FC2ブログ

ベンジャミンV2ガンダム

先日友達から誕生日プレゼントもらいました。

IMG_5611.jpg
SDガンダムワールドヒーローズのベンジャミンV2ガンダムです。
パケ絵がもうカッコいいよね。

IMG_5612.jpg
ベンジャミンに関しては箱側面をチェックだ!さて、このカラーリングをどこまで再現しているのかな?

IMG_5624.jpg
というわけで組み立て。一目で「海賊」と分かる帽子がトレードマーク。帽子かぶってるキャラ好きなんだよね。
細かいパーツを重ねる構成と、目立つ部分の大きめシールによってなかなか見れる感じ。シールの枚数もそこまで多くなく、最低限欲しい部分に使われてる感じ。胸のハロのネックレス?が胸前面の金色パーツと同じ成型色なのに別パーツになってるのがこだわりを感じられる。金色も表面に光沢があっていい感じ。

IMG_5625.jpg
スカートの広がったシルエットがいい味出してる。肩は小ぶりだけど羽みたいなバックパックのおかげでカッコいい。帽子の羽根飾りで左右非対称になってるのがオシャレポイント。

IMG_5626.jpg
バックパックのフランドールスカーレットみたいなパーツ成型すごくない?

IMG_5627.jpg
剣の「ヘアテイル」。ディテールがカッコいい剣。感動したのは鞘の方で、以前の武者頑駄無だと鞘は1パーツ左右抜きで、押し切りによって剣を保持していたもんだから派手な押し切り穴が目立ってしょうがなかったんだけど、この鞘はなんと上下方向で抜かれているので押し切り穴が目立たなくなっている!技術が進歩してるんだなぁ。
もしかしてこのやり方ってもっと以前からあったの?
角度がついた手首もおまけで付属しているけど、ランナーの都合で成型色がグレーじゃなくて黒なのが気になっちゃう。

IMG_5629.jpg
拳銃の「キルフィッシュ」。設定だと金色部分すごく少ないけどこの成型色の中なら金色が妥当かな...見栄え的に。

IMG_5630.jpg
必殺の「ホエール・アングラー」。左目に眼帯型の仮面を装着して、左手首を挟み込むように巨大フックを装備。フックは漢のクリア成型モナカ割りシール無し。ここだけ思い切り良すぎない?

IMG_5631.jpg
デカい。

IMG_5633.jpg
特に説明書には書いてないけど肩についてるナイフみたいな飾りは手に持てたりする。

以上さっくりとレビュー。説明書通りに組み立てるだけでなかなかカッコよくなって満足。よくできてるなぁ。

ただ、気になった点が一つ。シール昔の武者頑駄無とかで使われてたホイルシールじゃなくなってるな?薄っぺらくて粘着力が強いから綺麗に貼れば見栄えが良いんだけど、失敗するともう剥がせない。いったん剥がそうとするとシールが破れる。この感じ、最近あったな...そうだ、ボトルマンだ!!!このシールがこれからのおもちゃ界のスタンダードになるのはやだなぁ、と思っちゃった。バンダイのあのホイルシール、結構信頼を置いてたんだけどなぁ。

そういえば説明書のお楽しみ、漫画を見て思ったけど、これ説明書もパッケージも日本語と英語が併記してあるな。海外で同じやつ売ってるのかなぁ?
IMG_5634.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

イラスト本作りました

オンライン即売会イベント「ボンボンっ子オンリー 俺たち爆発青年団!」にサークル参加します。
そんな宣伝です。

コミックボンボン、それは僕が子供の頃から好きだった漫画雑誌。
僕の人生に多大な影響を与えた漫画雑誌。
購読期間は4年間くらいだったけど、今でも大切にとってある。
そんな心の漫画雑誌のオンリーイベントがあるとTwitterで見かけて、参加を決意したのである。
せっかくなので初めて印刷所を利用してちゃんとした本にすることにした(今まではコピー本しか作ったことなかった)。
期間もそんなにない中、自分だけで1冊の本を完成させることができるのか不安しかなかったが、やってみなくちゃ分からない、分からないならやってみようってアニメで聞いたからやってみるのだ。

まずはオンライン即売会のURLはこちら。
https://pictsquare.net/nsohr2lb1319f07byeor8ae7efbgtsu6

僕も初めての参加なのでよく分からないんだけど、多分当日になったらここから入れるんだと思う。
6月12日(土)18:00~23:50
参加は無料だけど入場するにはpictSQUAREへの登録が必要とのこと。
ドット絵で作られたような会場内をアバターを用いて移動したりコメントを打ち込んだりができる模様。
サークル数43もあるんですって。

僕のスペースは「き3」ノミジ堂で登録してます。
BOOTHを利用して通販する予定です。
当日は会場のスペースからBOOTHへリンクが貼られることになります。

そしてお品書きがこちら。
お品書き

サークルカットはフルカラー劇場のダブルゼータとリィナちゃんが目印。
サークルカット

さてここからイラストのサンプルをご紹介。

バトコマ
「棋神伝バトルコマンダー」
天龍棋兵団を描きました。マゴイチ好きなのでマゴイチ加入までのメンツで。
バトルコマンダーといえばバンダイから発売された将棋トイですが、そのコミカライズですね。バンダイ版のデザインと比べると漫画版は結構アレンジされていて色がよく分からん問題が発生。津島直人先生の持ち味とも言える生き生きとしたロボットの描写がカッコいい。物語は将棋がモチーフってだけで将棋するわけではないんだけど、「穴熊囲い」とか「桂馬の高飛び歩の餌食」みたいな将棋用語を物語中に落とし込んでてなかなか面白かった。スーパーロボット好きとして推しているロボット漫画。

フルカラー
「SDガンダムフルカラー劇場」
ダブルゼータ、リィナちゃん、ゼータ、メタスちゃんを描きました。文化祭の時をモチーフに。
ガンダムのデフォルメをこんな風にするのか、とだいぶ衝撃を受けた作品。胴体を2本線で表すとか、手をまん丸で表すとか、そのデフォルメ方式は影響受けましたね。内容のギャグもガンダムと絡めたもの、そうでないもの、どれも面白かった。あずま勇輝先生が女性で、なおかつ漫画家ではなくレイアップ社員だと知った時の衝撃たるや。いや水着のお姉さんを描かないと死んじゃうとか聞いたら男だと思うじゃん。

サムス
「メトロイドプライムEPISODE OF AETHER」
サムスとブラボー中隊の4人を描きました。
今回のイラスト本の要素として、同じ漫画家の作品は1つまで、という縛りを設けていました。松本久志先生の作品ではクラッシュギアやバーチャファイターが僕の中では候補だったのだが、このメトロイドの漫画が一番心に残っていたのでこれにしました。悲しい物語は忘れられない。みんなにも読んで欲しいけど、単行本化されてないのが悔やまれる。ブラボー中隊描きはしたんだけど、なかなかうまく描けなかったのが心残りか。あと色分からない問題が深刻(サムスの色しか分からない)。

◯伝
「武者◯伝3」
武侍丸と鉄板丸描きました。
当時◯伝シリーズのプラモデルを集めてたんだけど、◯伝2のすごろくセット買った時にすごろくのコマに知らない漫画の絵が描いてあるのにびっくりしたんだ。◯伝の漫画といえば説明書の漫画だった僕からしたら、なんかもっとカッコいい漫画が僕の知らないところで存在している!??ってなって。それでどうやらコミックボンボンという雑誌で連載してるらしい、ということで僕はコミックボンボンを買うようになった。だから武者◯伝は僕の人生のターニングポイントだと言っても過言ではない。というわけで◯伝の中から3をチョイスしたのは、その頃からボンボンを飼い始めたから。中でもこの2人にしたのは、どちらもプラモ持っていて、漫画のキャラとしてもお気に入りだから。

ガラクタニア
「機械惑星ガラクタニア」
ノエル一家のお花見をモチーフに描きました。
この漫画は内容が結構ダークなんだけど、ガラクタニアの優しさ、温かさで包み込んでくれるような、そんな物語でお気に入り。でも残念ながら未単行本化作品。キャラクターの色情報が連載開始時のカラー扉絵くらいしかないもんだから色分からん問題しかない。因みにこれダイナミックプロの作品なんだよね。メインは立花未来王先生。絵も良いんだよね。ノエルかわいい。

ククナギ
「UMA大戦ククルとナギ」
ククルとマシンガンテーポ描きました。
僕がどうしても描かなければいけないモチーフ。僕が一番好きな漫画家藤異秀明先生の作品の中で、僕が一番好きな漫画。少年が大切な人を守るために戦士になる物語。絵もカッコよければ話もカッコいい。1周回ってトーカーズ側の視点で見るとまた感じ方が変わってくる作品。前述の1漫画家につき1作品縛りのせいでデビルチルドレンが描けなかったけど許して欲しい(需要的にはデビルチルドレンの方がありそうだけど)。ところで何でマシンガンテーポなのって、そりゃあアナタ、カッコいいからですよ。まぁみんなカッコいいんだけど。これもマシンガンテーポは色が分からんかったんだけど、何と藤異先生からTwitterでリプ来て「特に決めてないので自由に塗ってください笑。」って。想像で塗らせて頂きました。
ちなみにククルとナギは復刊して電子書籍もあるから、是非読んでみて欲しい。


ポトリス
「無限戦記ポトリス」
ユーマ、ブルー、タイガー、ロゼ&キャリー描きました。
タモリはタル先生といえばロボポン、そしておっぱいのイメージが強いと思うけど、僕がボンボン読み始めた時ってロボポン豪の終わりの頃だったので、僕がタモリ先生といえばこのロボポンなんですよ。女性が出てこないからいつもの過剰おっぱいが出てこない極めて健全漫画。デフォルメが気持ちよすぎてだいぶ影響受けてるし、このデザインアレンジが気に入りすぎてアニメ版が好きになれなくて結局観なかったんだよね。英語の擬音も好きで、スケッチ描くときに英語で擬音描くのは確実にポトリスの影響。

エース
「マジシャン探偵A」
エース、ジャック、クイーン描きました。
僕がボンボンで読んだ中で一番絵が上手いと思っている漫画。描いているのはあの「なんだってー!」でお馴染みMMRマガジンミステリー調査班の石垣ゆうき先生。マジシャン探偵の中でも「なんだってー!」などが登場。序盤はマジックをモチーフに事件を解決していくんだけど、だんだんマジシャンも探偵も関係なくなってきてバトルものになってくるけどそれはそれで面白かった。ちょいちょい挟まれるパンチラや入浴シーンなどの読者サービスにもドキドキしたものだ。

以上8枚のイラストを収録しました。
当日は是非、オンライン会場に来てみてください。
そして買ってください。少ししか刷ってないけどそれでも在庫残したくないんで...。
何卒...。

テーマ : お絵描き・ラクガキ
ジャンル : 趣味・実用

サプリビンダーズ レビュー

君は知っているだろうか。かつて、フィギュアの組み立て速度を競う後にも先にもない独自の次世代バトルホビーが存在していたことを。

その名も「サプリビンダーズ」だ!
このバトルホビーが出たのはちょうど時期的にIQサプリなど脳トレ的なものが流行ってた頃だったかと。時代の流行を取り入れようとする姿勢が感じ取れますね。
コミックボンボンでは漫画も連載してました。喰いタンや将太の寿司などでおなじみの寺沢大介先生が描いていた。ボンボンのおまけ冊子に読み切り漫画もあって、確かミスタードリラーの漫画描いてた人が描いてたような気がする。

そんなサプリビンダーズを手に入れたので紹介します。

IMG_4986.jpg
こちらはバトルセットのパッケージ。「アタマに効くサプリメントパズル」がコンセプトってことだね。なんというか、味わい深いな。

IMG_4987.jpg
一人でも遊べるし、二人でバトルもできちゃう。まぁ基本的にタイムアタックだけど。

IMG_4988.jpg
遊び方はパッケージで確認してくれ。

IMG_4989.jpg
で、今回手に入れたのが主役のエクセリュートと、ガウードではなくサムライソード。
サプリメントがモチーフになっていて、ケースがボトルになってますね。

IMG_4990.jpg
組み立てる時間によって得点が変わるシステム。早ければ早いほど高得点となる。

IMG_4991.jpg
設定は各自確認してくれ(投げやり)。

IMG_4992.jpg
専用のサイコロが付属。フィギュアの組み立て難易度によって出目の数値が異なっていて、対戦時に出目の数だけパーツを組み立てた状態からスタートできる。申し訳程度の対戦要素。

IMG_4993.jpg
バトルセットにはトレーが付属。バトル時にはボトルをよく振ってパーツを混ぜて、このトレーに広げてからスタートとなる。

IMG_4994.jpg
早速組み立てたエクセリュート。ドラゴンの頭と尻尾がついた剣が特徴的。なんとなく流星のロックマンみを感じるデザイン。

IMG_4995.jpg
「サプリビンダーズにはそれぞれ先に組み立てておいて最後にはめると効率がいいパーツがある。コイツ、ウイングだ!」(うろ覚えの読み切り漫画のセリフ)

IMG_4996.jpg
よく見るとバイザー部分がクリアパーツなのがオシャレポイント。

IMG_4997.jpg
サムライソード。15年くらい前のおもちゃなので経年劣化からかうまくパーツがはまらなかった。ドライヤーで温めたりしたけどあまりうまくいかず。

IMG_4998.jpg
卒塔婆を背負ってたりして、なかなかパンクでカブいたデザイン。

IMG_4999.jpg
割と派手に見栄を切ったポージングで立体化されているのが好印象。特徴的な形の剣は作中では分離させたりもしてましたね。

IMG_5001.jpg
フィギュアは割といい感じで、ボトル型の容器に入っているのもオシャレ。ただ経年劣化もありこれでバトルするのは今ではもう難しいのがちょっと残念なところ。飾って楽しむか。
脳トレの要素を取り入れた意欲作ではあったものの、フィギュアを組み立てる早さを競うってのがすこぶる地味で、盛り上がる要素がなかったのが問題点の一つだったのかもしれない。後期商品では武器が知恵の輪になってるとかいう追加要素もあったものの、知恵の輪の造形を武器に昇華できずにどう見ても知恵の輪だったりしてちょっと残念な感じに。
「今までになかった」は今までになかったそれなりの理由があるかもしれないということを考えなきゃいけないという教訓を僕らに教えてくれるアイテムなのかもしれない。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ミニミニカードダス レビュー

むかーし昔、従兄弟の家に遊びに行った時に見かけてずっと憧れていたおもちゃを、この度入手したのでご紹介しよう。

「ミニミニカードダス」である!!!

IMG_4943.jpg
なんとなくこの写真からも伝わるかもしれないが、小さいのである。

IMG_4952.jpg
旧デジカと比べるとこんな感じ。小さい。
ムゲンドラモンのジャケット?が素敵だろう。

IMG_4944.jpg
2000年の商品ですね。

IMG_4945.jpg
そしてこの商品の真骨頂。底面のパーツを外し背面の蓋を外す。

IMG_4946.jpg
バネがついたパーツがあり、その下に小さな厚紙のカードを入れる。

IMG_4947.jpg
戻すとこんな感じ。

IMG_4949.jpg
正面のハンドルを回すと、なんとカードが出てくるのである!!!

IMG_4948.jpg
内部にゴムのローラーがあって、ハンドルを回すことでローラーも回転。バネで押さえつけられたカードがローラーとの摩擦で押し出されるという仕組み。シンプルながらよくできている。

IMG_4950.jpg
手元にあるカードたち。攻撃力が大きくプリントされている以外は本物の旧デジカと同じだろうか。読めないけど。

IMG_4951.jpg
とても小さい。

懐かしみあるカードダス筐体のミニチュアにノスタルジーを感じるアイテムでした。お部屋のインテリアにもぴったりだろう。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ミニ四駆の香水買った

先日コロコロチャンネルの期間限定配信で爆走兄弟レッツ&ゴーWGP編を観て非常に感銘を受けていたところで、コラボ商品の香水が発売されるという情報をキャッチした我々取材班は、アニメキャラクターの香水や化粧品の企画販売を行うフェアリーテイル株式会社の公式サイトへと向かった。

というわけで僕はちょろいオタクなので人生で初めて香水を購入したのであった。

IMG_4937.jpg
で、届いたのがこちら。NAアストロレンジャーズのブレットをイメージしたという香水をチョイス。作中のアストロレンジャーズのサターンフォーメーションのチームコンセプトとの噛み合いっぷりに唸りすぎてファンになったので。

箱を開けた時からなんか柑橘系の匂いがした。公式サイトによると、
トップノート:ライム、レモン、マンダリン、オレンジ、グレープフルーツ
ミドルノート:タイム、ミント
ラストノート:アンバー、シダー
だそうである。なるほろ分からん。
因みに「オードパルファム」という商品なのだが、どうやら濃度によって香水は分類されるらしい。濃度が少し低くて持続時間が長いのがこのオードパルファムらしい。

友達に言われてなるほどと思ったんだけど、箱の9つの星はバックブレーダーのフェンダーのマーキングをイメージしているのね。ええやん。他のやつってどうなってるのかなーと思って調べたらカルロの稲妻マークくらいしかそれっぽいマーク使われてなかった。

IMG_4938.jpg
箱のスリーブ?が付属。正直箱に神のケースつける意味はよく分からんが、ブレットが描いてあるからヨシ!

IMG_4939.jpg
それぞれのキャラクターの所属チームのマークがついたフレグランスハンドジェルが付属。おまけではあるけどこっちも嬉しい。匂いのついたハンドジェル。

IMG_4940.jpg
謎ケース付き。ハンドジェルをどうやって運用するのか分からないケースなんだけど、文化圏の違いを感じた。

その他、主役である烈兄貴や豪、イタリアのカルロ、ドイツのエーリッヒ、ミハエル、シュミットがラインナップ。ドイツそんな3人も選出されるほどのキャラだったっけ?と思ったけど、香水を買うようなお姉様方には人気なんだろうきっと。


ところでレツゴのキャラだとリョウくんが好きなんだけどラインナップには無し。まぁ彼は山の匂いがしそうだし、しょうがないね。でもJくんくらいあっても良かったんじゃない?
プロフィール

ノミジッド

Author:ノミジッド
デジモンファンをやっています。
ボンボン派。

カテゴリ
Twitter
最新記事
リンク
カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR