました(カラバリ除く)。せっかくだから残りのカスタムウェポン1個も買えばよかったって割と後悔。

IMG_0161.jpg
バトルは日本の家庭環境に適さない結構な騒音とともに繰り広げられます。クラッシュギアよりも確実に相手をひっくり返そうという気概を感じられるデザインです。

せっかくいっぱい買って色々対戦させてみたので、これからブレイク轟牙を始めるというキミのためにサクッと紹介しようかと思います。


サイクロンホーク。ウェポン先端の長い爪が低速回転、相手のウイングなどに絡ませてひっくり返します。ウェポン左右のウィングは、左側は分厚く地面すれすれまであり(相手をひっくり返す時に踏ん張るため)相手の回転爪攻撃を受け付けません。逆に右側は弱く、爪攻撃を食らうと危険です。印象としては攻撃のヒット率が高めですが、重量があまり重くないのでヒットしても自分がひっくり返ってしまうことがあります。ただ特定のどれかに特に弱いということもなく、安定感があるように感じます。攻撃次は相手の右後方から回り込むと爪をかけやすいので、ホイールを左右異なる状態にカスタマイズして回転方向をコントロールすると良さそうです。


スラッシュパンツァー。ウェポン先端のプレートをバネで跳ね上げて相手をひっくり返します。が、ひっくり返りません。車体は持ち上がるもののひっくり返すには突入の勢いやタイミングなどかなり良い状況じゃないとうまくいかない感じです。決め手がない感じ。ウェポン左右のプレートはガードなどもなくモロに弱点です。車体重量も軽めなので跳ね上げ系のウェポン相手の時にも不利になる可能性があります。カスタマイズは必須な感じです。


トルネードファング。ウェポン左右の爪が低速回転して、相手に絡めてひっくり返します。印象としては、コスパが高い感じがします。どういうことかというと、この機体はデフォルト状態でソコソコの勝率を誇っていたのと、後述する最強カスタムウェポン「ドレインファング」相手に対しても引けを取らない戦いっぷりを見せたからです。とはいえやはりこちらも車体重量が軽めのため、その辺の調整や、ホイールガードのカスタムなどの余地はありそうです。


ブレイブホーン。これまでの3機は初期ラインナップで、このブレイブホーンは少しだけ後発です。ギミックとしてはスラッシュパンツァーと同じ感じです。ただパンツァーと比較すると明らかに強いです。まずボディパーツなどが大きめで重量が多少重ためな感じがします。物理的にぶつかる系のホビーにおいて重さは強さですのでこれは利点でしょう。またウェポン左右のプレートにはガードがついており、前方からは爪攻撃が引っかかりにくくなっています。とはいえメインの装備である跳ね上げアームが相手をひっくり返せないのは相変わらずです。特徴をまとめると、「負けない(勝つとは言ってない)」って感じです。基本的に相手の攻撃を受けた時にカウンター的に相手の方がひっくり返るのを受動的に待つ感じになります。なんだかなぁって感じですが、カスタマイズによって強力な機体になるポテンシャルを秘めています。あとは能力的にあまり意味ないけどキャタピラ型ホイールガードがかっこいいです。

ここからはウェポンの紹介。


リフトホッパー。バネでプレートを跳ね上げるタイプ。特徴としては、跳ね上げのピッチがパンツァーとホーンよりも早いです。ただし相手をひっくり返せない点は同じ。左右のプレートのうち、左側にちょっとしたガードがついています。正直強くない気がします。


ストライクバイデン。左右の爪の低速回転はトルネードファングと同系列のウェポンです。特徴は3本爪である点と、その爪の開き方が広い点です。ただその広さが災いしているのか、なかなか相手に引っ掛けてひっくり返すことができない印象です。爪先端の引っかかりのための突起も申し訳程度で、正直ファングの方が強い印象を受けます。


ドレインファング。このカスタムウェポンが現状最強なのではないか、という印象です。動きとしては低速回転する爪が斜め前方を向いて2本配置されており、ちょうどサイクロンホークとトルネードファングの間をとった感じでしょうか。ここまで読んで来た方ならお分かりかと思いますが、ウェポンは現状大きく分けて跳ね上げ系と回転系の2通りしかない状態で、跳ね上げ系は勝ち目が薄いということが言えると思います。そして回転系の中では爪の先端の引っかかりがそれなりに大事な印象を受けます。このドレインファングの爪の先端は結構がっちり相手を絡め取るような突起がついており、それも効いているのかなと思います。またこのウェポン自体の重量も重たいです。単純に大きく、ウェポン底面に補助輪がついているほどです。また回転爪が斜め前を向いており、それを避けるように弱点となるウイングが付いていますが、位置関係的に前方からの攻撃を受けにくくなっています。後方からの攻撃は受けますが、これは前輪のホイールを左右に突き出させることによりある程度カバーができます(この対策をしていない状態では、トルネードファングに対して勝率が低かったです)。要因は様々あると思いますが、総合的に考えても強いウェポンです。勝ちを狙うならマストバイかと思います。


ロングレンジホイール。ホイールの左右に長いブレードを付けることができます。相手への攻撃というよりも、相手を寄せ付けないための装備という感じでしょうか。前述のドレインファングの弱点強化にうってつけです。


ラジカルホイール。ホイールの接地部分がでこぼこしていてフィールド上で暴れるというもの。正直あってもなくても、といった印象。

というわけで、今回の環境。
IMG_0162.jpg
比較的重い気がするブレイブホーンをベースに、最強ウェポンドレインファングを装備、弱点強化に前輪にロングレンジホイールを装着しています。こちらがおもちゃ部による研究の成果となります。流石カードゲーマーはこういうの考えるのが得意だね。

今後さらなるラインナップ強化に期待しつつ、割と楽しかったのでまたやりたいですね。そしてスタジアムを買ったのは僕なのですが、みんなスタジアムがある場所じゃないと遊ばないからといってうちに機体を置いて帰りましたとさ。

あ、今月新機体発売ですって。

ベイブレードバー行ってきた

池袋の期間限定ベイブレードバーに行ってきました。
前回も行きましたが(過去記事)、今回もおもちゃ部メンバーと行きました。土曜の12時半くらいに並び始めて、1時間半くらいで入店しました。前回と同じくらいな感じですね。
ところで前に並んでいた子供たちが階段の踊り場でスタジアム置いてベイで遊んでいたんですが、さすがに他の店もたくさんあるパルコ内でそれは保護者は止めるべきじゃないですかね。

IMG_0155.jpg
IMG_0156.jpg
店の前はこんな感じでポスターなどありました。

IMG_0150.jpg
通された席はこれが貼ってあるところでした。5人だとちょい狭。

IMG_0151.jpg
ベイバトル対戦セット(ハンバーガー)とコラボドリンク。ドリンクは注文時はドライガーとか呼んでたのに、席に運ばれてきたときはカルーアミルクとか普通にドリンクの名前で呼ばれたから一瞬「?」ってなった。

IMG_0153.jpg
数量限定ウルボーグパフェ。どの辺がウルボーグなのかはよく分りませんが。結構ボリューム満点で満足感高いです。

IMG_0152.jpg
トライグルジャンピングワッフルマイケル添え。前回はトライピオワッフルでしたが今回はトライグルです。それにしてもマイケル添えって。

IMG_0173.jpg
コラボメニューの数だけ貰えるコースター。「いらない」っていうメンバーが複数いたため、その分がうちに来ました。

割と普通にコラボメニュー食べながら喋るだけしかせず60分経過。店を出ました。くじ引きは大当たりは出ず、みんなクリアファイルでした。前回は3/4が大当たりでレイヤー貰ったのに、今回は渋かったですね。ていうか3人がクリアファイルいらないってうちに置いていったのですがそれは。

IMG_0154.jpg
そうそう、メタベイが10周年らしいです。

その後ビックカメラに寄っておもちゃを買ってからうちに移動してみんなでベイバでバトルしました。
やったのはベイバだけじゃないんですが、それはまた別の記事で。

ベイブレードで遊べる友達がいるって良いですね。みんなもベイブレードバーストで遊ぼう!楽しいよ。スタジアムが無くて困っているときはうちに遊びに来れば良いよ。

AmazingYamaguchiスパイダーグウェン買ってみた

Amazing Yamaguchiのスパイダーグウェン買いました。

スパイダーグウェンとは、スパイダーマンがいっぱい出てくる「スパイダーバース」っていうアメコミに出てきたキャラらしいです。私が初めて知ったのはアルティメットスパイダーマンでした。その時からちょっと可愛いなと思っていたんですが、この度たまたまAmazingYamaguchiシリーズでフィギュア化されているのを見かけて、たまには可愛い女の子のフィギュアでも買ってみようかなと思った次第です。

IMG_9114.jpg
パッケージ。なんか猫背で封入されちゃっていたんだけど、もっと良い感じの姿勢で入れといたほうが商品として良いと思うんですけど。ただ直立してるだけでもマシかと。

IMG_9115.jpg
ポップなデザインが目を引きます。

IMG_9116.jpg
早速開封。中の台紙も綺麗で良いですね。こういう箱とかが良い見た目だととっておきたくなっちゃって、部屋がどんどん狭くなっていく。

IMG_9117.jpg
IMG_9118.jpg
シュッとしたしなやかな体躯が、可動フィギュアなのによく造形されていて、さすがヤマグチフィギュアって感じですね。ただやっぱり慣れてないといい感じのポーズにするのが難しかったり。太もものロール軸をうまく操れない。
ちょっと胸大きくない?こんなもん?
フードがいい感じ。

IMG_9126.jpg
顔はマスクが3種類と素顔が付いてきます。

IMG_9120.jpg
スマホも付いていて、お父さんに電話をかけるところ。手に引っ掛ける感じで、しっかり固定はされないのでいつの間にか失くしそう。

IMG_9121.jpg
この足のラインよ。

IMG_9122.jpg
お尻パーツが可動の関係でガバガバ上下に動いてしまうんだけど、そこは足の動かし方に慣れたら気にならなそう。

IMG_9123.jpg
内股なポーズもなんのその。

IMG_9125.jpg
磁石がついたパーツがおまけでついていて、冷蔵庫のドアなどに貼り付けることができます。写真では棚のネジ部分にくっつけてます。ただ磁石のサイズがサイズなので、そっとしておけば壁に張り付いていられるって感じです。
あと素顔が普通に可愛い。
「私の正体は秘密だからね!」

IMG_9131.jpg
大股開きもカッコよく決まる。

IMG_9129.jpg
猫背で立膝とかも余裕で。首の上下方向の可動範囲もめっちゃ広いです。

IMG_9128.jpg
クモ糸発射!

IMG_9132.jpg
謎ポーズ。

IMG_9127.jpg
精一杯可愛いポーズを取らせようとしたけど、可愛いって難しいのね。

写真撮ってて思ったけど、パッケージ写真ってすごいね。ポージングがすごくいいのすごい(語彙力)。

そんなに安いものでもないけど、この出来だったら安いものです(どっちだよ)。

オススメなので買って、どうぞ。

ちなみに次に気になってるのはこれ。

マントの造形カッコよすぎでは?
プロフィール

ノミジッド

Author:ノミジッド
デジモンファンをやっています。
ボンボン派。

カテゴリ
Twitter
最新記事
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。